EYESCREAM.JP – For Creative Living

フルカワミキ

フルカワミキ

青森県出身 / 元スーパーカーのB/Vo。解散後フルカワミキとしてソロ活動をスタート。 2014最新作「Moshi Moshi, Kikoemasuka?」をONLINE SHOP ( http://miiicom.theshop.jp ) 限定で発売中。 21017.2.19 はAtelier ju-tou にてLIVE "Sunday Evening Concert Series” vol.14” フルカワミキ+ナカコー+沼澤尚 予約受付中

西川きよし&ヘレン夫妻がいまも一緒にお風呂に入っている、手をつないで寝ている。という話を聞いてほっこり。

結婚50年だそうです。おめでとうございます(おもいっきり外野より祝福)

 

作りモノの材料の買い出し。

他にも作りモノをするために必要なモノを探している。見つかりますように…( >人< )祈。

帰りにアレ…アレ…ハロウン…?ヘロウィン?…いや、ハロウェン、いや、ハロアィン。

いやあ、むずかしいな。欧米化のやつです。三角帽子をかぶったかわいい格好した子供達がたくさんいました。

かぼちゃもなんのその、もっぱら日光浴。日だまりの天使ちゃん。

1eye2015-1030
 

 

週末は用事がてらの足で、ちょこっちょこっとヨシエちゃんとユウジ君たちと待ち合わせしてUNDERCOVERの展示会へ。

UCのお洋服を拝見するのは久々だった気が。

素敵でした。ストーンズモチーフも面白かったです。

 

城の形のリュックがありました。

手の込んだ面白い形をよく作られるなぁと。

eye2015-1030

円柱の部分にもファスナーがある。何を入れようか、アルトリコーダーは入るのではないかどうか…と、ざわざわしていた(ワタシ達だけ)。

(安心してください。数本入ります。)

 

eye2015-1030-3

 

 

○○○ 11/23はライブで原宿VACANTです。○○○

NYからIKUE MORIさん(アートリンゼイとDNAなどの活動etc…)もいらっしゃいます。

Duenn presents ”eho” 主催のDuennは福岡の電子音楽を主に取り扱うカセットレーベルです。

最近、海外のカセット生産会社がこれまでのなかで売り上げが一番良かったというニュースになっていたのですが(競争が少ないせいだとも思うのですが^^)世界のそういったカルチャーではすでに何年も前からカセット文化や再評価が。

自分の作品はカセットリリースではないですけれど、「Moshi Moshi, Kikoemasuka?」ではレコーディングで一部にカセットを使っています。

私はカセットは、追体験も含め、形も動きもetc…デジタルと全く違う性質ですから面白いと思っていますよ。

小振りな居酒屋で、「え?!えっと…これは吉幾三さんだよね?」って突っ込みたくなるほど、聞き込んでテープがのびて(縮むとも言うらしいけれど)ピッチが低くなってるBGMを聴いた事はありませんか?

いやいや、この場合、吉幾三さんじゃなくてもよいです。長渕剛さんでもよいです。

このテープが伸びてる音に、「きっと何回も何回も聴いたんだろうねぇ」と想いこもった年月を感じつつ、そのカウンター越しの店長が背中で語る何かが…ry。まあいいや、こんな事書くと話がドンドンもつれそうだ。そんなことも。

チケットはこちら→ http://duenn.thebase.in/

http://www.furukawamiki.jp/live/2015/000194/

info. tumblr → http://excxhxox0xo.tumblr.com

こちらはGAGAKIRISEの吉澤くんがギターサポートで来てくれます。

unnamed-2

 

 

((( 風の便りとチューニング )))

結構住んでるエリア内で用を済ませる事が多いからそんなに表参道方面には行かなかったんだけど、さいきん立て続く。

久々にくると、普段の自分のチューニングが前より大きく違うことに気づいたりします。

町の様子ではなく、そこに居る自分の様子が違って、新鮮に感じるのと同時に、人の雰囲気に慣れるのもちょっとだけどきまぎしてしまう。

そこにずっといると慣れるんですけれどね。外国語を耳にするのが本当に増えました。

回数が重なるってことは、自分は今一度この辺りチューニング合わせてみたらどうかってことなのかなぁなんて、風のにおいを嗅ぐようにふと浮かびました。

 

 

