EYESCREAM.JP – For Creative Living

teamLab

teamLab

プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、絵師、数学者、建築家、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、編集者など、デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。アート・サイエンス・テクノロジー・クリエイティビティの境界を曖昧にしながら活動している。

チームラボが、ArtScience Museum(シンガポール)開催の「i Light Marina Bay」にて、「What a Loving, and Beautiful World – Artscience Museum」を展示します。2016年3月4日(金)〜3月27日(日)まで。

i Light Marina Bay: http://www.ilightmarinabay.sg/
展示詳細: http://intro.ilight.team-lab.com/

■展示作品
What a Loving, and Beautiful World – Artscience Museum
teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless, Calligraphy: Sisyu, Sound: Hideaki Takahashi 作品: https://www.team-lab.net/jp/works/wlbw-artsciensemuseum
作品動画: https://youtu.be/8_nTJEWh9QY

鑑賞者は各々のスマートフォンで好きな文字を選択し、ArtScience Museumに向かって投げ込むと、ArtScience Museumに、その文字がもつ世界が表れ、世界を創っていく。そして文字から生まれたものたちは、世界の中で互いに影響し合う。

ArtScience Museumの壁面に広がる世界の裏側には、360度広がる空間があり、文字から生まれたものたちは、空間上のそれぞれの位置や、それぞれが持つ知能や関係性、物理的な影響などによって、互いに影響を受け合いながら、空間上でリアルタイムに計算され、複雑かつ自然な世界をつくっていく。風が吹けば、風の物理的な影響を受け、蝶は火が嫌いだけれども、花が好きで、花に近づいていく。自然の景色に同じ瞬間がないように、同じ瞬間は二度となく、常に初めて見る景色を創り出す。

漢字が亀の甲羅や牛や鹿の骨、青銅器に刻まれていたころ、漢字の一文字は、ひとつの世界の部分を持っていた。漢字を通して鑑賞者どうしが呼び出した世界は、連続し、互いに相互作用を与えながら、世界は創られていく。

【開催概要】
iLight Marina Bay
会期: 2016年3月4日(金)〜3月27日(日)
会場: Maina Bay Waterfront
時間: 19:30〜23:00(金曜、土曜は24時まで延長)
休館日: なし
料金: free
i Light Marina Bay: http://www.ilightmarinabay.sg/
展示詳細: http://intro.ilight.team-lab.com/
機材協力: Panasonic

■Panasonic
http://www.panasonic.com/jp/home.html
総合エレクトロニクスメーカー。ブランドスローガンである”A Better Life, A Better World”の実現を目指す。
プロジェクターや業務用ディスプレイを駆使したビジュアルソリューションをはじめ、多様なBtoBソリューションを提供。
iLight Marina BayのOfficial Projection Partnerとして、多彩な映像表現をサポート。

 

チームラボが、六本木ヒルズ大屋根プラザにて開催の「雪肌精“ハーバルの泉” – ART by teamLab」にて、水面がセンシングされ、花々が、水に入る人々とともにインタラクティブに変化する作品「Flowers and People on the Water – Spring of Herbal Flowers」を展示します。2016年3月1日〜3月6日まで。

参加方法: 本イベントは、水面にプロジェクションされた映像が、ご自身の動きに合わせて変化する様子を楽しむ、素足でお楽しみ頂く体験空間です。会場には、簡易な靴の着脱スペースを設置していますが、脱ぎやすい靴や靴下でご来場ください。また、会場スペース内には、観覧スペースもご用意しておりますので、観覧のみをご希望の方にもお楽しみ頂ける仕組みとなっております。ぜひお気軽にお立ち寄りください。

展示詳細: http://herbal-no-izumi.com/

■出品作品
Flowers and People on the Water – Spring of Herbal Flowers
teamLab, 2016, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
作品: https://www.team-lab.net/jp/works/fandp-herbal

水面に咲く花々。水面はセンシングされ、花々は水に入る人々とともにインタラクティブに変化する。
和漢の草や花々をモチーフにしており、和漢の1年間の花々が移り変わっていく。

花は生まれ、成長し、つぼみをつけ、花を咲かせ、やがて散り、枯れて、消えていく。つまり、花は誕生と死滅を、永遠と繰り返し続ける。 花々は、水の中での人々のふるまいの影響を受ける。花々は、人々が激しく動くといっせいに散り消えていき、人々がじっとしているとより多く生まれ咲き渡る。

作品はコンピュータプログラムによってリアルタイムで描かれ続けている。あらかじめ記録された映像を再生しているわけではない。全体として以前の状態が複製されることなく、鑑賞者のふるまいの影響を受けながら、変容し続ける。今この瞬間の絵は二度と見ることができない。 

【開催概要】
雪肌精“ハーバルの泉” – ART by teamLab
日時: 2016年3月1日(火)〜3月6日(日)
会場: 六本木ヒルズ大屋根プラザ(港区六本木6-10-1
営業時間: 2016年3月1日(火)18:00~20:00、3月2日(水)~6日(日)11:00~19:00
料金: 無料 ※事前予約は不要です。直接ご来場ください。
主催: 株式会社コーセー

