EYESCREAM.JP – For Creative Living

蒲谷健太郎

蒲谷健太郎

1999年創業の balanceweardesign を経て、都市環境に順応したトータルウェアとグラフィックの提案をコンセプトに、1990年代のミックスカルチャーにインスパイアされたリアルクローズを展開する。音楽とファッションの親密な繋がりをものづくりに反映したハイカジュアルなストリートウェアに定評あるbalのデザインを担当。

小田急沿線って代々木上原以外はわりと未開拓な感じがして、
食べログ等で点数低くても銘店が隠れているようでDIGり甲斐があります。

先日のランチで出かけたこちら。
某雑誌で山本益博氏が紹介していた「中華日和」もそんなお店。
何度か足を運んでいますが基本的には何を食べてもほんとに美味しい。
夜はお酒とともに色々アラカルトで頼んでつまむもよし、麺類や定食をサクッと食べるも良し。
かなり気に入っています。

IMG_3117
お初だったアサリと青のりのつゆそば。
アサリがゴロゴロと気前よく入って、
旨味の詰まったスープにあおさ海苔が旨くないわけがない。
二日酔いにはピッタリ。
ちなみに担々麺も専門店に負けず劣らない逸品です。


お次は経堂の「寿矢てんぷらす」。
IMG_3108
経堂のお寿司屋さん「美登里寿司 寿矢」の姉妹店で、お寿司と天ぷらをカジュアルにというコンセプトのよう。

IMG_3116
お通しの大根のおでんと夏野菜の揚げ浸し。
静岡風なのかな?真っ黒だけどけして濃すぎない味付け。
揚げ浸しも美味しくて好感触。

IMG_3113
おつまみで頼んだ蛤は、茹でたものに煮詰めがかかっている。

IMG_3115
お寿司です。
シンコ、ホタテ、イカ。
とにかく嬉しいのが一貫の大きさが小さい。
個人的には色々食べたいので一貫の大きさは小さいのが好み。
きちんと仕事もされていて美味しいです。

IMG_3114
日本酒は数は少ないけど精鋭だった。
頂いたのは風の森だったかな。ちょっと忘れてしまったけど良い感じのセレクトだった。

IMG_3112
とうもろこしのかき揚げ。天ぷらもいい感じ。

IMG_3110
中トロ、甘エビ、鯵、雲丹、いくら。

IMG_3111
トロタク美味しかった!
トロタク好きです。

IMG_3109
最後一貫はオススメを。
鯛の昆布シメ炙りだったかな。
これも美味しかった。

感動したいお寿司ってやはり予約して何ヶ月も待つものだし、
天ぷらも銘店はお高い。
でも急に食べたくもなるのがお寿司と天ぷら。
そんな時に気軽に行けて、しかもコスパも良い。
そりゃ混むわな。
気に入っちゃったな〜。


FRANK OCEANのアルバムがついに出ましたね。
前回のアルバムCHANNEL ORANGEの正統派のR&B路線とは違って、
非HIPHOPのアーティストからの影響を色濃く受けたであろう、インダストリアルでエモーショナルな内容で、
逆に今のHIPHOPらしいというか、いい意味で期待を裏切ってくれて本当に素晴らしかったです。
WOLF GANG TILLMANSのアートワークもかっこいい。
tumblr_oc8gjpg8Bw1qdrz3yo1_1280




父が出版社勤めだったので、子供の頃に良く連れて行ってもらった神保町。
そういえば作文の塾?にも通っていた気がする。

IMG_2848
父がここの餃子が一番美味いと言って家族で行った思い出の「スヰートポーヅ」。
子供心に心底感動した記憶。
変わらない佇まいが素敵。
#い”ではなく”ヰ”。
今では珍しくないが当時はあまりなかった餃子専門店。

IMG_2846
久しぶりに食べたけど美味いのなんの。
記憶の中でもここを超える餃子ってないなと思っていたけど再確認。
餡の具材が完璧なバランス。
大蒜は入っておらず、肉々しさを感じるけど油っこくなく軽い。