11月22日 「soundohb 2015 」@TSUTAYA-O-EST

Unknown

http://www.rovo.jp/live/201511soundohb-2015.php

http://ro69.jp/news/detail/130405

dohb discsは、かつてデビュー時に在籍したレーベルです。そのレーベルによる何年ぶりにもなるイベントが復活します。

このイベントへコメントを寄せさせていただきました。このレーベルはどういうものだったか過去の記憶も書いております。お暇なときに。

soundohb ameba blog → http://ameblo.jp/soundohb-2015/

e-plus→ http://eplus.jp/sys/T1U14P002166054P0050001

チケットぴあ→ http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1538573
こがらし。吹いたってさ。

<<フリー☆メイソン>>

「フリーメイソンってそういうかんじなんだ。そういや、あの『信じるか信じないかはあなた次第』のひと…そう、関さんってなんっていうコンビだったっけ?」

「ああなんだっけ?なんだったっけ?んーーー…『ビリーバンバン』みたいな名前だったよね」

「…っ!!!!!…?!」

((ビリー☆バンバン))

 

 

<<香りにも重力>>

夕暮れ時。停留所でストップするバス。

ブレーキの後、ふと、後ろの席に伝わり香る、この懐かしいようなホッとする匂い…

祖母?夕暮れと相俟って祖母を思い出した。学校から帰ると、夕食前だというのに、よく祖母がお茶あてに食べていた。

バスから降りてスーパーに立ち寄り、私は探した。あの香り。

車内で誰かが、こっそり食べていたのだ。きっと夕食を待ちきれずに。

細かく割りながら食べたんだろう、祖母のように。

「…!…歌舞伎…揚…か…」

(( 慣性の法則 ))

 

 

<<< むかし話 >>>

絶対開けてはいけない箱をお土産に持たせる女。(サービスのSか。谷崎潤一郎に描いていただきたかった)

 

お茶タイム。(南部鉄瓶)鉄分とれるんだそうで。

eye4-2015

 

お茶タイム2

おいしい珈琲屋さんがある。

気になるのは、いつもラテアートがアゴに特徴があること。

(困り顔がかわいいねだとかそういうことより)

アゴが癒してくれるのかな。アゴに癒されているのかな。

 

IMG_1874

 

IMG_2034

神社でのお祭りでたこ焼き。たこが大きかった。昔はあんまり好きじゃなくて食べられなかった。大阪だけでしか食べられなかった(大阪は本場だけあって美味しい)。

 

そう、そういえば、ボーカロイドソフトのSFAⅡ-mikiの最新版が発売されたみたいなんですけど、私は最初の声素材の提供のみの人なので、まったく今は詳しくなくて^^;(すみません)。以前に許諾の連絡があったみたいですけど、最初だけ提供させてもらっただけなので本当にあんまりよくわかってないですが(印税とかじゃないので最新版の報酬があるわけでは無いし。)、ナノデスガ、きっと最新技術で使い勝手良くなっているはずなので、興味ある方は是非使ってみてください。

声提供はたしかボーカロイド開発初期あたりの音声録音方法だったと思います。ボーカロイド楽曲が普通にコンビニで流れたりするもっと以前でした。今はまた録音方法がさらに進化しているみたいですね。それでやってみたかったですけどね。

当時は、意味の無い文字をずーっと歌う(読む)のですが、レコーディングしていると、音程もあまり無いのでお経のようで、自分の頭に響く一定音で、ぼうっとクラクラしてきた覚えがあります笑。でも、こうやって開発していくのかぁ、凄いな…と。良い経験をさせていただきました。

SF-AⅡ-mikiは割と、ボカロの中でもボカロ楽曲らしい曲だけでなく、オルタナティブ寄りな楽曲や様々作る方達がいてカラーがあって面白いなぁという印象でした(前に教えてもらって聴かせてもらったことがあります)。

私個人とは全く無関係に、声が一人歩きして活用されることは面白いと思っています。これはボカロソフトの名前がありますが、私自身、随分前からフルカワミキの名前にさえこだわらない匿名の表現に興味を持っています。

実際ボーカロイドを使う人も、その理由は一つではないですしね。そういうところが面白いところですね。歌ってくれる人が近くに居ないから。とか、ギターやドラムとかピアノとか、そういう楽器の一つとして巡りあった感を感じている方もいるだろうし、純粋にコミュニケーションの共通言語として触れ始めた方もいるだろうし。

