EYESCREAM.JP – For Creative Living

蒲谷健太郎

蒲谷健太郎

1999年創業の balanceweardesign を経て、都市環境に順応したトータルウェアとグラフィックの提案をコンセプトに、1990年代のミックスカルチャーにインスパイアされたリアルクローズを展開する。音楽とファッションの親密な繋がりをものづくりに反映したハイカジュアルなストリートウェアに定評あるbalのデザインを担当。

IMG_4047
EYESCREAM沼野くんとサシ飲み。
行きたかった曙橋の「おがわ」を予約してくれました。

IMG_4046
基本はコースとのことで、ハーフコースを。
先ずは前菜。一汁二菜。茹で落花生好きです。

IMG_4044
白レバーパテ。
干しぶどう、ナッツが入ったパンに塗って食べる。
ねっとりと上品なパテ。無論臭みなどなし。

IMG_4043
そうなると白ワインですね。

IMG_4039
胸肉。
肉厚で噛みごたえがしっかり。
鴨のように旨味が続く。

IMG_4041
大好き金針菜。
中国菜愛。

IMG_4040
はつ。
プリっと弾ける食感。
焼き鳥もお寿司も小ぶりが好み。

IMG_4038
つくね。

IMG_4037
獅子唐丸っこくてカワイイ。
肉厚で美味しいです。

IMG_4036
追加で頂いた手羽先。
皮はパリッと焼かれ、弾力が凄くてはねっかえる。
旨味が凄い。
美味しくて目を丸くしました。

IMG_4035
鶏スープ。

IMG_4034
プリン。
デザートもなかなか。

一串200円以上の高級焼き鳥ってあまり好みではないのですが、
美味しい焼き鳥ってそれなりにしますよね。(当たり前)
間違いなくここ最近食べた焼き鳥の中では抜群に美味しかった。
お肉の良さは当然なんだろうけど、細やかな仕事と焼き加減。
旨味の引き出し方が上手なんだろうな〜。
焼き鳥の奥深さよ。

その後は、建築家の隈太一くん手掛ける期間限定の神楽坂「Trailer」に。
野毛の「赤い店」が出張イベントをやっているとのことで軽く覗きに。
IMG_4033

IMG_4032
木の香りがして凄く居心地が良かったな。
隈くんにも会えたし、美味しいワインも頂けた。

朝はモーニングもやっていたり、昼はホットドック、夜はステーキと魅惑のラインナップ。
またゆっくり再訪問したいな。


何度か挑戦しましたがなかなか入れず、少し遅目に予約をお願いしたところ、やっと行けました渋谷「どうげん」
ETHOSの展示会の打ち上げでワイワイと6人で。

IMG_3661
おとうしキャベツ。
サラダいらないタイプ。

IMG_3662
もやしナムルね。

IMG_3663
チョレギサラダって美味いすよね。(当たり前)

IMG_3660
キムチは本格派の甘くないタイプ。

IMG_3664
りんご。
これ最高ね。
軽〜く炙ります。

IMG_3665

IMG_3666

IMG_3667

IMG_3668

IMG_3669
肉、肉、肉。

どれも厚切りで、たっぷりの量。
ホルモン系の下処理もキチンとしてあるし、味付けもいい。無論肉質も良い。


IMG_3670
〆のすそば的なザ麺。
これが美味いのなんの。これだけ食べに来たい。

とにかくこれだけ食べて飲んで1人五千円チョイなのでコスパにもびっくり。
なるほど予約も取れませんね。

2017ssの展示会を土曜日22日までやってます。
関係者の皆様お待ちしてます。

Gardians2来ましたね。楽しみ!


銀座は本当に疎くて、大人の男なら銀座に一つや二ついい店を知っていなきゃと、常々思ってはいるんですが、
大人になりきれてないのか、なかなか足が伸びない銀座。
敷居が高いというイメージはあるし、実際に街を歩くとやはり大人の街だなぁ〜と。

IMG_3715
絶大な信頼をしているツレヅレハナコさんや、ご飯好きの友人らが口々に絶賛していて、めちゃくちゃ気になっていた東銀座「IBAIA」。
スペインバスク料理のお店とのこと。
大好きな友人夫婦らと行ってきました。

IMG_3708
ナスのマリネ。
そっけないメニュー名(失礼)とは想像もつかない美味しさ。
瑞々しいナスの甘みと、ミントソースの爽やかさ。


IMG_3711
ピーマンのさっと炒め。
ワイルドなルックスに反して繊細。
サクッとした食感を残しながらの抜群の火入れ。
バスクの唐辛子エスペレットが効いてる。

IMG_3713
ジャンボマッシュルームのロースト。
巨大なマッシュルーム。いつもはもっと大きくて2個なんですと。十分に大きい。
傘の内側にたっぷりのスープが。こぼさずに食べるのに一苦労。
最高に美味しい。
美味しい野菜料理に出会うとベジタリアンになれるのではいつも思ってしまう。
まあ無理なんですけど。
この日もそんな話で盛り上がった(笑)

IMG_3712
もちろんバスクのワインを。
オススメを選んで頂く。
爽やかでフルーティな白チャコリ。

IMG_3707
トリッパのフリット。
サクサクとした衣と臭みのない新鮮なモツ。
ガサーっと紙袋とかに入れて食べたい。

IMG_3716
来ましたフライドチキンエスペレット風味。
噛むとザクザクとした衣に、肉汁がジュワッと。
これを唐揚げランキングに入れるなら一番かも。
2個食べたい。

IMG_3705
もう一つのメインのお肉料理は岩中豚のバスク風ロースト。
ガシガシとワイルドに食べる豚肉。
脂が美味しい。
これもバーッとたっぷりとかかったハーブやエスペレットが効いてる。

IMG_3714
付け合せのレンズ豆(レンズ豆LOVE)とマッシュポテトも美味しかった。

お肉料理がやはりメインではあるけど、ハーブ使いと野菜の調理の仕方がセンスが良くて素晴らしい。
そしてこれだけ食べて呑んで1万円程度。
いいお店です。

この後は地元に帰ってもう1軒。
気の置けない友人らと美味しい食事。
いい時間でした。

銀座もっと知りたいな〜。





/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/taxonomy-blog_author.php