IMG_2847
天津包子は小さな肉まん。
辛子をつけて酢醤油で。
お初だったけどこれは美味い。

ビールと餃子。完璧。夏。

IMG_2839
別の日ですが、神保町からも近いこちら。
吉田カバンで来季のバックの打ち合わせの後、担当の小林くんと食事に。
行ってみたかった「関山米穀店」に。
米穀店といってもお米屋さんではなく、店主のお父様がお米屋さんで跡継ぎがいないので名前だけでもと着けたのが由来らしい。
ワインとタパスのお店。

IMG_2844
先ずはネストビールのホワイエールで乾杯。

IMG_2845
とうもろこしの冷たいスープ。
こういうのが飲みたいなと思っていたヤツ。最高に美味い。夏。

IMG_2840
さあさ白ワイン。
ミネラル感がパないイタリアプーリア産。
これ美味しかったなぁ。

IMG_2836
パテ・ド・カンパーニュ。
脂とのバランスが良い。

IMG_2842
鴨ハツのサラダ。

IMG_2838
赤ですね。
薄旨系で。

IMG_2849
豚足、豚耳、タンなどゼラチン質の多いお肉を煮込みにした後、
冷やして固めたものをさらにフライパンで焼き目を。(名前失念)
めちゃ贅沢コンビーフみたいで美味しかった〜。

IMG_2835
出汁っぽいやつで。
これも抜群に美味しかった。

IMG_2843
もう少し重めで。

IMG_2841
羊のラグーパスタ。リガトーニと、ちょっとクセのある羊のソースが相性抜群。
トマトっぽさより肉々しいのが好き。

IMG_2837
〆にヒトミワイナリーの軽いやつで。

いや〜大分呑んでしまった。
料理も美味しいし、ワインのセレクト素晴らしい。
特にナチュールなどに拘ることなく、しっかりと芯のあるセレクトで、相当にワイン好きな店主なのは用意に想像がつきます。
すごく良いお店。
またすぐ行きたいな。

お気に入りにRoy Woodsのビデオ。私的夏のアンセム。


IMG_2723
南武線の稲田堤にある焼肉屋「寿苑」
以前もこのブログで紹介したのですが久しぶりに。
日曜、祝日は16時スタートなのが嬉しい。

IMG_2720
自家製キムチはマスト。
酸味と甘味のバランスがいい。

IMG_2717
ガーリックサラダも。
スライスして揚げたニンニクがたっぷり。
ツマミになるサラダ。

IMG_2719
タン塩。
この厚みと量で950円。

IMG_2722
絶対食べたいガーリックハラミ。
にんにくは擦りではなく刻みなのが良い。

IMG_2721
サンチュで巻いて。

IMG_2716
カルビもね。

数ある焼き肉屋で肉の質、味付け、コスパと雰囲気で、僕の中では上位ランク。
冷房が効かない(ないのか?)上に、換気扇も弱いので、モクモクの中、内輪をパタパタさせて食べる焼き肉の格別なこと。
汗をかいて暑気払い。

稲田堤といえばもう1軒。
IMG_2725
多摩川まで歩いて、外呑みが気持ち良いメシ屋 5選(Personal Lists)でも紹介した「たぬきや」に。

IMG_2724
お腹はいっぱいだったのでレモンサワーを。
夕暮れ時に重なり気持ちい一時。
最高です。

という感じの「寿苑」からの「たぬきや」もしくはその逆も良いので、このコース猛烈にオススメです。
ただどちらも冷房はないのではっきりいって暑いです(笑)


先輩が大阪から来たので美味しいとこへ。
どこに行こうかと迷ってこちらに。
ご飯好きな友人夫婦が勧めてくれてから気になっていた学芸大学の「Oliva」。
俺たちの平野紗季子さんも行ってた。

IMG_2714
蛤のアーリオオーリオ。
小粒ながら味のしっかりした蛤。
ニンニクソースが合わないわけがない。

IMG_2715
タコのフリット。
セモリナ粉の細かい衣にサクッと噛み切れるタコ。
揚げ物も美味しい。

IMG_2713
食べたかった魚のミートソースブシャーティ。
ケーブルガードみたいな形が特徴のパスタがブシャーティ。
コシがあって旨味のあるパスタに、白身魚とトマトの濃厚ソースが絡みまくり。
これが美味しい!
ランチで出したら週一で食べたい。

