EYESCREAM.JP – For Creative Living

蒲谷健太郎

蒲谷健太郎

1999年創業の balanceweardesign を経て、都市環境に順応したトータルウェアとグラフィックの提案をコンセプトに、1990年代のミックスカルチャーにインスパイアされたリアルクローズを展開する。音楽とファッションの親密な繋がりをものづくりに反映したハイカジュアルなストリートウェアに定評あるbalのデザインを担当。

LA

IMG_4924
10年ぶりくらいにLAに来ました。
次のシーズンのネタ探しや、目当てのミュージックフェスなどもあり楽しみな旅。
フードカルチャーが発達して以前とは比べ物にならないくらいご飯も美味しいと聞いて楽しみにして来ました。
夕方日本出発のお昼着。好きだなLAX。

IMG_4923
滞在先は留学中の義妹の家。
Mar Vistaいいとこですね。

到着した日は疲れで昼寝。夕方に起きて早速夕食に。
Veniceのニューアメリカンの代表的レストランの「Gjerina」に。
レシピ本も出す人気店。
IMG_4922
入店してまず驚いたのが店が暗い。
日本のレストランではありえない暗さ。
ムーディーです。
メニューもイケてる。

IMG_4921
まずはやっぱりローカルのクラフトビールで乾杯。
ピンが来てなくてすみません。

IMG_4920
とにかく暗くて写真がうまく撮れませんが、生牡蠣。
チリソースなどソースがいくつか出てきて好みにカスタムして食べます。

IMG_4919
グアンチャーレとモッツァレラのピザと、もう一皿これ何だったかな(笑)

話題のお店ということで期待して行ったけども、お皿や盛り付けもセンスいいし、内装はかっこいいし、接客もフレンドリーで嫌味がないし、雰囲気も申し分ない。
でも味はそこまで感動はなかったかな。
聞くとこによると前の方が美味しかったとのこと。

ではもう少し時間もあるので次の店に。
LAでもハシゴ。
IMG_4918
同じ通りのアボットキニー沿いにある「The Tasting Kitchen」

IMG_4917
はい、こちらも暗いです。
料理の写真は目一杯明るくしてますが目視ではこのくらい。

IMG_4915
ヴァンナチュールもあるとのことでいっぱいグラスワインを飲んで、フライドポテトを注文。
ローズマリーなどで香りづけしてあって、自家製マヨネーズで食べる。
さすがアメリカめっちゃ美味しいです。

IMG_4914
オリジナルカクテルも有名とのことで注文。
Derby Punchというジン、ヴェルジュ、ライム、ミントのカクテル。
モヒートっぽい爽やかなだけどパンチもあって美味しかった。

〆はLAに来たからにはタコス!
ローカルでも有名なLa Breaのタコトラック「Leo’s Taco Truck」
深夜にもかかわらず行列。
IMG_4913
こんな感じでガススタ跡地の外で営業。
カットしたお肉をその場で載せてくれます。

IMG_4912
ビーフ、ビーフの脳味噌、ポークでオーダー。
これがめちゃめちゃ美味い。
3つ注文しても10ドル以下。
手のひらサイズで、サクッと食べられてこれ最高。
おにぎり感覚かな。でもおにぎりよりヘルシーかつライト。

IMG_4911
お腹もいっぱいで帰宅。
大統領選の開票日だったのでネットで中継を見る。
なんとトランプになってしまった。
直前予想では可能性を示唆するジャーナリストの方もいましたがまさかの結果。
カリフォルニアやニューヨークの人からすれば信じられない結果だろうな。
僕が知ってるアメリカって、本当のアメリカじゃないんだなぁと痛感。
これから就任までどうなることやら。心配です。

IMG_4910
翌日も快晴。
今日はFairfaxのあたりでLAストリートシーンのチェック。

IMG_4906
ランチはSUPREME LAの真向いあたりにある「John&Vinnys」に。
イタリアンをベースにしたニューアメリカンスタイル。

IMG_4909
地元のローカルSanta Monica Brew Worksの缶を。
IPAだけど軽め。でもしっかりとホップの苦味はある。

今回の旅で大活躍だった新作のPORTERのミニショルダーとBLANC.に別注したサングラス。
インディアンサマーで連日日中は30度超える暑さで、日差しが半端なくサングラスなしには外出は不可能。
ミニショルダーにはパスポートなどを収納。便利です。

