EYESCREAM.JP – For Creative Living

teamLab

teamLab

プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、絵師、数学者、建築家、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、編集者など、デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。アート・サイエンス・テクノロジー・クリエイティビティの境界を曖昧にしながら活動している。

141010_night_01_R
チームラボ、キャナルシティ博多で開催する『キャナルみらいクリスマス』にて、高さ約10m、約6.5万個(昨年の1.3倍)のFull Color LEDチップによる「動く光の彫刻」である「クリスタルツリー2014」を発表。

「クリスタルツリー2014」は、お客様がお手持ちのスマートフォンでオーナメントを選んで投げると、ツリーに、巨大な光の立体物が出現して飾り付けられたり、館内設置のタッチパネルに触って、実際のツリーを立体的に動かすことができたりと、その場にいる人たちが参加することができるクリスマスツリーです。

また「クリスタルツリー2014」は、昼間は巨大な直方体のオブジェである「クリスタルキューブ」に様変わりし、太陽の光を受けて輝きます。
141010_noon_01_R

期間は2014年11月8日(土)~12月25日(木)まで。

クリスタルツリー2014:http://canalcity.co.jp/news/event/449
展示詳細:http://www.team-lab.net/latest/case/crystaltree2014.html

■導入作品

クリスタルツリー / The Crystal Tree 
チームラボ, 2014
141010_night_01_R
[youtube]http://youtu.be/Hng9ke3Xzw0[/youtube]
作品:http://www.team-lab.net/all/products/crystaltree.html



■デコレーションの手順

・スマートフォンの場合
131112_iphone_01_R
スマートフォンのブラウザからアクセスし、用意されたオーナメントの中から、気に入ったものを一つ選ぶことができます。『クリスタルツリー2014』に向けてスワイプすると、選んだオーナメントで、ツリーを実際にデコレーションすることができます。みんなで気持ちを込めてデコレーションした巨大な光のクリスマスツリーは、世界でたった一つのクリスマスツリーになります。

1:ページにアクセス
deco_001_start_R
「クリスタルツリー2014」周辺で、お手持ちの端末のWi-FiをONにして、表示されるネットワークの中から、「CrystalDecoration」または「CrystalDecoration_g」を選択してください。インターネット(Safari、Google Chromeなどのブラウザ上)で新しくページを開くと、自動的にデコレーションできるページ「christmasdeco.jp」が開きます。

2:好きなオーナメント(飾り)を選択
deco_002_select_R 好きなオーナメント(飾り)を選び、アイコンを画面上部までスライドさせると、ツリーに飾りつけができます。

3:様々な演出
deco_004_move_R
飾りつけたオーナメント(飾り)がいっぱいになると、ツリーの周りを回転しながら虹になって空に届けられます。

・会場に設置されたタッチパネルの場合
CrystalTree08
「クリスタルツリー2014」を揺らすなどのエフェクトを加え、特別な演出を楽しむことができます。
タッチパネル設置場所:B1F サンプラザステージ

【開催概要】
キャナルみらいクリスマス
会期:2014年2014年11月8日(土)~12月25日(木)
会場:キャナルシティ博多B1Fサンプラザステージ(〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉1丁目2
点灯時間:18:00~24:00
※11月8日(土)は19:00~
※天候等の都合により、変更となる場合がございます。
http://canalcity.co.jp/

【クリスタルツリー点灯式】
日程:2014年11月8日(土)
点灯式:19:00~
スペシャルゲスト:中島美嘉
これまで発表してきたアート作品と遊園地を一度に体験できる世界初の企画展『チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地』を、日本科学未来館(東京)にて開催。チームラボのデジタルアート7作品と「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」の7作品を日本科学未来館にて同時公開。
2014年11月29日(土)~2015年3月1日(日)まで。


チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地 特設ページ:http://odoru.team-lab.net/

■出品作品

■踊る!アート展

Flowers and People, Cannot be Controlled but Live Together, for Eternity – Tokyo / 花と人、コントロールできないけれども共に生きる、そして永久に – Tokyo
チームラボ, 2014, インタラクティブデジタルインスタレーション, 音楽: 高橋英明
untitled
作品:http://www.team-lab.net/all/art/flowerandpeople-tokyo.html
作品動画:http://youtu.be/I8dzE1qd3FM

冷たい生命 / Cold Life
チームラボ, 2014, デジタルワーク, 2160×3840 pixels, 7min 15sec(ループ), 書: 紫舟
cold_life04_main_R
作品:http://www.team-lab.net/all/art/coldlife.html
作品動画:http://youtu.be/WT3ppJN7I8E