それ以前に音声合成技術に興味があったので、声を失った方のお役に立てることができたら、正直なところ、それが本望です。

発達しているらしいので、そういう方にボーカロイドはじめ音声合成技術全般知ってもらって表現なりなんなりに使っていただけたらと思っています。そのちょっとしたひとカケラにでもなれたならば光栄ですー。

 

 

 

<< どこでもドア に変わるもの >>

さりげなく、ふさわしい言葉をくれるんだな。さりげなく。いかにも特別を装わず。それは、経験。

自ら殺した言葉の数ほど、きっと。あるんだろう。

 

今のネットのシステムに感謝しているところは、海外にいる友達と気軽にすぐ連絡をとれること。

ずっと前より、地球の裏側でも近くに感じれるのが嬉しい。同じ日本に居ても同じ地区にいても、遠い人はずっと遠い。

結構似たような経験がないと話せないことも多いし、独自の考え方もすることもあるから、悩みとかだいたいは一人で考えて終わるんだけれど、唯一話せる友達が海外にいて、よく英文の質問や相談もかねたりしつつポイポイと連絡をする(^^)

そして、話してないのに、なにか察して、話してくれることがある。

ちょっと前に、ふとこんなメッセージをくれた。

「言ってみるといいよ。わたしなんかにでも。心配かけないっていう美しい配慮もあるけど、そうかそうかって触ってもらうだけでいいものだよ」

そのとき、なんかそれだけで充分な気持ちになったんだね。私は単純。

彼女はこれまでの人生で、言えなかった事 言わなかった事がたくさん、たくさんたくさん、あるのだろう。それも、わかる。だから、こう話してくれるのだ。

 

彼女とは「長身の人が四畳半に住むとしたら不便だろうね」って話が発展して、最終的に六本木の地形が変わってしまうスケールになるまで盛り上がることができる稀な友達だ。

ためになる話より、くだらない話で意気投合できるほうが大事。よく会おうが滅多に会わなかろうが。

「靴べらの話で盛り上がれる友達が、日本に居なくてさみしい」

「ちょうど同居人に靴べらの重要性を説明していたところだよーおいで。」

おいで。

地球のどこかで「おいで」って迎えてくれる人がいるんだな…って思うと、すぐにいけなくてもドアがあるんだなとホッとする。

ありがとう。あなたのことです。今度お茶漬けとか海苔とか送るし。てか、お金貯めて持って行きます。

 

(( …パスポート期限切れてたわ。))

 

<<LIVE>>

11月23日 「duenn presents “echo”」@原宿VACANT

unnamed-2

 

チケットはこちら→ http://duenn.thebase.in/

http://www.furukawamiki.jp/live/2015/000194/

info. tumblr → http://excxhxox0xo.tumblr.com

duennは福岡を拠点とする電子音楽を主に扱うカセットレーベルです。

こちらはGAGAKIRISEの吉澤くんがギターサポートで来てくれます。

 

 

 

Unknown

11月22日 「soundohb 2015 」@TSUTAYA-O-EST

http://www.rovo.jp/live/201511soundohb-2015.php

http://ro69.jp/news/detail/130405

e-plus→ http://eplus.jp/sys/T1U14P002166054P0050001

チケットぴあ→ http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1538573

dohb discsは、かつてデビュー時に在籍したレーベルです。そのレーベルによる何年ぶりにもなるイベントが復活します。

当日はROVOとナカコーが合体して演奏とか…ライブを観る側としてもとっても楽しみです(^^)ROVOのみなさんも、レーベルメイトでございます。ソロのレコーディングでも皆さんには大変お世話になり続けておりました。

というわけで、soundhobはタブラ奏者の愉快なユザーンさんと。23日原宿VACANTはアグレッシブギターのロングヘアーの吉澤君と。この2本、ご一緒する相手の楽器が全く違います。

 

ということで、、今日も、ここまで読んでくれたかた。ありがとうござい。

読んでねーだろ、とか思っていろいろ書こうとすると、意外な時に意外な方に「読んでる」って言っていただくことがあるので(嬉しいのだが恥もさらしているので赤面)…バランス困るけど、結果あんまり考えないで書いている。。

