EYESCREAM.JP – For Creative Living

蒲谷健太郎

蒲谷健太郎

1999年創業の balanceweardesign を経て、都市環境に順応したトータルウェアとグラフィックの提案をコンセプトに、1990年代のミックスカルチャーにインスパイアされたリアルクローズを展開する。音楽とファッションの親密な繋がりをものづくりに反映したハイカジュアルなストリートウェアに定評あるbalのデザインを担当。

久しぶりに武蔵小山。
再開発などもあってどんな感じになっているのかと来ました。

IMG_2095
ムサコの銘店「牛太郎」のとなり辺りの、友人オススメの「くろちゃん」に。
今日のオススメからつぶ貝といさきのお刺身。
新鮮で美味しい。つぶ貝っていいですよね。

IMG_2091
揚げなすのお浸し。
普通で美味しい。

IMG_2088
とりくん焼きは醤油漬けした鶏のささみを丸1日天日干したものを焼いたものだそう。
美味いですなコレ。

IMG_2093
青唐奴。
青唐辛子の辛味もそこまでなくまとまっている。

ともかく普通の物が普通に美味しく安い。
一品だいたい400円前後で、あぁ、ここでもういいなと思わるお店。
危うく腰を落ち着かせるとこでした。
日本酒も安く、そこまで混んでなく二階もあるのでサッと来てパッと座れるってのはありがたい。
いいお店です。鍋なんかもあったので冬にまた来たい。
さ、次のお店に。

IMG_2097
前から気になっていたこちら。「ホルモン道場 みやこや」。
いい佇まいの看板。

IMG_2098
キムチは甘いヤツ。甘いキムチいいよね。

IMG_2087
レバ刺しは低温調理タイプ。全然いいです。美味い。

IMG_2090
ハラミ刺し。こちらも低温調理してあるとのこと。
食感、味ともに生感はしっかりあって美味しい。

IMG_2094
気になったメキシコ風サワー。
タバスコが入ったトマトサワー。これが美味い!
ホイスロゴ入りグラスかわいい。

IMG_2089
盛り合わせ。
上ミノ、ハラミ、レバー、カシラ。
ハラミが美味しくて追加した。

IMG_2092
サルサレタス。
ちぎったレタスにサルサソース。
ちょいちょいメキシカン挟んでくるな(笑)
美味しいです。いい箸休め。

「みやこや」めちゃ良かった。
入った瞬間に、あ、いいお店だなってわかるタイプ。
ロースターがずらっと並んで(焼き肉ってロースターの方が好き)、
カウンターや厨房のレンジフードなども清潔にしてある。
昔は生肉が沢山食べれたんだろうなと思うと残念でたまりません。
また来ます。


上野「大興」

IMG_2010
以前の上野ツアーの時のポストで書きました「大興」にやっと来れました。
5人で食べ尽くすぞ。

IMG_2018
心躍る短冊メニュー達。かなり豊富なラインナップ。
メインの中華的なメニューはもちろん、タコのカルパッチョなんてのもあります。

IMG_2019
お通しピーナッツと生ビール。

IMG_2011
先ずは香草サラダ。
ガストロノミーかっていうくらいの上品なポーションで皆で笑った(笑) 
味は美味しいです。
ピーマンのピリっと辛い部分とパクチー、ごま油の相性の良さ。

IMG_2020
蒸鶏のラー油ソース。ここの蒸しどりは温かいのが特徴。

かなり店内が混み合って居たのもありますが、料理が来るのが遅いのなんの。
ここで前半に頼んだものが殆ど通ってなかったことが判明(笑)
皆でお店の厨房を妄想したりして笑い合って時間を潰す。
一緒に食事するメンバーって重要。

IMG_2021
おーキタキタと待ちに待った料理。
砂肝の唐揚げ。
真っ当な唐揚げ。美味しいです。

IMG_2012
真打ち登場。先ほどの蒸鶏ではなくこちらが食べたかった。
ランチで提供している葱ソースバージョン。
温かいネギ油ソースに胡椒が効いてる。
これがめちゃ美味しいんだな〜。

IMG_2014
台湾A菜の塩炒め。
A菜ってなんだとなりましたが、油麦菜という種類の野菜。
茎の部分を持ってひっくり返すとアルファベットのAに似てるからA菜だそう。
身の厚いレタスって感じでしょうか。これも美味しかった。