IMG_4907
カウンターの目の前にあるファイヤーピットで、薪の直火で焼かれたブロッコリーロースト。
味はかなり濃い目ですが美味しい。

IMG_4908
ピザはマリナーラをオーダー。
ピザ釜ももちろん炭火。美味しいです。

お店は活気があって、客層は土地柄かお洒落な感じ。
テーブル席を見たら、NETFLIXのドラマLOVEに出てたジリアン・ジェイコブスが居た。
このエリアも美味しいレストランが沢山あるよう。

IMG_4905
FIARFAX。
気持ちいい。日差しが半端無いです。
SUPREME LAや、ハイブランドからストリートものまでなんでも揃った偽物屋(後から知った)、気鋭ブランドのCLSCのお店など覗きつつ、スニーカーなんかもチェック。

IMG_4904
LA BREAらへんに。
UNDEFEATEDやUNION、STUSSY LAなんかのあるエリア。

IMG_4903
ラッパーのDRAKEの手がけるOVOの旗艦店。
日本には展開が無いのでお買い物。
クリーンで広い店内。
ほとんどのお店がi-Padのレジだったのも印象的。

IMG_4902
Opening CeremonyのLA面白かったな。
向かいのダイナー良い感。
日本ではあまり一日中洋服を見ることって無いけどたっぷり見ました。

夜になってお腹もすいたいので夕ご飯。
IMG_4901
コリアンタウンの「Here’s Looking At You」
今回、食情報はVICE TVのMUNCHIESから情報得ました。
CHEF’S NIGHT OUTってプログラムが面白く、イケてるお店のシェフが普段通ってるお店を、
友人達と回って食べて飲みながら紹介するという内容で、
かなり参考にしました。

IMG_4899
タルタルステーキとアボカドと柿のサラダ。
物凄く洒落た感じだったけど味はそれほどでもなかった。
ちょっと日本食インスパイアというか。
暗さも足りない(笑)
ということで長居せず移動。

IMG_4896
West Hollywoodのカジュアルフレンチの「MARVIN」に移動。
こちらもMUNCHIESで見て良さそうだったお店。
SQIRLのJesiicaがBest Wine List in LAと言ってた。

IMG_4900
暗い!(笑)
ワインは全て自然派だそう。
トスカーナのリ・アレッティーニのキャンティ。
少し濃かったけど美味しかった。

IMG_4898
ブッラータを注文。
サラダ仕立てで出てきた。
野菜もオーガニックで甘みが強いのでチーズとの相性も良く当たり。
美味しかった。

IMG_4897
フライした、海老とアスパラガスいくら載せ。
これも美味しかった。

「MARVIN」すごく良かった。ワインだけ飲みに来るもよし、次回は料理をがっつり食べてみたい。昼も良さそう。

IMG_4895
その後はスーパーに寄ってPABST BLUE RIBBONを家飲み用に買い込んだり。
地方でも外国でも必ず地元のスーパーに行きます。
なんかスーパーって萌えますよね。
地元の暮らしが垣間見えるというか。

そんな感じで二日間を駆け足で。
次回PART 2に続きますのでもう少々お付き合いを。


岡山編 Part2です。
デニムなどを生産していただいている業者さんとの打ち合わせで福山に行ってきました。
ジーンズ類は岡山ではなく福山で生産しております。
意外と知られていませんがデニム生地の生産地はほとんど福山で行われております。
当然お膝元には加工、縫製など生産工場も沢山あります。
普段は東京と広島。なかなか顔を合わせて話しをすることが出来ないので貴重な時間です。

IMG_4866
駅で工場の方と待ち合わせてランチはこちらに。
広島県ということで、お好み焼きですね。
こちらは「府中焼き」が名物のこのお店。
府中焼きとは、もやしを入れずに、牛や豚の挽肉と、キャベツをたっぷり使った、そば入りのお好み焼きのことだそう。
お昼時ということもあり満席。
予約して注文を電話でしておいてもらっても少し待ちました。

IMG_4867
やってきました府中焼き。
普通の広島焼きとは見た目も違いますね。
平たくなってますがかなりのボリュームです。
ミンチの脂でカリッと焼かれた生地と、ぎゅっと詰まったような印象。
キャベツの甘みが引き立ちます。
物凄く美味しかったです。

