EYESCREAM.JP – For Creative Living

蒲谷健太郎

蒲谷健太郎

1999年創業の balanceweardesign を経て、都市環境に順応したトータルウェアとグラフィックの提案をコンセプトに、1990年代のミックスカルチャーにインスパイアされたリアルクローズを展開する。音楽とファッションの親密な繋がりをものづくりに反映したハイカジュアルなストリートウェアに定評あるbalのデザインを担当。

曙橋「敦煌」

IMG_2443
大好きな曙橋の中華料理の「敦煌」にまた来れました。

IMG_2444
いつもの通りコースのみ。
先ずはクラゲの冷製。紫玉葱が彩りを添える。
生玉ねぎの辛味が苦手なので、きっちりと辛味が抜かれていて感動。

IMG_2445
鰯の酢締め。
シンプルな料理にこそ、ちゃんと手がかけられているのを感じます。

IMG_2446
生姜のお漬物。優しくて口直しに最高のおもてなし。

IMG_2448
苦瓜と海老のすりみ揚げ。
苦味と海老の餡の甘みが渾然一体と。
夏ですね。

IMG_2447
ズッキーニと自家製ラー油の和物。
さっぱりとしながらも紹興酒泥棒。

IMG_2449
ガツとにんにくの芽とセロリの炒め。
ご飯も良かったらどうぞと少し頂く。
しっかりと濃い目に味付けされ、白米との相性は言わずもがな。
素材の歯ごたえや旨味を殺すことなく火入れ技術パない。

IMG_2451
スペアリブと大蒜の梅煮。
ホロホロトロトロに煮こまれたスペアリブと梅の香りのお汁のマリアージュすげぇ。
酸味はほとんどなく梅の甘い香りと大蒜の旨味。
美味い美味い。

IMG_2450
永遠に食べれる餃子でお馴染みのスペシャリテ水餃子。
皮の旨味とタレの相性。

IMG_2453
〆の担々麺。添えられているグリーンはツルムラサキ。
粘っとした食感とエグみが、担々ソースの辛味と、柔らかめな麺と合う合う。

IMG_2452
デザートタイム!
ここでの楽しみのひとつでもあるデザート。
普段デザート食べないって人にこそ食べてもらいたい。
美しいこの子は杏仁と小豆。
これのカラーとピッチでボーダーの生地作ろうかな。

IMG_2454
さくらんぼの赤ワイン煮。
大人のデザートだなぁ。

IMG_2455
温かい胡麻団子。
これは絶対に外せないヤツ。

今回も敦煌最高。
一生通い続けるであろうお店。
大将と女将さんにはとにかく体に気をつけて長く続けて欲しい。
跡取りは居ないのかなと余計な心配をしてしまいます。
次回の予約は11月。
楽しみです。

LIL YACHTYの新譜が出ましたね。
APPLE MUSICで聞けます。

関係ないですがHULUのシリコンバレーにはまってます。面白いですよ。


三軒茶屋から渋谷に移転した「Umebachee!」に行ってきました。
鶏料理と和酒のお店。
三茶時代には結局伺えず、信頼筋の友人からのオススメもあってやっとこさ訪問。

IMG_2352
ビールで喉を潤わせた後、岩牡蠣が1個だけあるというので白を一杯。
志賀のヒトミワイナリーのデ・ラ・ソウル。
HIPHOP好きの造り手さんなんだろうか。訪ねてみたい。

IMG_2355
立派な岩牡蠣。
富山産だったかな?

IMG_2353
フォトジェニックな鳥刺しの盛り合わせ。
どれも新鮮で角が立っているのがお分かり頂けますでしょうか。
あぁ素晴らしい。
ささみ、レバー、ハツ、砂肝など。
ポン酢と紅葉おろしや、山葵塩などで頂く。

IMG_2354
ささみの昆布締め。
ねっとりとした食感に昆布の香り。こりゃ美味い!