IMG_2023
北京ダッグ風特製皮包み。
甘辛く味付けた細切りの豚を北京ダッグ風に葱ときゅうりと一緒に生地でくるんで食べる。
これも美味い。

IMG_2015
ポテトフライの香草合え。
味坊的な物を想像するも違った。
あちらがマック的なポテトと言うならば、こちらはソフトなモスバーガー風。
これもありですね。

IMG_2017
春巻きはベーシック中のベーシックなやつ。
きっちり作られていて美味しい。

IMG_2024
牛肉とトマトのオイスター炒め。
トマトを持ってくる意外さ。

IMG_2022
箸休め的なピータン豆腐。
このメニューもお店によってかなり個性が出て面白い。

IMG_2016
オイスター焼きそば。
こういう具の少ない焼きそばって何か惹かれる。
ひき肉がゴロゴロ。ジャンクな感じで美味しい。

IMG_2026
炒飯。
しっとりめのタイプで好み。

IMG_2025
肉そば。
醤油ベースのあんかけが、かかったラーメン。
どっしりとして分けあって締めで食べるのに丁度良かった。

いやはや二品出てくるまで一時間ちょい待たされるというトラブルもありましたが終わり良ければ全てよし。
待ってる間にジャンジャン頼んで大満足。
お店の活気はあるし、料理を待ってる他のお客さんもどこか楽しんでいる様子。
スタッフの方達も殺伐とせず和気あいあい。
ごめんなさいね〜と丁寧に謝って頂き全然嫌じゃなかった。
そんな状況を笑って過ごせるメンツも良かった。
改めて思う一緒に食事をするメンバーって本当に大事ですね。

人気ラッパーのFutureと、その右腕DJ Escoがタッグを組んだミックステープリリースが去年に続いてリリース。
無料で聞ける内容とは思えない豪華さです。↓

Dj Esco – Project E.T. (Esco Terrestrial) (Hosted By Future)

IMG_1944
ながらく行ってみたいお店リストの上位にあって、何度かお店にも直接行ったり、
予約の電話を試みるも、フラれ続けていた東中野のガストロパブ「Bespoque」。
近所に住む方にお願いして席を取ってもらいやっと行けました。
もはやイギリス料理って美味しくないんでしょ?という人も少なくなってきたくらい食が進んでいると聞くロンドンですが、
そういった現地感も含め期待してやって来ました。
看板カッコいい。

IMG_1947
先ずはBASSのドラフトと、鶏レバームースのカナッペ。
このBASSのドラフトが瓶とは全くの別物でスーパースムースで嫌な苦味が一切ない。
キチッと手入れされた清潔なサーバーで飲む生ビールは格別。
あぁ最高。
レバーは濃厚でなめらか。無論美味しい。

IMG_1953
ピクルス。
程よい酸味で抜群に美味しい。
玉子のピクルスたまりません。

IMG_1950
スモークサーモンのサラダはディルがたっぷり。
これまた酸味のバランスが良くて小躍りした。

IMG_1948
ステラが飲みたくなって。
それをチェイサーにオススメのロゼを。
このロゼも美味しかった。メモすれば良かったと後悔。

IMG_1945
テムズ川をイメージしたという焼き野菜のタブレ。
美しく美味しい。焼き野菜の火入れ完璧。

IMG_1951
チーズのキッシュ。
濃厚なチーズの旨味。お酒が進みます。
とにかく何を食べても美味しくてひっくり返る。

IMG_1873
恋焦がれていたビスポークのフィッシュ&チップス。
ロンドンに行ったことはないけど、きっとロンドンより美味しいのでないか。
ザクっと具合と旨味の衣、中は当然フワフワ。
揚げたイモがまた美味いのなんの。
ウマすぎて首をかしげる。
衣に入れるビールの種類や配合具合などフィッシュ&チップス奥深い。

IMG_1943
自家製のソーセージとマッシュポテト。
ハーブ満載の肉々しいソーセージ、炒めたタマネギの甘み、なめらかでねっとりとしたマッシュポテト。
最高です。