クマがかわいいバーガー。オーガニックなんだそう。お高め。食べ応えあった(もっと熱かったらよかった)ごちそうになった。ごちそうさまでした。

IMG_2286
CYDER HOUSEの展示会へ行って来ました。

これまたお友達のCIDER inc.と、この知り合い同士が「サイダー合併」をしてから初の展示会。おめでとうございます。

今回は円谷プロ公認のdada模様の服、第二弾をやっていましたよ。

成田亨さんの展覧会の話をしたりもしました。やっぱりデザイナーのユウジ君は成田さんの世界観にリスペクトがあるんですね。

それとスカジャンがかっこ良かったな。リブの部分の加工をまたユウジ君がオリジナルで編み出していて素敵でした。

あと、相当プレーンなライダースを作っていたところが印象的でした。

Tシャツもね、プリントがよくみるとレザーが貼る加工だったんだね。そこで「なるほどー」となりました。

CYDERは元がレザーブランドですからね。

何年も前から知り合いだけど、CYDER HOUSEに私の世界で一枚しか無い、フルオーダーメイドの革ジャンを作ってもらっています。

去年雑誌で紹介させてもらったのだけれど、それが好評らしく嬉しいなぁ、、私も着てるとよく褒められたりするんだけど、背中に汚れシミが出来ててワッペン張ろうかプリントしようか、泣きながら考えています。。(白目)

内側にオリジナルオーダーメイドにしか付けない刻印プレートがあって、「ミキさんが好きな言葉掘りますよ」って言ってくれるから、ガツンと掘ってもらっていて、それも隠れパーツなのです。

https://instagram.com/p/tcYZXehnPV/

このCYDER HOUSEユウジ君とCIDER INCのアベ先生の掛け合いはいつも面白いし、相性いいと思うから、これからの展開もとっても楽しみ。

新しい門出。お祝いいたします。

 

 

さてさて、展示会へ一緒に行ったTさんは、実はスーパーカーを ”生まれて初めてインタビューをしてくれた人”なんですねぇ。

忘れもしない渋谷の「コーヒー貴族」 17歳の高校3年生の夏休みに東京へ来たとき…。インディーズマガジン。

まだ新幹線は盛岡までしかなかったな。。来るのに実質5時間くらいかかっていたのではなかったかな。。。(今は2時間半くらい)渋谷の位置関係がよくわからず、青山通りと明治通りの区別がまったくついていないで迷子になったりしていました。

 

音楽雑誌はね、私個人は、洋楽誌はざっくり程度読んだ(眺める)事がある程度でほとんど読んだりしなかったので、どういうことを話せば良いとかわからないし、テープレコーダーに話せばよいのか、人に向かって話せばいいのかもわからずに、テープレコーダーに向かって無言でうなずいていて、

「いや、、うなずいても声がね、声が入らないからね。」

と、突っ込まれた記憶があります。その返答も「…(こくり、こくり)…」と。

もうね…こうやって考えると最初っから困らせたり、困らせたり、ご迷惑おかけしたり、ご迷惑おかけしたり、いや、ご迷惑おかけするだのをしているわけなんですね。

この後、所属するdohb discsで、スタッフとしてTさんと再会することになるんですね。面白いことに。

そのdohb discsのイベントが、「soundohb」です。

(一番下に告知があるのでみてくださいね。というわけで、このイベントでもお世話になるので展示会の後に、ナカコーとTさんと会合。)

 

「今気になっているのは何か」と聞かれて、その時は「星の形を分度器を使わずに、コンパスだけで書けないか挑戦しています…」っていう説明をしたのは覚えています。。。

高校3年生でしょ?もっとなんか色々それっぽいの、若者っぽい答えがあったんじゃないか…って、今思えば…ねぇ。

IMG_2238

 

だれか、このジャケット着る賢者は。(よく作りました。凄い)

 

 

 

<<LIVEの準備中….>>

作業しています。やっと見えてきました。。詰めていこう。

IMG_2248

 

unnamed-2

11月23日 「duenn presents “echo”」@原宿VACANT

チケット→ http://duenn.thebase.in/

http://www.furukawamiki.jp/live/2015/000194/

duennは福岡を拠点とする電子音楽を主に扱うカセットレーベルです。

こちらは夏のアナログリリースも好評発売中GAGAKIRISEの吉澤くんがギターサポートで来てくれます。(過去記事をみてください)

 

 

 

