EYESCREAM.JP – For Creative Living

市川孝典

市川孝典

美術家。 60種類以上の線香を使い分け仕立て上げられる絵画は「現代絵画をまったく異なる方向に大きく旋回させた<線香画>」と称されるなど、その活動には高い注目が集められている。

#18 PARIS

市川孝典の10代前半位までの話はこちらから
前回迄は

#18

いっぱい話した。

2人のお姉さんは、1人はモデル志望のストリッパー。
1人は歌手の卵の大学生。(2015年の今では超売れっ子になってる。ファッション誌で見つけた時の驚きったら。。。)
そして何故か話は古城の話題に。

古城だよ。
おかしいでしょ。
古城。。。
凄く興味があったんだよね。

何故かというとね。

よく、ねっころがりながら読んでいた古城に関する本を。

何故こんな本が有るのか不思議だったけれど。

この2人組が置いて行っていたのか。。。とここでようやく気付いた。

もしかしたら、古城に関心を持たすための作戦だったのかも。

#17 PARIS

市川孝典の10代前半位までの話はこちらから
前回迄は

#17

中華だけだよね。
どの国で食べても大体同じ味なのはね。
まあ、化学調味料って意味でね。

デザートと紹興酒を飲みながら、色々話をした。
2人の真似をして杏仁豆腐には大量の紹興酒をかけて食べた。

まあこっちは話し相手に飢えてたから嬉しかったんだよね。
今度は自分が完全に餌付けされてることには気付かずに。

#16 PARIS

市川孝典の10代前半位までの話はこちらから
前回迄は

#16

未だに、パリにくるといつも目の片隅で無意識に探してしまう。
ジプシーのスリの子供を見かけても。
もう子供じゃないだろうにね。


でも、それもすぐに。。。。。。。。。。。まあ………とにかくパリには飽きた。

そんなとき、よく家に来ている客と街でばったり、こっちは子供。
あっちは大人(笑
ごはんを奢ってくれた。

中華料理店に連れてってもらった。

久しぶりの中華料理を無心で食べた。

とっても美味しかった。
あったかいし。
/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/taxonomy-blog_author.php