EYESCREAM.JP – For Creative Living

矢口正和

矢口正和

長野県松本市でセレクトショップANOTHER LOUNGEを開業して14年。自然豊かな地方都市で洋服文化を探求しながら松本の個性豊かな人々と出会う毎日。また好奇心旺盛な2人の子供と野山を駆け回る40代青春真っ只中。街に山に川にカメラ片手にあっちこっち。趣味は、写真・登山・キャンプ・スノーボード・釣り・椅子・北欧。

_DSC2043

私といえば夏は白馬に必ず一度か二度お邪魔する。

それは家族での山歩きの為。

でも、冬は行かない。

それは雪深く、ウィンタースポーツから遠ざかっている私は車で40分くらいの場所でも難儀さを感じるから。

でも、スノーシューを手に入れた今、そして次シーズンからスノボ復活を考えている私はこれからは冬も行く場所となるのかも。

 

そんな白馬村に「THE NORTH FACE GRAVITY」がオープンした。

写真で見る限り、2階のラウンジフロアの使い方が贅沢、素敵。

なんと私、来月8月には2回も白馬に行く予定が入っています。

山登りのあと、出来たばかりの「THE NORTH FACE GRAVITY」見学と隣にある「パタゴニア白馬」でスタッフのぐっさんに会ってこようかと。

 

さて、長野県においても一つの文化圏を形成する白馬エリア。

大昔のバブル期には一大レジャーエリアとして自然豊かな場所の良さとはかけ離れた地域開発・地域発展が隆盛し、でも弾けた後はひどい有り様で、廃墟化していた姿を思い出す。

あれから20年・・・

山地水明、綺麗な山があり川があり、大きなスキー場があり、国内外からの集客を徐々に取り戻しつつある今の白馬は日本屈指のマウンテンリゾートとして傍から見るとなんとなく良い形で再成型されつつあるのかと思う。

この感覚は過去の一過性好景気を味わった地元の人からするとまだまだ決して安堵できるものではないのでしょうが、アウトドアに関する大手商業施設の複数出店は何かの切っ掛けがそこには存在するのだろうから。

人口減、景気の低空維持飛行、少子高齢化社会の日本でのマウンテンリゾートモデルケースとしてこれからの白馬のブランディングに期待したいところ。

だって、とにかくとっても美しい景色のある場所なんですもの白馬って!!

 

惜しむらくは白馬、道路のアクセスが悪い。

(これには賛否あるかと思いますが)地域活性と言う意味では、中央道安曇野インターから北陸道糸魚川インターまで伸びるハイウェイがあれば北アルプスエリアへの関東&関西圏からのアクセスが良くなり利便性が上がる。

また、今は白馬の方のお買い物都市は長野市ですが、高速が通ればきっと松本にも流れがあるはず。

外国人観光客も同じく、スキーと松本城&観光的なもっと白馬⇔松本の往来が増えるはず。

安曇野在住、地元に住む私個人の見解としても利便性の向上を期待して一本ほしい道です。

このアクセス改善は近しい将来に期待したい。

 

写真は文脈とは無関係、昨日一週間強の日程を終え閉幕した舞台「空中キャバレー」のオープニンシーン。

観客と出演者が入り混じるこの舞台の序章。

来年のこの時期は歌舞伎。

夏の芸術館の企画はとにかく楽しく、毎年恒例で見に行こうと思った私です!!

安曇野夏景

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

空の青が深く、田の緑が深い。

安曇野の夏景。

早朝から黄昏まで全ての時間気持ちが良い。

Milok島田さん

596A7978国内メンズレーベルMilokデザイナー島田さん、古き良きものを愛する男。

2日間当店でヴィンテージ眼鏡、ヴィンテージシューズ、アンティークリメイクアクセサリー展を開催、盛り上げていただきました。

島田さん、ありがとう!!

http://www.milokweb.com

 

写真は左から私、島田さん、島田氏ファンのお客様。
596A7881596A7893596A7862 596A7863 596A7864 596A7865 596A7866596A7870 596A7871596A7873

今日明日と「SHIMADANTIQUES行商」を始め、VINTAGE靴、VINTAGE眼鏡&サングラス、オールドキリム/絨毯のクッション、3MWドックギア、など古き良き物と現代の手仕事にフォーカスしたアイテムを[Milok]デザイナー島田さんが持ってきての展開開催中です!!
_DSC2247

昨日は展示会出張で東京へ。

梅雨明け後の東京、快晴時の暑さにビビリながらも風の強い一日でさほど暑さに参いる事無く7件の展示会を拝見して参りました。

 

展示会のほとんどが来年2016春夏コレクション。

パリコレなど海外の展示会に出展されている国内レーベルが増えていることと相まって、インポートブランド展示会と同じ早いタイミングで国内ブランドも春夏コレクションを開催するところがここ数年増えてきた印象。

まぁ~、真夏の暑い中で真冬の暖かい商品のセレクトを考えるよりは1年先の同じ季節の商品の方がずっと考えやすく良いですけどね!!

 

とにもかくにも11月まで続く展示会シーズンのスタートです!!

沢山の心弾む服との出会いを楽しみに、沢山の展示会を拝見してきます!!

_DSC2304_DSC2333_DSC2503_DSC2476_DSC2501_DSC2367_DSC2568
/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/taxonomy-blog_author.php