EYESCREAM.JP – For Creative Living

蒲谷健太郎

蒲谷健太郎

1999年創業の balanceweardesign を経て、都市環境に順応したトータルウェアとグラフィックの提案をコンセプトに、1990年代のミックスカルチャーにインスパイアされたリアルクローズを展開する。音楽とファッションの親密な繋がりをものづくりに反映したハイカジュアルなストリートウェアに定評あるbalのデザインを担当。

IMG_2614
京都のホルモン焼き屋さんでずっと食べてみたいな〜と思っていた、「ホルモン千葉」が、
ホルモン激戦区の渋谷に進出とのことで早速お邪魔しました。
アフリカ料理のロス・バルバドスのすぐ近く。

IMG_2628
お通しは豚アバラ煮。胡椒が効いてる。

IMG_2627
予約のサービスで頂ける牛すじの煮込み。

IMG_2626
チレ刺し。
足が速いので鮮度が良くないと提供できない一品。
なかなかお目にかかれないレアなやつ。

IMG_2625
タン刺し。見るからに美しいタン。玉葱のスライスと一緒にいただく。

IMG_2624
レモンサワーも気前よくレモンがゴロっと。
焼酎は安心のキンミヤ。炭酸はウイルキンソン。

IMG_2623
ポテサラは食感を残したコロコロしたじゃがいもにフライドオニオン。
コロッケのナカといった感じ。
ソースと相性良し。

IMG_2622
メニューとにらめっこしすぎて時間がかかっていたら、上手いことやりますわといくつかを盛り合わせていただいた。
葱がちゃんと九条ねぎなのもうれしい。

IMG_2618
先ずはホソ(小腸)。
ここまでプリップリッで、ぶっといやつは板橋の山源依頼。
甘めの塩ダレとガツンと大蒜の濃い目の味付け。
もやしもちゃんと関西の細もやし。こちらは食べ放題。

IMG_2621
箸休めのきゅうりも。

IMG_2619
これはマルチョウだったかな。
味噌だれと絡めた葱を乗せて。

IMG_2617
お次は黒ダレでほほ肉。

IMG_2616
なんといってもスタッフの方が全てのお肉を焼いてくれるので、ベストな状態で食べられるのが良い。
焼き肉は自分で肉を焼くのが苦手だと言う人もこれなら安心。

IMG_2613
〆のうどん。
斜めになった鉄板から流れ落ちた肉汁と油で焼きうどんに。
ヤワヤワな麺との相性も良い。卵黄落として。

全体的にかなり濃い目、甘めな味付けなので、好みが別れるとこではありますが、
がっつりとホルモンを味わいたいっていう時にピッタリ。
非常に満足度の高いお店です。
Metronome / toeの山嵜氏が手掛ける内装も簡素だけど時間がたって味の出そうな、ザ・大衆ホルモン屋といった風情が素敵です。
変にお洒落にしない潔さがカッコいいです。
ホルモン屋はこうでなきゃ。

IMG_2607
その後は良い覚ましに少し歩いて、代々木上原の「ル・キャバレー」に。
いつ来てもかっこいいお店。

IMG_2612
ボトルで白を。
ミネラル感があって個性的なやつでお願いした。

IMG_2610
おつまみをお願いしたらドンとボリュームのあるお肉が出てきた。
ローストポークやサラミやら。

IMG_2608
軽めの赤も注文。
これ瑞々しくて美味しかったな〜。
シャバシャバ系。

といった感じで満喫。
良い夜でした。

IMG_2609
外呑みが気持ち良いメシ屋 5選(Personal Lists)は皆様ご覧になっていただけたでしょうか。
まだの方は是非チェックしてみてください〜。


曙橋「敦煌」

IMG_2443
大好きな曙橋の中華料理の「敦煌」にまた来れました。

IMG_2444
いつもの通りコースのみ。
先ずはクラゲの冷製。紫玉葱が彩りを添える。
生玉ねぎの辛味が苦手なので、きっちりと辛味が抜かれていて感動。

IMG_2445
鰯の酢締め。
シンプルな料理にこそ、ちゃんと手がかけられているのを感じます。

IMG_2446
生姜のお漬物。優しくて口直しに最高のおもてなし。

IMG_2448
苦瓜と海老のすりみ揚げ。
苦味と海老の餡の甘みが渾然一体と。
夏ですね。

IMG_2447
ズッキーニと自家製ラー油の和物。
さっぱりとしながらも紹興酒泥棒。

IMG_2449
ガツとにんにくの芽とセロリの炒め。
ご飯も良かったらどうぞと少し頂く。
しっかりと濃い目に味付けされ、白米との相性は言わずもがな。
素材の歯ごたえや旨味を殺すことなく火入れ技術パない。

IMG_2451
スペアリブと大蒜の梅煮。
ホロホロトロトロに煮こまれたスペアリブと梅の香りのお汁のマリアージュすげぇ。
酸味はほとんどなく梅の甘い香りと大蒜の旨味。
美味い美味い。

IMG_2450
永遠に食べれる餃子でお馴染みのスペシャリテ水餃子。
皮の旨味とタレの相性。

IMG_2453
〆の担々麺。添えられているグリーンはツルムラサキ。
粘っとした食感とエグみが、担々ソースの辛味と、柔らかめな麺と合う合う。

IMG_2452
デザートタイム!
ここでの楽しみのひとつでもあるデザート。
普段デザート食べないって人にこそ食べてもらいたい。
美しいこの子は杏仁と小豆。
これのカラーとピッチでボーダーの生地作ろうかな。

