EYESCREAM.JP – For Creative Living

蒲谷健太郎

蒲谷健太郎

1999年創業の balanceweardesign を経て、都市環境に順応したトータルウェアとグラフィックの提案をコンセプトに、1990年代のミックスカルチャーにインスパイアされたリアルクローズを展開する。音楽とファッションの親密な繋がりをものづくりに反映したハイカジュアルなストリートウェアに定評あるbalのデザインを担当。

image
高知の鰻が美味しいんです。
関東のそれとは全くの別物。外はパリっと中はフワっと。

食堂のような佇まいの「かね春」。
鰻で高知で一番との呼び声も高いお店。
かいだ屋、源内と食べたけど、僕もここが一番好きです。
予約が出来ないのでいつもはかなり待つんですが、この日は雪の予報もあってか空いてた。

image
定食をオーダー。注文してから焼き始めます。瓶ビールを飲みながら待つこと20分くらい。
炭火で丁寧に焼かれた鰻は臭みはないのは勿論のこと、絶妙な焼き加減。
汁だくな茶碗蒸しも美味しい。

以前に来た時に、おじいちゃんおばあちゃんが、ビール大ジョッキをチェイサーに日本酒をぐいぐい呑んでたのが印象的。
高知って凄いな。

image
夜は気になっていた「どんこ」に。
以前に来た時はいっぱいで入れなかった。

image
お通しののれそれ。
どろめも美味しいけど苦味がなくてこっちのほうが好み。

image
揚げ出し豆腐。大量の葱。たっぷりの出汁に浸かっている。
めっちゃ美味しい。この時点でもう最高。

サラダも撮り忘れたけど美味しかった。

image
刺盛。鰹、かんぱち、雲丹、イカ、赤貝。
やはり鰹美味しい。鰹はタタキではなく生ってのも良かった。大蒜と一緒に。

image
きびなごだったかな。プリプリとして美味しかった。

image
やはり日本酒よね。亀泉と赤野を注文。

image
タラコ蓮根。揚げ物も良い。

image
うつぼの唐揚げ。ねっとりした皮が美味い。

image
雑炊で〆。
丁寧でちゃんとした居酒屋。東京にあったら間違いなく通う。
高知の居酒屋はほんとに良いお店がいっぱい。また一つ好きなお店が出来ました。

image
KITH X ADIDAS CONSORTIUM TUBULAR DOOMをゲット。
初チューブラーはBOOSTとはまた違った履き心地。
ヘザーグレーのカラーもカッコいい。

個人的に注目しているROME FORTUNEのアルバムがFOOL’S GOLDからリリースされるそう。
楽しみ。そこからの一曲。


家族で高知に行ってきました。

IMG_9909
少し脚を伸ばして小さな漁村にある「伊勢海老料理 中平」に。
街道から海に面したお店の場所に降りるまで10分あまり。
のんびりした漁村です。

伊勢海老を食べつくすというなんとも贅沢なこちら。
IMG_9904
先ずはお刺身。
活造りでピクピクと動く伊勢海老。
新鮮この上ない。
プリっと歯ごたえ、その後に甘みが。

IMG_9905
お次は鍋。ドカンと一人一尾。
伊勢エビの他は、豆腐、白菜、エノキダケ、ネギなどを加えます。

IMG_9907
輝く海老ちゃん。
こっからは蟹のように黙々と海老をホジホジ。
味噌や頭の身も美味しいけど、以外にも細い脚も美味い。
会話は殆どありません(笑)

IMG_9906
出まくった出汁の雑炊は至福。
こりゃ美味いに決まってるわな。

という感じで伊勢海老を堪能。
こんな風に食べさせるお店もなかなかなさそう。大変に満足でした。
一年に1回くらい食べたい。

IMG_9908
海が綺麗。
高知はいいな。大好きです。

Rihannaのニュー・アルバムは限定でフリーダウンロードだそう。
凄いですね〜。
Anti-898x1024
feat DrakeのWork最高です。

Winter Sale

フラッグシップストアとウェブストアにてWinter Sale開催中です。
スクリーンショット 2016-01-21 15.06.27

今季のお気に入りのフィッシュテイルパーカもプライスダウン。
パーテックスのシールドDV(某有名防水透湿素材を上まわる機能。)で風は通さず、雨や雪の日も無敵です。
IMG_9798




原作を読み返したくなったのでまとめ買いしたAJクィネルのクリーシィシリーズ。
IMG_9793
最初の「燃える男」は、映画「マイ・ボディガード」(酷い邦題)の原作としても有名。
原作を読んでなければ普通に面白いんですが、やはり物足りない。そもそも主人公はイタリア系白人だし(笑)
結構大事な部分を丸々変更してしまっているのでどうしても原作ファンは納得行かないんじゃないでしょうか。