■雪肌精
http://www.sekkisei.com/

スキップ選考ogp

チームラボが、会社説明会と内定直結型のエンジニア採用イベントを開催。事業内容やどんな人が働いているのか等、チームラボの中身をお話します。また通常、課題を含めて3回程の選考フローとなりますが、今回はたった2日でチームラボの選考が受けられ、最後の個別面接を通過された方にはその場で内定をお出しします。
チームラボでは採用人数に上限が無い為、どの方にもチャンスがありますので、この機会を逃さず是非ご参加ください。

■当日の流れ
<1日目>
会社説明(自社説明、実績紹介、オフィスツアー)

アルゴリズムコンテスト(課題) ※参加は任意

アルゴリズムコンテスト(課題)の審査後、結果連絡

個別ディスカッション
※一人ずつとなるため、お待ちいただくお時間を頂戴いたします。何卒ご了承ください。

<2日目>
個別面接

個別ディスカッション
※取り組んだ課題についてチームラボCTOとディスカッション。ディスカッション通過者は個別面接に進みます。

個別面接
※チームラボCTOと個別面接

【概要】
日時: 2016年3月19日(土)10:00~、3月20日(日)10:00~
第1部: 3月19日(土)10:00〜11:00の会社説明に参加
第2部: 3月20日(土)14:30〜15:30の会社説明に参加
3月20日(日)10:00~17:30のうち、いずれか1タームで個別面談
※どの会社説明にご参加いただくかは、予約受付完了後にアカリクからご連絡いたします
※第1部または、第2部のスケジュールにご参加いただいたのち、選考希望者は、アルゴリズムコンテスト(課題)に参加いただきます
参加対象: 2017年4月1日に入社可能で、授業・趣味・研究等でプログラミング経験がある方
※文理/専攻不問(学部生・修士・博士・ポストドクター)
※プログラミング経験やIT業界への志望度等について確認をさせていただく場合がございます。
 既にチームラボの2017年度新卒採用選考を受けられた方は参加出来ませんので、ご了承ください。
場所: チームラボ(東京都文京区本郷1-11-6東接本郷ビル5階
参加費: 無料
主催: チームラボ株式会社(teamLab Inc.)
協力: 株式会社アカリク
事前予約締切: 2016年3月17日(木)19:00まで
定員: 30名(事前予約制)
※下記ページよりご予約ください。
https://acaric.jp/event/pages/teamlab_seminar_20160319/

 

「teamLab Exhibition: Dance Through the Crystal Universe」を、あすたむらんど徳島 子ども科学館にて開催。「Crystal Universe」を展示します。また、四季彩館 多目的ホールにて、「光のボールでオーケストラ」を特別展示します。期間は、2016年2月27日(土)〜5月8日(日)まで(「光のボールでオーケストラ」のみ、3月31日(木)まで)

また、2月27日(土)10:00〜、子ども科学館 特別展示室前にてオープニングセレモニーにて、主催者・共催者(県・あすたむらんど徳島)及び、チームラボ代表猪子によるテープカットを行います。
参加者には、チームラボステッカー(先着100名限定)をプレゼントします。

詳細: https://www.team-lab.net/jp/exhibitions/crystaluniverse-tokushima

■出品作品
Crystal Universe / クリスタル ユニバース
teamLab, 2015, Interactive Installation of Light Sculpture, Endless, Sound: teamLab
作品: https://www.team-lab.net/jp/works/crystaluniverse
作品動画: https://youtu.be/XCH6RE5Q78s

光のボールでオーケストラ / Light Ball Orchestra
teamLab, 2013-, Interactive Installation, Sound: teamLab
作品: https://www.team-lab.net/jp/works/orchestra
作品動画: http://youtu.be/R8qinL2-U8c

【開催概要】
teamLab Exhibition: Dance Through the Crystal Universe
日時: 2016年2月27日(土)〜5月8日(日)
※「光のボールでオーケストラ」は、特別展示のため、3月31日(木)まで
※2月27日(土)のみ、10:00〜オープニングセレモニーにつき、入場はセレモニー後となります
会場: あすたむらんど徳島 子ども科学館 特別展示室(徳島県板野郡板野町那東字キビガ谷45-22
※光のボールでオーケストラ展示会場: あすたむらんど徳島 四季彩館 多目的ホール
時間: 9:30〜16:30
料金: 中学生以上: 510円、小中学生: 200円、小学生以下: 無料  ※常設展示観覧券が必要
主催: 徳島県
共催: あすたむらんど徳島
企画協力: チームラボ
URL: http://www.asutamuland.jp/

スパリゾートハワイアンズ(福島県)にて、「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地- inハワイアンズ」を開催します。チームラボが進める教育プロジェクト「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-」の中から、「お絵かき水族館」、「お絵かきふなっしー」、「光のボールでオーケストラ」、「天才ケンケンパ」、「小人が住まうテーブル」の、計5作品を展示します。期間は2016年3月19日(土)〜5月29日(日)まで。