11月22日 「soundohb 2015 」@TSUTAYA-O-EST

Unknown

http://www.rovo.jp/live/201511soundohb-2015.php

http://ro69.jp/news/detail/130405

http://eplus.jp/sys/T1U14P002166054P0050001

http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1538573

dohb discsは、かつてデビュー時に在籍したレーベルです。そのレーベルによる何年ぶりにもなるイベントが復活します。

当日はROVOとナカコーが合体して演奏とか…ライブを観る側としてもとっても楽しみです。

soundhobはタブラ奏者の愉快なユザーンさんと。23日原宿VACANTはアグレッシブギターのロングヘアーの吉澤君と。

 
おしゃれすぎて位置が分かりにくい地図

淑女が「ジョニーディップ」と言っていた。

淑女は「デカプリオ」と言うような気がした。

確かめたい。確かめられない。苦悩。

 

(( 約束 忘れてないですよ ))

カーマのことを書こうとして、今まだ書けなかったです(T . T )

前にカーマのことについてコメントをくださったフォロワーさんに「書きますねって」言っていたのにゴメンナサイ。忘れていません。むしろ気にしていて。近いうちに。

 

 

(( ご縁はあるのだろうか。そういった場所に  ))

近所のカフェで、お世話になった方にバッタリ。

みなさんがお茶の間でもよく見る事があるであろう、とても素敵な大自然やカッコいい映像を撮ってくる方なのですが、常に世界を飛び回っているイメージがあるので、最近のおすすめの旅先はどこかとお尋ねしたら…

「ケニアいいよ!ライオンとかさ、すっげー近くに居るんだよ」

とおっしゃっていました。

ケニア…。想像したことなかったな。人生でいく事があるんだろうか。。。

眠っている神経を呼び覚ますにはいいのかもしれないですね(ハードル高いような気もするけれど)。

生命が危うい予感も若干いたします(ライオン近いんだし)。覚醒せざるえません。

南米もおすすめされました。

 

今、水がきれいなところに行きたい気もする。いいなぁ。旅出たい。

 

<<なう>>

ライブどうしようかなぁと作業中。ちょっと見えてきつつ。コーヒー。

IMG_2224

IMG_2022

近所で売っていた、かわいげな古伊万里。

 

 

 

 

<<LIVE>>

11月23日 「duenn presents “echo”」@原宿VACANT

unnamed-2

 

チケットはこちら→ http://duenn.thebase.in/

http://www.furukawamiki.jp/live/2015/000194/

info. tumblr → http://excxhxox0xo.tumblr.com

duennは福岡を拠点とする電子音楽を主に扱うカセットレーベルです。

こちらはGAGAKIRISEの吉澤くんがギターサポートで来てくれます。

 

 

 

Unknown

11月22日 「soundohb 2015 」@TSUTAYA-O-EST

http://www.rovo.jp/live/201511soundohb-2015.php

http://ro69.jp/news/detail/130405

e-plus→ http://eplus.jp/sys/T1U14P002166054P0050001

チケットぴあ→ http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1538573

dohb discsは、かつてデビュー時に在籍したレーベルです。そのレーベルによる何年ぶりにもなるイベントが復活します。

当日はROVOとナカコーが合体して演奏とか…ライブを観る側としてもとっても楽しみです(^^)

dohbの事務所は下北沢にあって、初めてこの事務所に来たのは17歳。私はここのスタッフさんと17歳からのお付き合いになります。

どんな時も信じてくれて、良いときも悪いときもつながってくれて今もなお支えてくれている貴重なそのひとりは、その17歳の頃からの人だったりします。ありがたいな。(ぶつかったり迷惑かけたりももちろんあるんですが)

ROVOのみなさんも、レーベルメイトでございます。ソロのレコーディングでも皆さんには大変お世話になり続けておりました。

というわけで、soundhobはタブラ奏者の愉快なユザーンさんと。23日原宿VACANTはアグレッシブギターのロングヘアーの吉澤君と。

この2本、ご一緒する相手の楽器が全く違うので(笑)、どうなることやらやら。

私はパーティーウェーイのガンガンなノリも好きですが、そことは全く違う相反するような世界観もまた好んでいます。今はむしろパーティー無理な体力だしな。

自分の好きなように、ぼーっとしたり揺れたりしに来てみてください。

TEN1
最近知った言葉。「ユメカワイイ」

ある朝、突然謎に脳内を支配した曲。「本城裕二(三上博史) / ” 夢 WITH YOU “」ほんとうに謎。

嬉しいような嬉しくないようなこと。「おつりに五輪の記念コインが紛れ」など。

FullSizeRender-8

 