IMG_2454
さくらんぼの赤ワイン煮。
大人のデザートだなぁ。

IMG_2455
温かい胡麻団子。
これは絶対に外せないヤツ。

今回も敦煌最高。
一生通い続けるであろうお店。
大将と女将さんにはとにかく体に気をつけて長く続けて欲しい。
跡取りは居ないのかなと余計な心配をしてしまいます。
次回の予約は11月。
楽しみです。

LIL YACHTYの新譜が出ましたね。
APPLE MUSICで聞けます。

関係ないですがHULUのシリコンバレーにはまってます。面白いですよ。


三軒茶屋から渋谷に移転した「Umebachee!」に行ってきました。
鶏料理と和酒のお店。
三茶時代には結局伺えず、信頼筋の友人からのオススメもあってやっとこさ訪問。

IMG_2352
ビールで喉を潤わせた後、岩牡蠣が1個だけあるというので白を一杯。
志賀のヒトミワイナリーのデ・ラ・ソウル。
HIPHOP好きの造り手さんなんだろうか。訪ねてみたい。

IMG_2355
立派な岩牡蠣。
富山産だったかな?

IMG_2353
フォトジェニックな鳥刺しの盛り合わせ。
どれも新鮮で角が立っているのがお分かり頂けますでしょうか。
あぁ素晴らしい。
ささみ、レバー、ハツ、砂肝など。
ポン酢と紅葉おろしや、山葵塩などで頂く。

IMG_2354
ささみの昆布締め。
ねっとりとした食感に昆布の香り。こりゃ美味い!

IMG_2351
日本酒にチェンジ。
好みを伝え選んで頂く。
新政の亜麻猫。

IMG_2350
白イカの柚子醤油漬け。
これ美味しかったな〜。酒盗。

IMG_2349
鶏皮のパクチー合えだったかな?
これはもう鉄板ですね。

IMG_2357
ビオ日本酒。
有機無添加の山廃仕込み。

IMG_2356
唐揚げはヤワヤワジューシー系。
衣が柔らかくてめちゃくちゃJUICY。
これだけでも勝負出来る美味しさ。

IMG_2359
ここからは鷹長をチョイス。
風の森と同じ造り手さん。
フルーティーで甘めの中にしっかりした味わい。

IMG_2358
真鯵の酢〆の炙り。
しめ鯖とはまた違った味わい。
酢橘をキュッと。
脂が乗ってて美味い。

IMG_2360
最後はワインに戻ってヒトミワイナリーのサンスフルを。
蜜感の濃い好みのタイプ。

きちんと丁寧に作られている料理と、厳選された和酒のセレクト。
ホント素晴らしいお店。
渋谷ってあまり好きなお店がないので嬉しい発見。

お店もキレイで接待やデートでもいいと思います。
またすぐにでも行きたい。
梅ちゃんごちそうさまでした!


IMG_2218
今年二回目の亀戸「メゼババ」です。
先ずは泡で乾杯。

IMG_2217
本日のメニュー。全部美味しそうだし全部食べたい〜。

IMG_2216
メジマグロ シンプルに。
美味し〜いマグロに、物凄〜く美味し〜いオリーブオイル。
イタリアに行くまでは刺し身には絶対醤油だろと思ってましたがオリーブオイルで食べるローフィッシュ大好きです。
レモンをキュッと。このレモンは伊豆産だそうで素晴らしかった!
いつでもシチリアに連れて行ってくれるなぁ。

IMG_2215
いつもはワインはヴァン・ナチュールを頼むけどここではあまり頼まない。
ここでは非ナチュールのほうが好み。
高山さんのワイン選びには絶大な信頼を寄せてます。
ジャスミンとか桃のような香りでフルーツの蜜感のあるシチリアの白。なんだこれ美味しい。
調べたら生産数2000本の激レアなやつだった。

IMG_2214
トマトのブルスケッタ。
今回のベスト。鳥肌が立つ旨さだった。
肉のような旨味と甘みの凝縮したトマトとガーリックバター。
トマトは長崎のトマトだそう。西海トマトかな?激ウマ。

IMG_2213
茹で上げ白アスパラはポーチドエッグにたっぷりのパルミジャーノ。
縦ではなく横にサクサクと切れる。
茹で加減完璧。

IMG_2212
インスタで見てヨダレを垂らして憧れていた近江牛の皿焼き。
薄くカットされた新鮮な近江牛にアツアツのオイルをたっぷり。
生き生きとしたローズ・マリーがまた美味しくてポリポリ食べた。

IMG_2209
牛レバーソテー。
さっくりとした食感で完璧な火入れ。

IMG_2208
夏ポルチーニのパスタ。
いつもの極太パスタに今の時期だけしか取れない貴重な夏ポルチーニをたっぷりと。

IMG_2210
初めてのメンバーもいたので定番の貧乏人のパスタ。
シンプルで骨太。やっぱり美味しいし絶対に再現できない。

IMG_2207
食後酒も頂いて。デザートワインを選んだ。

IMG_2206
ドルチェはプリン。
ラム酒漬けのレーズンが効いた大人のプリン。
食後酒とのマリアージュ。

毎度来る度に記憶を超える美味しさと、以前よりも美味しく感じる。
通い続けたいお店です。
次回の予約の10月が楽しみ。さらに次の予約は来年以降でまだ予約は取ってないそう。
いやはや最高でした。


/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/taxonomy-blog_author.php