17SSの量産に向けてのミーティングを終え、
次回の17AWの企画のネタなども見せてもらう。

打ち合わせも終わり少し時間も出来たので、行ってみたかった神勝禅寺に。

IMG_4868
階段を登ると山の上に立派なお寺が。
枯山水のお庭は足立美術館も手掛けた中根金作が手がけているそう。
素晴らしいですねぇ。

IMG_4869
名和晃平による、アートパビリオン洸庭。
UFOのようなモダン建築は圧巻。
建物内部では瞑想体験が出来るのですが、それが凄く良かった。
小さな入り口から中に入ると、暗がり先には水が張られており、静かに波打つ水面のさらに奥に光がぼんやりと映し出される。
視界が徐々に狭まって漆黒に包まれたのち、また光が水面に輝きだし幻想的かつトリッピー。
禅体験が手軽に出来てすごく面白かったです。
お近くに行った際は是非。
めちゃくちゃオススメです。

岡山に戻って夕食。
IMG_4856
「季節料理かたやま」に来ました。
ランドスケープの岡本仁さんが出した岡山の本にも出ていて、評判も良く気になっていたお店。

IMG_4857
メニューです。
赤丸がオススメとのことですが、ほぼ丸がついてた(笑)

IMG_4859
お造り。
しめ鯖、さんま、本鮪、帆立。
産地にこだわって厳選されたお刺身どれも美し旨し。

IMG_4858
ランチ営業のみでハードル高かった、「おかべ」の豆腐も食べられた。
大豆の味がしっかりして美味しい。

IMG_4860
日本酒にチェンジ。
新政のS-TYPE。
好きなヤツです。

IMG_4862
玉子焼きなんかもツマミつつ。

IMG_4863
岡山のお酒も。
辛口でない飲みやすい好みのが揃ってます。

IMG_4864
豚足の大根煮。
トロトロの豚足と大根。
薄味の出汁で上品な美味しさ。
茗荷はいつでも良い仕事。

IMG_4865
森山鷄のメンチカツ。
上品な衣であっさりと。

IMG_4861
那須の白味噌グラタン。
味噌の濃いめな旨味。
これは酒盗。

日本酒のセレクトも良いし、料理は気が利いていて美味しいし、凄く良いお店でした。
また是非再訪したいな。


翌日のお昼はこちらに。
備前西にあるホルモン焼き「当新田食堂」。
IMG_4871
岡山焼肉通のFVKてっちゃんのオススメという事でやって来ました。
国道沿いに大衆食堂といった風情。

IMG_4870
良い感じですねぇ。
中央に鉄板があり、お店の方がそこで焼いてからテーブルの鉄板に持ってきてくれます。
お店のおばちゃん曰く、有名な津山のホルモンうどんはウチの真似よ、とのこと。ほほう。

IMG_4872
運ばれてきたのがこちら。
ホルモンにカルビ、うどんトッピング。
トッピングというよりホルモン入りうどんですね。
またこちらも新鮮なお肉でプリップリ。
甘辛タレとの相性も抜群。
岡山の焼き肉カルチャー恐るべし。

と、岡山堪能しました。
お世話になって皆様ありがとうございました〜。


岡山

IMG_4766
岡山に行ってきました。

IMG_4765
着いたら先ずは定番の「やまと」にイン。
ここのラーメン大好きです。他にこんなラーメンないんですよね。
魚介スープと豚骨のバランスがいい。

IMG_4764
焼き飯も絶品。
チャーハンではなくあえて焼き飯と呼びたい。
玉葱の甘みと蒲鉾が効いてる。

IMG_4763
初めて行った後楽園。
凄く良かった。手入れが行き届いていてほんとに美しい。
お金を払う価値のある公園。

IMG_4761
このために来ました。
YEBISU YA PROとBALで協同で行ったイベントです。
地方ならではの豪華メンツ。

Processed with VSCO with a4 preset
5lack&PUNPEE
リハなしだというのに息の合いっぷり凄い。
最高。

IMG_4762
toe
結構久しぶりだったけどやっぱり鳥肌。
凄いな〜。
最高です。

IMG_4760
ライブ後はみんなで「居酒屋 さくら」に。
友人らが腕を振るうこちらも岡山に行く度に必ずいくところ。
大蒜の香りづけした枝豆や塩辛なんかをつまみに。