生命は生命の力で生きている/ Life survives by the power of life
チームラボ, 2011, アニメーション, 6min 23sec (9:16), 書: 紫舟
Life-survives-by-the-power-of-life
作品:http://www.team-lab.net/all/art/life.html
作品動画:http://youtu.be/jFTFVBb_K0A

花と屍 剝落 十二幅対 / Flower and Corpse Glitch Set of 12
チームラボ, 2012, デジタルワーク, 1min 50sec (9:16 × 12)

作品:http://www.team-lab.net/all/art/flowerandcorpseglitch.html
作品動画:http://youtu.be/hXLa4s3TnyY

Nirvana
チームラボ, 2013, アニメーション, 6min 20sec (9:16 x 8)
Nirvana_main_R
作品:http://www.team-lab.net/all/art/nirvana.html
作品動画:http://youtu.be/J5aGNryim5c

追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点 – Light in Dar / Crows are chased and the chasing crows are destined to be chased as well, Division in Perspective – Light in Dark
チームラボ, 2014, デジタルインスタレーション, 4min 20sec, 音楽:高橋英明
saga_main_R
作品:http://www.team-lab.net/all/art/crows_dark.html
作品動画:http://youtu.be/H1moI-v8rLQ

世界はこんなにもやさしく、うつくしい
紫舟+チームラボ, 2011, インタラクティブアニメーションインスタレーション, 書: 紫舟, 音楽: 高橋英明
作品:http://www.team-lab.net/portfolio/loving/whatloving.html
作品動画:http://youtu.be/xFPStMgxgTQ

■学ぶ!未来の遊園地

3Dお絵かきタウン / 3D Sketch Town
チームラボ, 2014
3DSketchTown_main_R
作品:http://www.team-lab.net/all/products/sketchtown.html
作品動画:http://youtu.be/k56lQomquck

お絵かき水族館 / Sketch Aquarium
チームラボ, 2013
Aquarium_main_main_R
作品:http://www.team-lab.net/all/products/aquarium.html
作品動画:http://youtu.be/AnAqB7LZUb8

天才ケンケンパ / Hopscotch for Geniuses
チームラボ, 2013
182b4b14bc8cd28c44518dc893f9a5e7_R
作品:http://www.team-lab.net/all/products/kenkenpa.html
作品動画:http://youtu.be/gzVZ_4lBlJ8

光のボールでオーケストラ / Light Ball Orchestra
チームラボ, 2013, インタラクティブインスタレーション, 音楽: 高橋英明
140323ball1_R
作品:http://www.team-lab.net/all/products/orchestra.html
作品動画:http://youtu.be/R8qinL2-U8c

メディアブロックチェア / Media Block Chair
チームラボ, 2012, インタラクティブチェア
mediablock_06281_R
作品:http://www.team-lab.net/product/mediablockchair.html
作品動画:http://youtu.be/dYk5auu_9m0

つながる!積み木列車 / Connecting! Train Block
チームラボ, 2014
140320_tsumiki_01_R
作品:http://www.team-lab.net/product/trainblock.html
作品動画:http://youtu.be/q01BH89K0ww

小人が住まうテーブル / A Table where Little People Live
チームラボ, 2014
140320_kobito_net_R
作品:http://www.team-lab.net/product/kobitotable.html
作品動画:http://youtu.be/TU56Sxo9-i0
Story of the Time when Gods were Everywhere / まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり
紫舟+チームラボ, 2013, インタラクティブデジタルインスタレーション, 書: 紫舟, 音楽: 高橋英明
140323kamisama_R
作品:http://www.team-lab.net/all/products/stgse.html
作品動画:http://youtu.be/7uwNffljqUI
【開催概要】
チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地
会期:2014年11月29日(土)~2015年3月1日(日)
会場:日本科学未来館 (〒135-0064 東京都江東区青海2−3−6
開館時間:10:00~17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:
毎週火曜休館。但し、2014年12月23日(火・祝)2015年1月6日(火)は開館。
年末年始休館:2014年12月28日(日)~2015年1月1日(木)
料金:
前売料金
大人(19歳以上)/1,600円 中人(小学生〜18歳)/1,000円(土曜は920円) 小人(3歳〜小学生未満)/700円
当日料金
大人(19歳以上)/1,800円 中人(小学生〜18歳)/1,200円(土曜は1,100円) 小人(3歳〜小学生未満)/900円
主催:日本科学未来館/チームラボ/日本テレビ放送網/BS日テレ
共催:ゆりかもめ
協賛:
日本マイクロソフト株式会社 http://www.microsoft.com/ja-jp/default.aspx
株式会社PFU http://scansnap.fujitsu.com/jp/howto/documents/casestudy/team_lab.html
ソニー株式会社 http://www.sony.co.jp/
ぺんてる株式会社 http://www.pentel.co.jp/
後援:文部科学省、TOKYO FM、TOKYO MX、テレビ神奈川、りんかい線
URL:http://odoru.team-lab.net/
佐賀県有田町にて、メディアアートの展覧会『Media Butterfly in Arita』が開催。チームラボは、佐賀県立九州陶磁文化館にて新作「世界は、解き放たれ、そして、連なっていく – 有田焼」を、深川製磁本店にて「お絵かきタウン」in 有田を展示。期間は2014年11月1日(土)~11月23日(日)まで。