聞けばシェフは、料理の鉄人にも出演したり、カウンターイタリアンの先駆け的なお店を手がけた方のよう。
気さくな雰囲気でコスパも素晴らしく、使い勝手の良い素晴らしいお店。
ワインはナチュールなどではないけど、グラスワインは安っぽくない美味しいものだったし過不足ない。
人気で予約が取れなくなってしまったら嫌だな。
近々大人数で再訪したい。


二軒目は「圭」に。
日本酒の立ち飲みだが、小奇麗でお店も大人っぽくて料理も美味しい。
IMG_2712
なんと言ってもお通しのお粥が嬉しい。
カニ味噌のマカロニサラダと梅水晶も。

IMG_2711
季節の濁りをいただく。
濁り酒好きです。

といった感じで久々に学芸大学で呑み食いしましたがやっぱりいいですね。
ご一緒したのはBLUE NOTEでのライブも最高だったLORD ECHOなどを手掛けるレーベルWonderful Noiseの坂尻さん。
大阪では美味しいご飯屋さんに連れて行ってもらったりと大変にお世話になっている。
また行きましょう〜。


IMG_2614
京都のホルモン焼き屋さんでずっと食べてみたいな〜と思っていた、「ホルモン千葉」が、
ホルモン激戦区の渋谷に進出とのことで早速お邪魔しました。
アフリカ料理のロス・バルバドスのすぐ近く。

IMG_2628
お通しは豚アバラ煮。胡椒が効いてる。

IMG_2627
予約のサービスで頂ける牛すじの煮込み。

IMG_2626
チレ刺し。
足が速いので鮮度が良くないと提供できない一品。
なかなかお目にかかれないレアなやつ。

IMG_2625
タン刺し。見るからに美しいタン。玉葱のスライスと一緒にいただく。

IMG_2624
レモンサワーも気前よくレモンがゴロっと。
焼酎は安心のキンミヤ。炭酸はウイルキンソン。

IMG_2623
ポテサラは食感を残したコロコロしたじゃがいもにフライドオニオン。
コロッケのナカといった感じ。
ソースと相性良し。

IMG_2622
メニューとにらめっこしすぎて時間がかかっていたら、上手いことやりますわといくつかを盛り合わせていただいた。
葱がちゃんと九条ねぎなのもうれしい。

IMG_2618
先ずはホソ(小腸)。
ここまでプリップリッで、ぶっといやつは板橋の山源依頼。
甘めの塩ダレとガツンと大蒜の濃い目の味付け。
もやしもちゃんと関西の細もやし。こちらは食べ放題。

IMG_2621
箸休めのきゅうりも。

IMG_2619
これはマルチョウだったかな。
味噌だれと絡めた葱を乗せて。

IMG_2617
お次は黒ダレでほほ肉。

IMG_2616
なんといってもスタッフの方が全てのお肉を焼いてくれるので、ベストな状態で食べられるのが良い。
焼き肉は自分で肉を焼くのが苦手だと言う人もこれなら安心。

IMG_2613
〆のうどん。
斜めになった鉄板から流れ落ちた肉汁と油で焼きうどんに。
ヤワヤワな麺との相性も良い。卵黄落として。

全体的にかなり濃い目、甘めな味付けなので、好みが別れるとこではありますが、
がっつりとホルモンを味わいたいっていう時にピッタリ。
非常に満足度の高いお店です。
Metronome / toeの山嵜氏が手掛ける内装も簡素だけど時間がたって味の出そうな、ザ・大衆ホルモン屋といった風情が素敵です。
変にお洒落にしない潔さがカッコいいです。
ホルモン屋はこうでなきゃ。

IMG_2607
その後は良い覚ましに少し歩いて、代々木上原の「ル・キャバレー」に。
いつ来てもかっこいいお店。

IMG_2612
ボトルで白を。
ミネラル感があって個性的なやつでお願いした。

IMG_2610
おつまみをお願いしたらドンとボリュームのあるお肉が出てきた。
ローストポークやサラミやら。

IMG_2608
軽めの赤も注文。
これ瑞々しくて美味しかったな〜。
シャバシャバ系。

といった感じで満喫。
良い夜でした。

IMG_2609
外呑みが気持ち良いメシ屋 5選(Personal Lists)は皆様ご覧になっていただけたでしょうか。
まだの方は是非チェックしてみてください〜。


/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/taxonomy-blog_author.php