IMG_2351
日本酒にチェンジ。
好みを伝え選んで頂く。
新政の亜麻猫。

IMG_2350
白イカの柚子醤油漬け。
これ美味しかったな〜。酒盗。

IMG_2349
鶏皮のパクチー合えだったかな?
これはもう鉄板ですね。

IMG_2357
ビオ日本酒。
有機無添加の山廃仕込み。

IMG_2356
唐揚げはヤワヤワジューシー系。
衣が柔らかくてめちゃくちゃJUICY。
これだけでも勝負出来る美味しさ。

IMG_2359
ここからは鷹長をチョイス。
風の森と同じ造り手さん。
フルーティーで甘めの中にしっかりした味わい。

IMG_2358
真鯵の酢〆の炙り。
しめ鯖とはまた違った味わい。
酢橘をキュッと。
脂が乗ってて美味い。

IMG_2360
最後はワインに戻ってヒトミワイナリーのサンスフルを。
蜜感の濃い好みのタイプ。

きちんと丁寧に作られている料理と、厳選された和酒のセレクト。
ホント素晴らしいお店。
渋谷ってあまり好きなお店がないので嬉しい発見。

お店もキレイで接待やデートでもいいと思います。
またすぐにでも行きたい。
梅ちゃんごちそうさまでした!


IMG_2218
今年二回目の亀戸「メゼババ」です。
先ずは泡で乾杯。

IMG_2217
本日のメニュー。全部美味しそうだし全部食べたい〜。

IMG_2216
メジマグロ シンプルに。
美味し〜いマグロに、物凄〜く美味し〜いオリーブオイル。
イタリアに行くまでは刺し身には絶対醤油だろと思ってましたがオリーブオイルで食べるローフィッシュ大好きです。
レモンをキュッと。このレモンは伊豆産だそうで素晴らしかった!
いつでもシチリアに連れて行ってくれるなぁ。

IMG_2215
いつもはワインはヴァン・ナチュールを頼むけどここではあまり頼まない。
ここでは非ナチュールのほうが好み。
高山さんのワイン選びには絶大な信頼を寄せてます。
ジャスミンとか桃のような香りでフルーツの蜜感のあるシチリアの白。なんだこれ美味しい。
調べたら生産数2000本の激レアなやつだった。

IMG_2214
トマトのブルスケッタ。
今回のベスト。鳥肌が立つ旨さだった。
肉のような旨味と甘みの凝縮したトマトとガーリックバター。
トマトは長崎のトマトだそう。西海トマトかな?激ウマ。

IMG_2213
茹で上げ白アスパラはポーチドエッグにたっぷりのパルミジャーノ。
縦ではなく横にサクサクと切れる。
茹で加減完璧。

IMG_2212
インスタで見てヨダレを垂らして憧れていた近江牛の皿焼き。
薄くカットされた新鮮な近江牛にアツアツのオイルをたっぷり。
生き生きとしたローズ・マリーがまた美味しくてポリポリ食べた。

IMG_2209
牛レバーソテー。
さっくりとした食感で完璧な火入れ。

IMG_2208
夏ポルチーニのパスタ。
いつもの極太パスタに今の時期だけしか取れない貴重な夏ポルチーニをたっぷりと。

IMG_2210
初めてのメンバーもいたので定番の貧乏人のパスタ。
シンプルで骨太。やっぱり美味しいし絶対に再現できない。

IMG_2207
食後酒も頂いて。デザートワインを選んだ。

IMG_2206
ドルチェはプリン。
ラム酒漬けのレーズンが効いた大人のプリン。
食後酒とのマリアージュ。

毎度来る度に記憶を超える美味しさと、以前よりも美味しく感じる。
通い続けたいお店です。
次回の予約の10月が楽しみ。さらに次の予約は来年以降でまだ予約は取ってないそう。
いやはや最高でした。


久しぶりに武蔵小山。
再開発などもあってどんな感じになっているのかと来ました。

IMG_2095
ムサコの銘店「牛太郎」のとなり辺りの、友人オススメの「くろちゃん」に。
今日のオススメからつぶ貝といさきのお刺身。
新鮮で美味しい。つぶ貝っていいですよね。

IMG_2091
揚げなすのお浸し。
普通で美味しい。

IMG_2088
とりくん焼きは醤油漬けした鶏のささみを丸1日天日干したものを焼いたものだそう。
美味いですなコレ。

IMG_2093
青唐奴。
青唐辛子の辛味もそこまでなくまとまっている。

ともかく普通の物が普通に美味しく安い。
一品だいたい400円前後で、あぁ、ここでもういいなと思わるお店。
危うく腰を落ち着かせるとこでした。
日本酒も安く、そこまで混んでなく二階もあるのでサッと来てパッと座れるってのはありがたい。
いいお店です。鍋なんかもあったので冬にまた来たい。
さ、次のお店に。

