EYESCREAM.JP – For Creative Living

国井栄之

国井栄之

mita sneakers / Creative Director   東京/上野のスニーカーショップ「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のクリエイティブディレクター。様々なブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛け、さらに世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで様々なスニーカープロジェクトを具現化。

新兵訓練

“FITNESS HERITAGE”と題し、1987年のリリースから今年で30周年を迎える名作「WORKOUT」が再フォーカスされる2017年。世界中のキーアカウントで構成される「Reebok CERTIFIED NETWORK」に抜擢されている全アカウント参加のデザインコンペが昨年開催され、その中から選抜された12パートナーによる世界連動プロジェクトが遂に始動します。そんな狭き門である世界プロジェクトの第1弾を光栄な事に「mita sneakers」が担当させて頂きました。

Reebok / WORKOUT LOW CLEAN MITA “BOOT CAMP” “mita sneakers” “FITNESS HERITAGE” “LIMITED EDITION for CERTIFIED NETWORK”
photo01

軍隊の特殊部隊やトップアスリートがトレーニングに取り入れるプログラム”BOOT CAMP”を進化させた”CROSSFIT“を推進する「Reebok」ブランドからインスパイアされた今作は、同社が軍隊の特殊部隊に提供しているコンバットブーツである「HYPER VELOCITY BOOTS」のディテールや実際に使用されている機能的なマテリアルを融合し、カラーリングにもサンプリングソース同様のコヨーテカラーを用いて具現化。更にミリタリーウェアであるTANK JACKET等の機能デザインとして象徴的な”DRAG HANDLE”をモチーフとし、脱ぎ履きを容易にするヒールタブとして設置する事でタウンユースに実用的なアップデートを加えています。また、コードネームである”BOOT CAMP”には”新兵訓練施設”と言う口語表現の意味合いも含まれ「Reebok」のフィロソフィーやアイデンティティ、そしてヘリテージ性をモダンなデザインソースを融合したモデルを切っ掛けに、現代のスニーカーヘッズに伝える事を目的としています。

本日よりオンラインでの販売も開始させて頂きました。既に完売となってしまったサイズもございますが、遠方のお客様や来店の都合が合わない皆様のご利用をお待ちしております。

追記
今プロジェクトに合わせてRimo氏のイラストレーションを動画にしたこんなシリーズもスタート。このアニメーションシリーズも世界のコラボレートモデルリリース毎に解禁される様なので、是非チェックして見て下さい!

威風凛然

更なる躍進と進化を魅せる説明不要のストリートブランド「WHIZ LIMITED」と「mita sneakers」の定期的なコラボレートモデルの新作は、初の日本正規展開となる「Puma」の異端モデルをフィーチャー。

今作のコラボレートモデルの特徴であるサイドパネルからヒールに掛けて設置された立体的なTPUパーツは”慌し過ぎる世界からの脱却”をテーマにして、疾走するスピード感をデザインとして視認化させた「PUMA by Hussein Chalayan」の「URBAN SWIFT」シリーズを継承。アイコニックなテクノロジーを搭載する名品「DISC BLAZE」に上記シリーズのデザイン哲学を持ってエレベートを施した「DISC SWIFT TECH」をベースモデルにした今作のトリプルコラボレートモデルは「WHIZ LIMITED」のフラッグシップショップである「LUMP TOKYO」のオープン14周年を記念したアニバーサリーモデルとしてリリースが決定しました。

Puma / DISC SWIFT TECH WM “WHIZ LIMITED x mita sneakers”
photo01

2017 SPRING/SUMMER COLLECTIONの「WHIZ LIMITED」シーズンテーマである”RIN(凛)“にフックしたカラーパレットを巧みに配しながら、アッパーには上質なスウェードとレザー、網目の異なるスポーティーメッシュ、更にはパイソン柄を模したエンボスレザーを使用し、特徴的なシルエットに独創的なエッセンスを注入して具現化。また、アウトソールには、昼夜別の表情を魅せるグローインザダーク仕様に仕上げ、衝撃吸収性や耐久性に特化したオープンセルポリウレタンを採用し、常に履き心地の良いドライ感を保ちながら無数のミクロの空気穴から湿気を逃がしつつ、通気性や防臭性を兼備したオーソライト社製のインソールを設置する事でコンフォータブルな履き心地を提供。そのインソールにはオフィシャルコラボレーションを証明する「Puma」「WHIZ LIMITED」「mita sneakers」のロゴマークを配し、エクスクルーシブモデルならではのディテールを細かな部分まで反映しています。

追記
個人的にも履くのを本当に楽しみにしていた逸足。販売は「LUMP TOKYO」「LUMP SENDAI」を始め、全国の「WHIZ LIMITED」正規ディーラー及び「mita sneakers」となっていますので、2月11日(土)は是非、お近くのショップに足を運んで見て下さい。

三十周年

2014年から一部インラインモデルのカラーディレクションに携わらせて頂いている「le coq sportif」。そんなフランス生まれのブランドでありながら、日本企画として復刻を遂げ、その後に同ブランドのアイコン的存在まで昇華した「EUREKA」が30周年の節目を迎えます。

le coq sportif / EUREKA OG “EUREKA 30th ANNIVERSARY”