なお、11月1日(土)は、チームラボ猪子による、ギャラリートークを実施します。

Media Butterfly in Arita:http://www.sagamb.jp/
展示詳細:http://www.team-lab.net/latest/exhibition/mediabutterfly-saga.html

■出品作品

▼佐賀県立九州陶磁文化館

世界は、解き放たれ、そして、連なっていく – 有田焼
チームラボ, 2014, 音楽:高橋英明
kodo
[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=dKl9MOR3C8g&[/youtube]
作品:http://www.team-lab.net/all/art/aritaware400world.html

400年連続する有田焼。

有田焼は、400年間、その時代時代のつくり手たちが見ていた美しい世界を、凝縮し、有田焼に閉じ込めてきたとも言えると思っています。そして、その美しい世界が有田焼を通じて、世界へと届いていたのだと思うのです。

現代でいうメディアというものがほとんどなかった時代、もちろん、世界がほとんどつながっていなかった時代 に、長らく、有田焼は、世界をまたぐメディアとして、日本の美しい風景を、世界へ届けていたのだと思うのです。

凝縮し閉じ込められていた、それぞれの時代の美しい世界を、今、もう一度、解き放ち、400年間の時空を超えて、連なり、広がっていく世界を描きます。そして、連なり、広がっていく世界は、未来へ続いていくのです。

大きな壁の前に並べられた有田焼の皿は、人が近づくと、有田焼に閉じ込められた世界が、その有田焼から解き放 たれ、映像として、空間に広がっていきます。

そして、それぞれの有田焼から解き放たれた世界は、互いに影響し、全体で、大きな新しい世界をつくっていきます。

▼深川製磁本店

お絵かきタウン in 有田 / Sketch Town in Arita
チームラボ, 2014
SketchTown_okinawa_R_R
作品:http://www.team-lab.net/all/products/sketchtown.html
動画:http://youtu.be/MBBVoPLDOdk

【開催概要】
Media Butterfly in Arita
会期:2014年11月1日(土)〜 11月23日(日)
会場:
佐賀県立九州陶磁文化館(佐賀県西松浦郡有田町戸杓乙3100-1
深川製磁本店 1階(佐賀県西松浦郡有田町幸平1-1-8
開館時間:
佐賀県立九州陶磁文化館:9:00〜17:00
深川製磁本店:9:00~17:00
休館日:
佐賀県立九州陶磁文化館:11月10日(月)、11月17日(月)。詳細はこちら
深川製磁本店:11月10日(月)、11月17日(月) ※店舗は通常営業しています
料金:無料
URL:http://www.sagamb.jp/

【ギャラリートーク】
日時:2014年11月1日(土)
時間:15:00
会場:九州陶磁文化館 展示ホール
出演:猪子寿之(チームラボ)
※事前申し込みなどは不要です

0_top_R

博報堂生活総研が22年にわたり調査した、生活者意識に関する統計データ『生活定点』特設サイトを、チームラボが制作。生活定点公開データをもとに、回答同士の相関度が高い項目がわかる「似てるかもグラフ」、グラフの形からデータを探す「逆引き」、グラフの推移を「自動で解説」するテキストなどのコンテンツを開発。一見敬遠しがちな膨大な統計データを、身近なものとして楽しめるデザインとしました。

4-5

特徴

1. 回答同士の相関度が高い項目がわかる、「似てるかもグラフ」

約1,500項目のグラフ推移を対象者タイプ(19種類)別に総当たりで比較し、形の似ているグラフを自動抽出。約42,000,000通りの組み合わせから、回答同士の相関度の高い項目を表示しました。
似てるかもグラフは、そのままSNSなどでシェアできます。
※類似データの算出方法:各グラフの推移(前回比)をベクトルとみなし、2グラフ間のベクトルのなす角度からコサイン類似度を算出。 その値をグラフの近さを表す評価値として、上位のものを自動抽出して表示しています。