ホーキング博士が、コロンブス上陸の侵略話に例えて、AIやエイリアン接触への警鐘を鳴らしているというニュースを見つつ、

割と要所要所重要なことをおっしゃっていて注目しているひとりの著名人が「クズ」とかナントカとか罵倒されているのをたまたま見つつ、、、

生命なぁ… 地球人はエイリアン同士集合した星と例えてみるとどうだろうか…。

「エイリアンさん、まず地球は手一杯って方向です…(来ても無駄)」

とか、思いに耽りながら待っていたカフェラテ(クマちゃんラテアート)をすする。など。

ただ、地球以外に生命体が本当に全く見つからない、「無」と分かった場合、という…その絶望というか孤独感もまた、ひとりの人間の内に潜在的にあるような。

 

てことで、

お元気ですか。ザハ案でいければよかったのに。(いきなり時間差で五輪話。テキトウでごめんなさい。ご無沙汰です)

ザハの建造物は何年も前、シャネルの世界巡回モバイルアート展で、代々木に建っていた事がありましたね。楽しかった記憶。

でも国産デザインでまたカッコいいのが出来たらそれはそれで期待しています。

五輪のあれこれとかこの夏から秋のあれこれとか全部同じようなアレな引っかかりを感じたり。

やるんだったら本当に復興の足がかりやポジティブな力になったらいいのになぁと、期待したのだけれども。どういう感じになるかは何となく。

五輪の話になると、大友克洋さんのAKIRAの話になったりするんですが、カネダくんみたいなジャケット私持ってたわ…(あとはバイクをゲットするだけ…。2020年、とりあえず待ってます。。)

 

 

(( 音楽 ))

最近何聴いてたかって、結構無音期間で。

そんな中…

DJ Shhhhhくんのサウンドクラウド、夜に気持ち良い。

Shhhhhくんはどこから見つけてくるんだろう?っていう面白いレコードたくさん知っているDJさんです。Shhhhhくん、あんばいのイイ気持ち良い音楽をありがとうございます^^。

https://m.soundcloud.com/shhhhhsunhouse/2083-may-bluemoon

 

(( んで ))

さて久々のライブです。まずは11月23日 原宿のVACANT

http://www.furukawamiki.jp/live/2015/000194/

unnamed-2

 

チケット→ http://duenn.thebase.in/

(((すっごい何年にも渡る言いたい事が山のようにあるにはあるんですがね、その前に、我慢の反動で失語気味にもなってですね。体調だけじゃなくて。少しそういうのも説明しとかないと..ってのは、なにしとる?と声かけてくださる方もいるんで。そういうことで、すいません。随分大丈夫なんですが。)))

とりあえず…体調を回復させるのを第一に、あれこれと、音楽以外の作り物をしたり友達とお話しながらゆっくりと過ごしているのですが、福岡の電子音楽を主に扱うカセットレーベルのダエンさんとはSNSでもやりとりさせていただいて知っていますし、11月だったらなんとか調整できるかな、ということで参加させていただくことになりました。

オッケーしたんですけど、気づけば10月。まだまだちょっと体調は時間がかかる感じなんですが(爆) 調整がんばりつつ、NYからIKUE MORIさんもいらっしゃいますので遊びに来てください。「ナントカの秋」だしお茶がてら。

ちょっとワンダーな空間になるのではなかなと思います。考え中です。「パーティーピーポーひゅえーい」とは別のベクトルの方は遊びに来てみてください。ちょっとまだ次のライブとか考えられていないので、まあ、この機会に。

11月22日 soundohb はかつてデビュー時に在籍した。伝説のレーベルです。そのレーベルによる何年ぶりにもなるイベントが復活します。私はユザーンさんと、フルカワミキ÷ユザーン で出演します。「え?!!まじすか(何を?)」って言われます。まじっす。どうなるかは考え中です。また後日

私としては先にダエンさんの所とお約束していたので、筋として23日の方を先に告知させて欲しいんです。 どちらも、二つ違う内容になると思います。

(ヨロシクお願いします)

 

木の上でお昼寝。天使のネコちゃん。

IMG_0491

そういえば浴衣(着付け後に具合悪くなって寝)

eye2015-08-1

 

ポテトがおいしいお店。今度ここで茶会しましょう。

IMG_1628

 

IMG_1670

 

 

好きなボタンに付け替えた。ゴールドは好きなんだけど、好きじゃないゴールドだったので。

地味なシアワセ。満足。
/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/taxonomy-blog_author.php