IMG_4758
百合根の天ぷら。
塩昆布と合わせてスナック感覚で。


IMG_4757
定番の茗荷と山芋のサラダ。
呑めるサラダで好きです。

IMG_4756
漬けマグロはわさび漬けと一緒に。辛ウマ。

IMG_4755
しめ鯖。炙りでいただく。
大根おろしと長ネギとなんと和カラシで。
和カラシがいい仕事します。
あと岡山は葱が美味しい。

IMG_4754
こちらも名物の卵焼き。
中華スープ出汁がジュワッと溢れる出汁巻き玉子。
これがお酒が進む進む。
めっちゃ美味しいです。レシピ知りたい。

IMG_4753
ハムカツも厚切りがよい。

IMG_4752
溶き卵に漬けて食べる反則技の牛肉炒め。
甘辛と卵はそりゃ合いますよね。

そんでクラブに戻って朝まで。
いや〜良く遊びました。


翌日夜は焼き肉に。
岡山って何故か焼肉屋が多い。
取引先でもあり友人のFVKてっちゃんが焼き肉にめちゃめちゃ詳しい事が発覚。
オススメに連れて行ってもらった。
ワイワイと岡山の友人らと6人で。

IMG_4751
「一番館」は実は以前に来たことが。あまり記憶に残っていなかったけども。

IMG_4750
先ずはタン塩。
コレ見たらわかりますよね。
綺麗なサシと、しっかりと厚切り。

IMG_4749
キムチは本格派のすっぱいタイプ。
韓国海苔で巻いて。

IMG_4748
珍しい牛のテール。
先ずは塩で。これがアタリ。骨の旨味。

IMG_4747
タレでもいただく。
旨い!

IMG_4746
なかなかお目にかかれないタン刺しもあった。

IMG_4744
ホルモンセット。シマチョウなど脂系を中心に。
ホルモンも新鮮で旨い。味付けも申し分なし。

IMG_4743
珍味セットはハツやハチノスなどコリコリ系を中心に。

IMG_4742
ロースとハラミだったかな。
ベーシック系も肉質の良さと厚切りで満足度高め。

IMG_4741
裏メニューの生卵。
タレ系はこれでいただく。
反則の旨さ。

IMG_4740
シマチョウとカルビをおかわり。
ビール、サワー、マッコリなんかも一通り飲んで、これだけ食べて1人3000円しなかった。
コスパ凄い。
岡山焼き肉素晴らしいです。

トライブのアルバムが出ましたね。
クラシックでいいですね。
レゲエっぽい曲なんかもあって好きでした。



久しぶりにLAにも行ったのでまたココで書きます。

自分の誕生日ということで、信頼出来る友人の方々が絶賛しており、気になっていた西荻窪の「まるふく」に行ってきました。
熟成寿司と言われる所謂「江戸前」のお寿司屋さん。
全ての食材に、それに合わせた調理法で一手間加え、魚本来の味を引き出すというもの。

IMG_4334
ピカピカの厨房と、丁寧に手入れされた輝く包丁。
感じが既に良くて期待が高まります。

IMG_4335
先ずは、あらのスープ。
温かい物で胃を温め、これからのお寿司に備えてください、とご主人の配慮。
複雑な味。最初にスープって凄く好きです。

IMG_4333
いきなり飛ばされた鰆のお刺身。
熟成して十分に旨味を引き出され妖艶な輝き。
ほわ〜旨い〜。
金目鯛もいただいたが写真は撮り忘れ。

IMG_4331
早速日本酒を。
鳳凰美田を進めていただいたのでそちらに。
日本酒のセレクトもいい感じ。

IMG_4332
握りです。平目。
おぉ、と唸る。
5日間寝かせているそう。

IMG_4328
つぶ貝。
もずくと合わせてさっぱりと。

IMG_4329
ぶり。
脂の乗った部分とそうでない部分を二枚重ねで。
あぁ、二重奏。

IMG_4330
真鯛かぶら蒸し。
優しくて美味しい。

IMG_4325
穴子と白子の漬けあぶり
この白子の漬けたまらんかったです。
日本酒〜。

IMG_4322
あん肝は海苔で巻いて手渡しで。
この海苔がめちゃくちゃ美味しかった。
こんな美味しい海苔は初めてかも。

IMG_4327
白和え。
おつまみ交互スタイル僕は好きです。

IMG_4323
こはだ。
こちらも5日間寝かせたもの。
ご主人が個人的にも一番好きなネタとおっしゃっていた。
それは美味しいに決まってますね。

IMG_4336
かぼちゃのすりながし。
ここらでまた胃を温めて。

IMG_4326
秋刀魚の握り。
これがこの日のベストだったかなぁ。(決められない)
脂の乗り具合といい完璧なお寿司でした。

IMG_4324
鮪赤身。
こちらも寝かせ加減など完璧。

IMG_4321
椎茸と銀杏。
じゅわっと椎茸と苦甘銀杏で秋ですね。

IMG_4320
鰹の酒盗茶碗蒸し。
底に酒盗があるので、しっかりとかき混ぜて。
最高に旨い。(茶碗蒸し愛)

