EYESCREAM.JP – For Creative Living

フルカワミキ

フルカワミキ

青森県出身 / 元スーパーカーのB/Vo。解散後フルカワミキとしてソロ活動をスタート。 2014最新作「Moshi Moshi, Kikoemasuka?」をONLINE SHOP ( http://miiicom.theshop.jp ) 限定で発売中。 21017.2.19 はAtelier ju-tou にてLIVE "Sunday Evening Concert Series” vol.14” フルカワミキ+ナカコー+沼澤尚 予約受付中

賽銭箱に… いくつもの… 思い出がある…

… …

… … … ん?

… … … … …。

違うな。

(長渕剛さんの「run」を思い出そうとして、吉幾三先輩の「酒よ」と混線したパターン)

 

eye201507006-1

Japanese Traditional Cafe.    ウォーズマン。いや、これは栗羊羹。

 

 

理想を言うよりベターを求めるために、調べて見聞きしている。

ひとつ、理想を述べるとしたら、自分と違う意見だからといって吊るし上げ萎縮させるようなことが起こらないで欲しいこと。

真剣だからこそお行儀良くはいかない とか、それが「現実」なのだとすれば(私は現実と受けとめている)

たくさんの矛盾や問題にはそのことさえ含まれているのではないか。

大事なことについては、まずはなるべく顔が見える人といろんな角度で話し合ってみる。

知り合いだからとか付き合いで…とはならないように気をつけながら。

意見を持つときはひとりの人間として。ひとりの人間として。

 

 

 

<<時をかける>>

IMG_1103

この間深夜に大林宣彦監督による映画「時をかける少女」についつい入り込んでしまった。

最後のシーンの1本の廊下を歩いて行くときの音の付け方が素晴らしかった…。

1シーン1シーンのカメラワークも美術も素敵だったな。ロケ地も美しいし(尾道なんですね。行ってみたい。)

なんとも原田知世さん可愛いし。

フカマチ君は、自分の都合の良い情報を和子にも植え付けていたなんて、よく考えたら随分自分勝手なマッドな奴では…和子(原田さん)振り回される形になってかわいそうでは…とか思ってしまうのだけれど、実際原田さんのような女の子が目の前にいたら、無理も無いと確信した。

フカマチ君、あなたのお気持ちわかります。滅多に他人に共感しないのは自分の欠点だと思っていたけれど、共感してしまった。

フカマチ君のルールを破ってしまう所からチラ見えした感情の強さと勝手さ、それを知らず和子もラベンダーの香りに呼応する花のように色香を漂わす様子すべてのあんばいが、淡くプラトニックな恋のようでいて実に官能的で良かったなあ。

好きな映画に入った。この手の映画たくさん観たいな。おすすめされたい。

大林監督は「竹久夢二の描くような女の子を描きたかった」と言っていたようですが、いやあ、ほんとうに可愛くて可愛くて….ついつい…

ついつい….(滅多に行かないランキング2位の場所へ)

 

<<< PLAY LIST >>>

IMG_1028

IMG_1031



「天使のウィンク」「SWEET MEMORIES」「ロンリーチャップリン」「ふられ気分でロックンロール(途中まで)」「愛が止まらない」

「時をかける少女」は自発的。

他は勝手に入れられていった曲に応えて歌って行くという無茶ぶり方式。

昔の歌謡曲は歌える。(逆に言えばそれしか…)

 

 

台風や地震などの自然災害が落ち着くことがありませんね。

大丈夫でしたか。ストックなどの見直しをしています。

 

eye20150717

 

 

 

 

 
世界に人々が存在する分、多様な環境や生き方があって、それに伴ったツールやサービスが増えて、カスタマイズが昔より随分可能である。

モノ作りの形も、様々であってよいはず。

前例が無いものにトライするのはリスクが必ずある、それをする人をとても尊敬する。

馬鹿にしたり邪魔したりなんかしちゃいけないよ。そういう仕事をしてる人ならなおさら。

面白い話をしている所にちょっとお邪魔してきた^ ^。応援。

 

eye20150606-7

 