IMG_2097
前から気になっていたこちら。「ホルモン道場 みやこや」。
いい佇まいの看板。

IMG_2098
キムチは甘いヤツ。甘いキムチいいよね。

IMG_2087
レバ刺しは低温調理タイプ。全然いいです。美味い。

IMG_2090
ハラミ刺し。こちらも低温調理してあるとのこと。
食感、味ともに生感はしっかりあって美味しい。

IMG_2094
気になったメキシコ風サワー。
タバスコが入ったトマトサワー。これが美味い!
ホイスロゴ入りグラスかわいい。

IMG_2089
盛り合わせ。
上ミノ、ハラミ、レバー、カシラ。
ハラミが美味しくて追加した。

IMG_2092
サルサレタス。
ちぎったレタスにサルサソース。
ちょいちょいメキシカン挟んでくるな(笑)
美味しいです。いい箸休め。

「みやこや」めちゃ良かった。
入った瞬間に、あ、いいお店だなってわかるタイプ。
ロースターがずらっと並んで(焼き肉ってロースターの方が好き)、
カウンターや厨房のレンジフードなども清潔にしてある。
昔は生肉が沢山食べれたんだろうなと思うと残念でたまりません。
また来ます。


上野「大興」

IMG_2010
以前の上野ツアーの時のポストで書きました「大興」にやっと来れました。
5人で食べ尽くすぞ。

IMG_2018
心躍る短冊メニュー達。かなり豊富なラインナップ。
メインの中華的なメニューはもちろん、タコのカルパッチョなんてのもあります。

IMG_2019
お通しピーナッツと生ビール。

IMG_2011
先ずは香草サラダ。
ガストロノミーかっていうくらいの上品なポーションで皆で笑った(笑) 
味は美味しいです。
ピーマンのピリっと辛い部分とパクチー、ごま油の相性の良さ。

IMG_2020
蒸鶏のラー油ソース。ここの蒸しどりは温かいのが特徴。

かなり店内が混み合って居たのもありますが、料理が来るのが遅いのなんの。
ここで前半に頼んだものが殆ど通ってなかったことが判明(笑)
皆でお店の厨房を妄想したりして笑い合って時間を潰す。
一緒に食事するメンバーって重要。

IMG_2021
おーキタキタと待ちに待った料理。
砂肝の唐揚げ。
真っ当な唐揚げ。美味しいです。

IMG_2012
真打ち登場。先ほどの蒸鶏ではなくこちらが食べたかった。
ランチで提供している葱ソースバージョン。
温かいネギ油ソースに胡椒が効いてる。
これがめちゃ美味しいんだな〜。

IMG_2014
台湾A菜の塩炒め。
A菜ってなんだとなりましたが、油麦菜という種類の野菜。
茎の部分を持ってひっくり返すとアルファベットのAに似てるからA菜だそう。
身の厚いレタスって感じでしょうか。これも美味しかった。

IMG_2023
北京ダッグ風特製皮包み。
甘辛く味付けた細切りの豚を北京ダッグ風に葱ときゅうりと一緒に生地でくるんで食べる。
これも美味い。

IMG_2015
ポテトフライの香草合え。
味坊的な物を想像するも違った。
あちらがマック的なポテトと言うならば、こちらはソフトなモスバーガー風。
これもありですね。

IMG_2017
春巻きはベーシック中のベーシックなやつ。
きっちり作られていて美味しい。

IMG_2024
牛肉とトマトのオイスター炒め。
トマトを持ってくる意外さ。

IMG_2022
箸休め的なピータン豆腐。
このメニューもお店によってかなり個性が出て面白い。

IMG_2016
オイスター焼きそば。
こういう具の少ない焼きそばって何か惹かれる。
ひき肉がゴロゴロ。ジャンクな感じで美味しい。

IMG_2026
炒飯。
しっとりめのタイプで好み。

IMG_2025
肉そば。
醤油ベースのあんかけが、かかったラーメン。
どっしりとして分けあって締めで食べるのに丁度良かった。

いやはや二品出てくるまで一時間ちょい待たされるというトラブルもありましたが終わり良ければ全てよし。
待ってる間にジャンジャン頼んで大満足。
お店の活気はあるし、料理を待ってる他のお客さんもどこか楽しんでいる様子。
スタッフの方達も殺伐とせず和気あいあい。
ごめんなさいね〜と丁寧に謝って頂き全然嫌じゃなかった。
そんな状況を笑って過ごせるメンツも良かった。
改めて思う一緒に食事をするメンバーって本当に大事ですね。

人気ラッパーのFutureと、その右腕DJ Escoがタッグを組んだミックステープリリースが去年に続いてリリース。
無料で聞ける内容とは思えない豪華さです。↓

Dj Esco – Project E.T. (Esco Terrestrial) (Hosted By Future)

/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/taxonomy-blog_author.php