16426137_1456143887731385_1129396799360816977_n

1987年に土からアスファルト、更には短距離から長距離に至るまで、オールラウンドで使用可能な全てのランナーのニーズに応えられるトレーニング用ランニングシューズとして誕生。シューレースホールをジグザグに配置する事によってフィット性を向上しつつ、ソールユニットには足の骨の構造を考慮し、捻れを抑制する、モーションコントロール性を持たせる事で安定性を保持する等、当時としては画期的な機能性の数々を搭載。また、ランニングシューズとしてのスタビリティは勿論の事、そのシンプルなデザイン性でシリアスランナーからタウンユースに至るまで高評価を集め、好調なセールスを記録した逸足。今作の「EUREKA OG」はヒールパターンを新たに引き直し、ミリ単位の調整を程しながらヒールカウンターのコンバウンドを再チューニングする事で、心地良いフィット感と軽量化を実現。長めに再設計されたシュータンにはシューレースループを追加しながら、クッション材を挟み込む事でホールド性と通気性を兼備。更にインソールには比重の掛かる部分に厚みを持たせる事によってシューズと足の一体感を高めながら、フィッティング性とサポート性を向上。また、コンパウンドを変更しクッション性と耐久性を向上させたミッドソールの内部にはグルーブを設ける事によって更なる軽量性を具現化。実生活には必要の無いオーバースペックでは無く、様々なライフスタイルにフィットする為に徹底的に追求された実用的な機能性を紡ぎ合わせてブラッシュアップしながらも普遍性を壊す事無く、時代のニーズに答える再設計を齎しています。カラーリングにはアイコニックなオリジナルカラーに加えて、カラーディレクションモデルの第1弾としてリリースされながら、定番カラーとして継続販売されたネイビーとフランス国旗のトリコロールカラーを意味するBBRをパステルカラーに変換し、独創的なブロッキングで配した3色展開となっています。

追記
日本企画としてオリジナルの進化を遂げた「EUREKA」。THE GREAT RESETをコンセプトに懐古主義では無く、温故知新と日進月歩を盛り込んだ今作を全国の正規取扱店舗にて試して見て下さい。

四六時中

24 Hours/7 Days a Week(24時間/7日間)を略したスラングである24/7から命名された今作は、仕事・ランニング・ワークアウト・食事・旅行・遊びからオフタイムに至るまで全てを網羅する事が出来る機能性とデザイン性を兼ね備え、様々な事がリアルタイムで目紛しく変わる現代を象徴しながらフィットする革新的な逸足。そんな新しい概念を持ったニューコンセプトモデルをベースに「new balance」と「mita sneakers」のコラボレートモデルが明日1月28日(土)にローンチとなります。

new balance / MRL247 “TOKYO RAT” “mita sneakers” “Insole Graphic by Keita Suzuki”



商品コンセプトでもある24/7にリンクさせ、東京の地下道から屋根裏まで、昼夜問わず四六時中に渡って活動する”鼠”をデザインソースにした今作のコラボレートモデルはトーンの異なるグレーを巧みに配置しながら淡いピンクを細部に差し色として配し、サイドパネルからヒールに掛けて毛足の異なるスウェードやヘアリースウェードを採用。更に本来は夜行性である”鼠”から着想を得て、サイドパネルのNBロゴやヒールタブには、これまでにも「new balance」のランニングシューズには欠かす事の出来ない機能素材として使用され続け、夜間の視認性に特化するリフレクターを採用する事で、そのデザインソースをスニーカー上で余す事無く体現しています。そして、衝撃吸収性や耐久性に特化したオープンセルポリウレタンを採用し、常に履き心地の良いドライ感を保ちながら無数のミクロの空気穴から湿気を逃がし、通気性や防臭性に優れる「ORTHOLITE」社製のインソールを設置する事でコンフォータブルな履き心地を提供。インソールグラフィックには、独創的な空気感を醸し出すフォトグラフィーやムービーを武器に国内外問わず多彩なアーティストのポートレートからライブ撮影、様々な媒体からファッションブランドのアートワークを手掛けるフォトグラファーであり、様々なブランドと「mita sneakers」のコラボレーションモデルのPVを作成して貰っている友人のKEITAくんが撮り下ろした一枚を採用。街の廃墟を鼠からのアングルで切り撮ったこの一枚は、同氏がイメージした今プロダクトの様々なテーマを凝縮し表現しています。

追記
本日は電気系統の故障によるアメ横センタービルの停電により、店舗の営業時間を急遽pm16:00までと変更させて頂きました。ご来店を予定されていたお客様にはご迷惑をお掛けしまい本当に申し訳ございません。明日は通常通りam10:00より店舗営業を再開しますので、皆様のご来店をスタッフ一同でお待ちしております。

年末恒例

年末恒例の振り返りと言うコトで「SHOES MASTER」ブログに掲載して頂きました。

2016年 本当によく履いたベスト10足 ~ミタスニーカーズ編~前編
2016年 本当によく履いたベスト10足 ~ミタスニーカーズ編~後編
1

年間でかなりの数が増え続けるスニーカー達。インラインモデルの方が足数は圧倒的に多いのですが、ウェアリングテストを兼ねて履く回数が多いと言うコトもあって、毎年コラボレーションモデルに限定してチョイスさせて頂いています。毎年思いますが、10足になんて本当は絞れないですね、、、

追記
併せて毎年恒例のこんなポストも。
/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/taxonomy-blog_author.php