 

お茶タイム

 

 

(( フハッ ))

水木しげる先生は、退屈な取材とか飽きたりなどあれば、トイレに行くふりをして調布パルコの屋上にエスケープするのだそうだけど(過去、実際に先生ご本人と事務所スタッフさんにお聞きしたことです)、私は水木学園(空想上の)の生徒なので、ですよねぇ..と、その話をよく思い出しながら、街と空の境界線を眺めたり。継承。

フハッ

そういえば、前回のブログをEYESCREAM様にツイッターでご紹介いただき…ありがたきシアワセ…m( _ _ )m

 

誰も見てないでしょってやってるのが気楽で良いね、の、深夜帯。

ラジオのように、こそっとおつきあいください。

eye20150616-1

淡い。アワアワ。

キンキンの、アワアワいかがすか。

 

(( 夢にて ))

占い師?が観てくれるっていうんで話を聞いていたら、もう一人出てきて、せっかくだから…と二人合同であれこれ話してくれた。

「○○方面から…かも。」「そうそう….ってみるといいわ。」

意識したこと無く、自分には向いてない方の分野の話だったから、「ふうん、そうですか~」と、ほっこりしながら聞いていた夢。

…言われたような願望は全く無いし、ただの普段の見聞きしたことの脳内処理なのか、または、おばちゃんと話したかったのか笑。

あんまりこういう夢見たことない感覚だったんだけど、万が一、本当にきっかけが出たら辞退とか自粛せず、前向きにトライしてみるっていうのも面白いのかな。それに伴って心と身体の準備をしろってことなのかなぁとか、解釈しておこうかな^^。 本当にそういうことがあったら報告することに。

 

 

(( NOW PLAYING ))

Janet Jackson ”Got Till It’s Gone”

久々聴いて、なんだかちょっと新鮮に響きつつ。

 

最近、走ったり、調子いいときは筋トレまで。

コミット?いや、まだ。まだコミットしてない。

ジャージは着てる。

コミット?いやーしたいですよ、もちろん。

ジャージ一緒にどうです? 夏だしがんばってくぞ。

 

 

TOGAの2016SS展示会へお邪魔。

用事は近所で済ませるばかりになって、服を見るために新宿や渋谷表参道とかまで足を伸ばさなくなっていたから、久々に色々見れて嬉し。

似合うものと似合わないものが変化しているお年頃なんで、悩みに悩んだ末… … 結局最後に、いつも一緒に見立ててくれる信頼のおしゃれネエサンと、デザイナーの古田さんもいらっしゃったので、お二人のオススメに身を委ねることで決定。

手持ちの服にも合わせて映えるような、シブいところを突いてきてくれる。しびれる。。

カッコよくて素敵だ。

全然お買い物してなかったからなぁ。

これで、冬を越して山から出るとき、着るものに困らない準備ができた(山男ですから)。

見立ててもらったから届いたら大事にたくさん着よう。カンフル剤ですな。

服はキレキレにかっこいいのに、ほっこりさせてもらえる。ありがとうございました^^。

 

 

その「似合うものと似合わないものの変化」の中で、ずっと手放さずにあるもの。

eye20150706-2

 

19歳くらいに買ったバッグ。ベルトに引っ掛けるウエストバッグタイプだったので自分でショルダーとしてメキシコの紐を付けていたもの。

 

eye20150706
BISONのコーデュロイ。これは高校の時からだから…16歳の時から…。股上も深め。あー形はLEVI’Sの646あたりとちょっと似てるかも。

BISONは国産のデニムメーカー。

BISONって聞いて、おっと思った方。心のお友達。

丁寧に使おう..バッグにパンツ、これからもよろしく。

 

 
/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/taxonomy-blog_author.php