展示詳細: http://island.team-lab.com/event/hawaiians

■出品作品
お絵かき水族館 / Sketch Aquarium
teamLab, 2013, Interactive Digital Installation
作品: https://www.team-lab.net/jp/works/aquarium
作品動画: http://youtu.be/AnAqB7LZUb8

お絵かきふなっしー / Sketch Funassyi
teamLab, 2014-, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi, teamLab
作品: https://www.team-lab.net/jp/works/sketchfunassyi
作品動画: http://youtu.be/kiiVamXFMyA

光のボールでオーケストラ / Light Ball Orchestra
teamLab, 2013-, Interactive Installation, Sound: teamLab
作品: https://www.team-lab.net/jp/works/orchestra
作品動画: http://youtu.be/R8qinL2-U8c

天才ケンケンパ / Hopscotch for Geniuses
teamLab, 2013-, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi, teamLab
作品: https://www.team-lab.net/jp/works/kenkenpa
作品動画: https://youtu.be/JoSRpgAqD-I

小人が住まうテーブル/ A Table where Little People Live
teamLab, 2013, Interactive Digital Installation
作品: https://www.team-lab.net/jp/works/kobitotable
作品動画: http://youtu.be/2n-DU58jjKE

▼チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地- とは
社会の変化は今後ますます加速していき、テクノロジーは急激に発達し、現状ある多くの仕事は機械によって代行されていくだろうと考えられています。

私達は、今の子どもたちが、30年後にどんな仕事をしているか、想像できません。

今後の社会では、人間にしかできないこと、つまり、創造性が、最も大事になってきていくのです。

人間は本来、創造的です。しかし、現状の教育では、正解が常にひとつだけで、他はすべて不正解という問題の訓練ばかりです。逆に、自由な発想や他人と違った行動は、正解にならないどころか、まちがったものとして矯正されます。それによって、無自覚に間違えを恐れ、本来の創造性を失っていっているのです。

しかし、実際の社会には、正解がひとつだけで、他はすべて不正解だという問題なんてありません。次々に新たに生み出すことが可能な無限にある解答の中から、他人が喜ぶ解答を創り出せば、それが新しい正解だという問題ばかりなのです。

創造性は、インタラクティブで、はっきりとした境界があるわけではなく、様々な分野の相互作用で、明確な正解も不正解もない問題を乗り越えていくのです。

そして、現状、テストは個人で受け、個人の能力で評価されます。知らずに、個人主義を徹底的に叩き込まれているのです。さらに、現代の多くの人々は、スマートフォンに夢中になっています。脳は、スマートフォンを通して誰かとつながっているかもしれないが、身体は徹底した個人になってしまっているのです。

人間は、他者とともに、あらゆる体験を通してこの世界について学んでいますし、動きながら身体でものを考えています。そして、人間は、チームで創造的な成果を出し、社会を発展させているのです。

共同的で創造的な体験、つまり、「共創」の体験、それが、今、人々にとって非常に大事なのではないかと考えています。

同じアート空間で、自由に体を動かし、互いに影響を与えながら、共創の体験を楽しむ場を創っていけないだろうか。そして、そのような体験を楽しむことを通して、日々を共創的なものへ変えていけるのではないだろうか、そういう願いから生まれたプロジェクトなのです。
http://island.team-lab.com/

「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」は、2013年11月に沖縄のデパート「リウボウ」にて初めて展示を行い、その後、三重、大阪、福岡の開催を経て、ヨーロッパ初ミラノサローネ2014に出展。また、チームラボがこれまで発表してきたアート作品と遊園地を一度に体験できる世界初の企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」を、2014年11月、日本科学未来館で開催し、約47万人を動員しました。また、「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-」の国内・海外累計来場者数が200万人を達成しました。

〈チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-〉
<開催中>
埼玉「ららぽーと富士見」(4/10~)※初常設店舗
http://island.team-lab.com/event/lalaportfujimi/

<その他 イベント詳細>
http://island.team-lab.com/#event

【開催概要】
チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地- inハワイアンズ
会期: 2016年3月19日(土)〜5月29日(日)
※但し、4月6日(水)から4月28日(木)・5月9日(月)から5月29日(日)までは土日のみ開催
会場: スパリゾートハワイアンズ(福島県いわき市常磐藤原町蕨平50
開館時間: 10:00~17:00
1: 10:00~ 2: 11:30~ 3: 13:00~ 4: 14:30~ 5: 16:00~
※お客様の安全確保と混雑緩和のため入替制となります
※各回60分・先着200名様となります(会場入り口にてご希望のセッションの入場券をお買い求めください。)
※入場には施設入場券が別途必要になります
料金: 500円(60分) ※2歳以下無料 
※各回60分・先着200名様となります
※入場には施設入場券が別途必要になります
問い合わせ: 0570-550-550(ナビダイヤル)
主催: スパリゾートハワイアンズ
協力:ぺんてる株式会社
詳細: http://island.team-lab.com/event/hawaiians

 

 

/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/taxonomy-blog_author.php