IMG_4319
蟹ご飯と言われて出されたこれもう犯罪ですね。
雲丹、いくらにたっぷりの蟹身。贅沢。

IMG_4318
牡蠣の握りも熟成感凄い。

IMG_4317
かますはテラ昆布を乗せて。
炙った部分と昆布の旨味の組み合わせ。

IMG_4316
中トロ。
言うことはないですね。もう。

IMG_4315
穴子で〆。
フワフワです。言うことなし。

IMG_4314
追加でお願いした干瓢巻き。
海苔の美味しさをもう一度味わいたくて巻物をお願いした。
干瓢巻きってそんなに食指が伸びないのだけど、大将のオススメでいただく。
これが旨いのなんの。こんな旨い干瓢巻き食べたことない。

いや〜最高でした。
お寿司は人柄ですね。
大将の優しさが現れてました。
美味しいお寿司は3ヶ月に1回くらいは食べたいなぁ〜。



既にチェックしてる方も多いかと思いますが、あまりにかっこよかったので。
憎しみ(LA HAINE)オマージュですね。
出演してた俳優まで引っ張りだしてます。



ジョン・ウー映画オマージュで、白い鳩飛ばしやってますね笑


IMG_4147
5ヶ月ぶりの亀戸「メゼババ」にやってきました。
友人ご夫婦と四人で。
今日も食べて飲むぞ〜。楽しみです。

IMG_4146
先ずは泡で乾杯。
カミッロ・ドナーティ。
安定の美味しさ。

IMG_4145
トマトのブルスケッタ。
お初の方達と一緒だったので定番ですがこちらも。
何度食べても美味しい。
油が美味しいんだよなぁ。
わざと焦がしたパンの焦げ目がいい仕事してる。

IMG_4144
白ワインに以降。
前にも書きましたが普段は自然派を好みますがココではあえて非自然派を注文。
シェフの高山さんのワイン選びにセンスには絶大な信頼を置いてます。
樽発酵の白。ソーヴィニヨンでもしっかりとした旨味。だけど料理の邪魔はしない。

IMG_4143
根セロリと林檎のサラダ。
青パパイヤのような根セロリと、林檎のサクッとした食感と甘み。
白ワインにあいますねぇ。

IMG_4142
この日のBOMBはこちら。
シャンピニオンパリのカツレツ。
見たこともない分厚いシャンピニオンを細かな衣で。
旨味も凄いし揚げ具合も素晴らしく目を丸くしました。
ギュッと絞ったレモンがまた美味しいのなんの。
半端じゃ無いっす。

IMG_4141
皿焼きも。
近江牛の温かいカルパッチョ。
生の近江牛に熱したオリーブオイルをかける。こちらも定番。
油が美味しいのよね油が。
オリーブオイルは出汁。

IMG_4140
そうなると赤ですね。
これも美味しかったな。バランスが凄く良かった。
ほとんど日本では流通してなさそう。

IMG_4139
パスタは二種。
一つはカチョエペペにしました。
シンプルなパスタはこちらの真骨頂ですね。

IMG_4138
太麺がたまりません。
この日の発見はパスタを茹でる水がイタリアのミネラルウォーターのアクアパンナだったこと。
半端じゃない。

IMG_4137
もう一種は、メニューには乗ってないけど出来ますよ、と進めて頂いたカレッティエッラ。
フィレンツェの定番でシンプルなトマトの辛いパスタ。
にんにくと唐辛子が効いてる。
これも抜群の美味しさ。

IMG_4136
〆にグラッパもいただいて。

IMG_4135
ジェラートもいただく。

食べて呑んであぁ幸せ。
何度来ても想像を超える美味しさと感動。

今回も素晴らしかった。
高山さんごちそうさまでした。
次回の予約は来年の5月なので大分先でした。
今から楽しみです。

Rejjie Snowいいですよね。



先日の来日公演最高でした。


/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/taxonomy-blog_author.php