IMG_1946
ここはデザートも絶対と聞き、普段は手を出さないけどチョコブラウニー。
呑めるやつですねぇ。

IMG_1949
酔いでピンが来てませんが紅茶もいただく。
フォートナム・メイソン美味しい。
コーヒーが飲めないので完全なる紅茶派の僕としては最高の〆。

全ての料理が美味しくて、内装も食器もかっこいいし。
女性店主のレイさんセンスの塊。
なんとも最高なお店。
またすぐに行きたい。


神田「味坊」

IMG_1890
国立西洋美術館のカラヴァッジョ展に行ってきました。
カラヴァッジョの名作と、彼の作風に影響を受けた画家の作品も含む50数点にも及ぶ大規模なものでかなり楽しめました。
その中でも世界初公開の法悦のマグダラのマリアは圧巻。
陰と陽がストーリーを想起させる技法で、宗教画としてこれはいいのか?と思うカラヴァッジョの反社会性を表現したパンキーな作品でした。
ワインの神様バッカスもどこか舐めた顔つきで中性的な印象は半宗教的とさえ感じました。
革新的で天才的な絵の才能を持ちながらも、大酒飲みで暴れ回り人殺しまでしてしまった激不良なパーソナルな部分も興味深かったです。


IMG_1887
久々に行きたいなと上野から神田の「味坊」に。
もはや説明不要な中国東北料理の有名店。
お酒はナチュールも揃う。
入店後に近くに居そうだった友人を呼び出して(急にスミマセンでした笑)4人で。
日曜は15時からやってるので昼呑みにもいいです。

IMG_1881
大好き干し豆腐。
パクチー、葱は最高の組み合わせ。

IMG_1886
マストなポテトと叉焼の香草和え。
このジャンク感がたまりません。
フライドポテトのベストな食べ方。

IMG_1889
ラム肉のクミン風炒め。
ラム肉もこちらで食べるべき一品。
串焼きも有名だけどクミン炒めにした。
スパイス感と甘い玉ねぎのバランスが良い。

IMG_1888
麻豆腐の塩炒め。インスタで見かけて食べて見たかったやつ。
ボロボロとした豆腐は豆乳の絞りかすで中国の庶民的な料理だそう。
美味しかった。

IMG_1883
板春雨の冷製。
幅広の春雨にサッパリした黒酢のソース。
細切り肉がいい。
本格的に夏になったらまた食べたいな。

IMG_1884
名物のスープカレー炒飯で〆。
食べ過ぎた。

IMG_1885
その後は渋谷の駅地下で買い物して友人宅へおしかけ家呑み。
ごちそうさまでした〜。


IMG_1846
野郎5人で中野ツアーしました。
特に予約せずに行き当たりばったりにホッピングしようと。


IMG_1847
川二郎にふられ、美味しんぼでも有名な川二郎の二代目が大将の「味治」に。
先ずはうなぎ燻製でビールを。
蒲焼きを燻製にしたもの。
これは美味いに決まってますな。

IMG_1848
うな串も一通り。
短冊焼、八幡焼、きも焼、えり焼。
うなぎで呑むって大人になったなぁとつくづく思う。

IMG_1850
白焼きでここは〆。
もっとゆっくりしても良かったな。最高。
では次。


IMG_1849
「おかやん」がお休みだったので「第二力酒蔵」に。
立派な刺盛りで緑茶サワーを。
大きいキャパでもいつもいっぱい。
店員さんの対応も気持ちいい。
長っ尻は無用。さ、次へ。


IMG_1851
気になっていた福岡の皮焼きが食べられる「まいける」

IMG_1852
皮焼きを20本をハイボールで。
本物を食べたことがないのでなんとも言えませんがちょっと違いそう(笑)
まあ美味しいのは美味しいですけど。


IMG_1854
定番の台北酒場。

IMG_1853
こんなんもあります。てっぽう刺し。ふむふむいいです。

IMG_1855
〆はエアリービーフン。
ハシゴが前提になりすぎてもう少しゆっくりすれば良かったかと反省もありましたが皆さん楽しんでくれたようで良かった。
FLAPH / ONEGRAMテルくん、Nonnativeふくちゃん、ガースー、PHIGVELヒデちゃんまた行きましょう。


/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/taxonomy-blog_author.php