1_1_R

1_2_R

2. 7種類のグラフの形から、データを「逆引き」

特徴的な7つのパターンをもつグラフを、自動抽出してリストアップ。「全体的に上り調子」「ここ2年で最も上昇」「山型」「V字回復」などの推移を追うことで、時代の傾向を俯瞰的にとらえることができます。


2_R


3. 膨大な数のグラフを「自動で読み解く」解説テキスト

約29,000件すべてのグラフの推移を自動で読み解き、調査結果の解説テキストを生成。概況だけでなく、男女差・地域差・年代差の時代ごとの変化まで、グラフを見なくても把握することができます。
※自動解説の対象ページは、折れ線グラフの表示された回答ページの解説本文部分です。

3_R



【サイト情報】
名称:博報堂生活総合研究所『生活定点』特設サイト
公開日:2014年10月22日(水)
URL:http://seikatsusoken.jp/teiten2014/


■博報堂生活総合研究所とは

30年以上にわたり、生活者研究を続けてきた株式会社博報堂のシンクタンク。人間を「まるごと」観て、生活の未来を考える、「生活者発想」を実践・推進する研究所です。
F&P4_2_R 

Japan Society(ニューヨーク)にて、展覧会『Garden of Unearthly Delights: Works by Ikeda, Tenmyouya & teamLab』を開催。チームラボは、「世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う」、「増殖する生命 – Gold」、「増殖する生命 – Dark」、「生命は生命の力で生きている」の4作品を展示する他、新作のインタラクティブなデジタルアート作品「花と人 – Gold and Dark」を発表します。

期間は2014年10月10日(金)~2015年1月11日(日)まで。

Garden of Unearthly Delights: Works by Ikeda, Tenmyouya & teamLab:http://www.japansociety.org/page/programs/gallery/garden-of-unearthly-delights
展示詳細:http://www.team-lab.net/latest/case/japansociety.html

■出品作品


花と人 – Gold and Dark / Flowers and People – Gold and Dark
チームラボ, 2014, インタラクティブデジタルインスタレーション, 高橋英明
F&P2_2_R

生命は生命の力で生きている/ Life survives by the power of life
チームラボ, 2011, アニメーション, 6min 23sec (9:16), 書: 紫舟
Life-survives-by-the-power-of-life
作品:http://www.team-lab.net/all/art/life.html
作品動画:http://youtu.be/jFTFVBb_K0A

増殖する生命 – Gold/ Ever Blossoming Life – Gold
チームラボ, 2014, デジタルワーク, エンドレス
Life-survives-by-the-power-of-life
作品:http://www.team-lab.net/all/pickup/everblossominglife.html
作品動画:http://youtu.be/V3sPEJckUZc

増殖する生命 – Dark/ Ever Blossoming Life – Dark
チームラボ, 2014, デジタルワーク, エンドレス
Ever Blossoming Life – Dark
作品:http://www.team-lab.net/latest/case/japansociety.html
作品動画:http://youtu.be/s1LejUV_5v4


世界は、統合されつつ、分割もされ、繰り返しつつ、いつも違う/ United, Fragmented, Repeated and Impermanent World
チームラボ, 2013, インタラクティブデジタルワーク, (9:16 x 8), 音楽: 高橋英明
United, Fragmented, Repeated and Impermanent World
作品:http://www.team-lab.net/all/art/ufri.html
作品動画:http://youtu.be/GO-qoW9ZgFU

【開催概要】
Garden of Unearthly Delights: Works by Ikeda, Tenmyouya & teamLab
会期:2014年10月10日(金)~ 2015年1月11日(日)
会場:Japan Society(333 East 47th Street New York, NY 10017
開館時間
火~木曜日:11:00〜18:00
金曜日:11:00~21:00
土曜日・日曜日:11:00~17:00
休館日:月曜日・祝日
観覧料:
一般:$12、学生・シニア:$10、ジャパン・ソサエティ・メンバー・16歳以下:無料
※金曜日18:00~21:00は入場料無料
参加アーティスト:池田学、天明屋尚、チームラボ
URL:http://www.japansociety.org/

■Garden of Unearthly Delights: Works by Ikeda, Tenmyouya & teamLab
http://www.japansociety.org/page/programs/gallery/garden-of-unearthly-delights

<協力>
Sony Electronics Inc.
http://www.sony.com/

 
/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/taxonomy-blog_author.php