ただ、クリストファー・ウォーケンが主人公のデンゼル・ワシントン演じるクリーシィを語るシーンは最高です。


IMG_9777
昨年から計画していた、西新宿「コチンニヴァース」での南インド料理呑み。
6人でやってきました。
ずっと気になっていたお店。楽しみです。

IMG_9776
先ずはマサラピーナッツでビール。

IMG_9775
週末限定のラッサム。
最初味がしない!と思ったが飲み続けていると不思議と旨味が。

IMG_9773
オニオンパコラ。
玉ねぎのかき揚げ。サクサクで油っこくない。

IMG_9774
キーマナルギシ。これはもう旨味が凄かった。一口食べてこれは美味しいなと。
半熟玉子とスパイスの組み合わせときたら。

IMG_9772
この日のベスト。青菜のクートゥ。
見た目とは裏腹とはこのこと。
美味い。めっちゃ美味い。

IMG_9771
ニルギリチキンカリーだったかな。
この辺から段々とスパイスハイになってきた(笑)

IMG_9767
レモンライス。

IMG_9770
オムレツのなんちゃら。名前失念。

IMG_9768
これも目を見開く美味しさ。ココナッツとフィッシュのなんとか。

IMG_9766
ひよこ豆のブラックチャナプラオ。

IMG_9765
チキンカリー。カレーはもちろん、チキン自体もしっとりと旨味もしっかり。

エビのピリヤニも食べたけど写真なし。めっちゃ美味しかった。

写真でなかなか伝わりづらいと思いますが、超絶美味しかったです。
カレーでここまで感動出来るとはびっくりしました(失礼)
色は似通ってますが味付けは全然違います。油っこくなくスルスルと入っていく。
途中からスパイスハイになってきて、ウマイウマイと運ばれた料理を口にひたすら運んでおりました(笑)
インドワインも結構イケますし、しっかり呑めます。

そして食後も胃もたれせず不思議。
お昼にがっつり炭水化物ってものいいなぁ。
またすぐ行きたいです。

もうちょっと呑もうかともう1軒。
わりと近所の角打ちワインバーの「プチコニシ」に。
IMG_9764
金井醸造の白。これがまた美味しかった!葡萄の美味しさが活き活きと。

IMG_9763
マシエリのロッソ。若さは否めないものの、方向性は好きな感じだったので美味しく飲めました。

ここでも揚げたイモを食べたりとお腹いっぱいでかなり酔っぱらった。
大満足の一日でした。

この日もご一緒していた、ツレヅレハナコことハナちゃんがを出版されるよう。
既にかなり話題になっているようです。流石。
これは買いですな。皆様是非〜。


Dr.DREのアルバム、COMPTONに6曲参加していた、Anderson.Paakのアルバム良かったです。
ジャミロクワイみたいなこの曲。


IMG_9697
連休を利用して鎌倉に来ました。
大好きな鎌倉「Osteria Comacina」。
シチリアを思わせる魚介が美味しいイタリアン。

IMG_9694
明るいうちから飲むビールの旨さよ。
二階なので小町通りの喧騒を感じさせない。
陽の光が気持ち良いです。

IMG_9692
サーモンのカルパッチョ。お刺身のサラダがいつも美味しい。

IMG_9691
やっぱり白だよねと。ワインは自然派が中心。
これ美味しかった。

IMG_9690
ホワイトマッシュルームのサラダ。白に合います。
美味しいキノコを食べると一瞬ベジタリアンになれるかもと思う。
まあ無理なんですけど。

IMG_9693
太刀魚のフリット。ここの白身のフリットは最高。
パリッと揚がっているのに中はフワフワ。塩加減。

IMG_9689
赤もちょっと飲みたいよね。イタリアっぽい旨味の強いタイプ。

IMG_9701
メインはナシでパスタを2品。
赤イカのパスタ。旨味がぎゅっと。これこれ。

IMG_9696
今回発見だったアマトリチャーナ。びっくりするくらい美味い。
グアンチャーレの塩気とトマトの甘みのバランスが素晴らし。
今まで食べたアマトリチャーナで間違いなくベスト。これは毎度頼んでしまいそう。
メッシタ、メゼババと太麺のパスタ大好きです。

IMG_9699
いい感じのやれ感の看板。
(マジカルアーマかわいい)

魚介に限らず美味しいことが自分的な発見。
夜に来たいなと思いつつ、昼に来るここの心地よさは他にはないです。
また来ます。

IMG_9702
神奈川県立近代美術館の鎌倉館が閉館してしまうとのことで散歩がてらに。
日本を代表するモダニズム建築だそう。
建物は保存されることになったそうでよかった。
なんでも取り壊すのやめて欲しい。

IMG_9700
中から観た池の様子。
夕方の光と相まって美しかったです。

ちょっと人が多すぎたけど鎌倉はやはりいいですね。


前回のアトランタ編も面白かったですが、今回はシカゴ編。
VICE TV面白いです。





/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/taxonomy-blog_author.php