EYESCREAM.JP – For Creative Living

RiCE3号発売、大阪でイベントやります。

又吉直樹「劇場」発売記念 若木信吾 写真展"turtle"開催

稲田浩

稲田浩

編集者、ライスプレス代表。「ROCKIN’ON JAPAN」「bridge」「H」編集部を経て「CUT」で副編集長に就任。「rockin’on」の副編集長を務めた後、勤続10年を機にロッキング・オンを退社。2004年カルチャー誌「EYESCREAM」を創刊。2011年ファッション&ジャーナル誌「SPADE」を創刊。 2016年4月、12周年記念号をもって「EYESCREAM」編集長を退任と共にライスプレス株式会社を設立。10月にフードカルチャー&ライフスタイル誌「RiCE」を創刊。2016年末に「SPADE」第3号を発売。

又吉直樹「劇場」発売記念 若木信吾 写真展”turtle”開催

ピース又吉直樹さんの芥川賞受賞作「火花」に続く小説第二作「劇場」がいよいよ明後日に発売となりますね。

スクリーンショット 2017-05-09 15.30.57

文芸誌の新潮に掲載されたのをいち早く読みましたが、まあ素晴らしいと思いました。単行本でも買い直して再読するつもり。

ただでさえ主な舞台がなじみ深い下北沢だし、好きな演劇がテーマになっていたり、その周辺のライターたちのリアルな描写もあいまって、個人的にかなり刺さる要素満載。でもそれだけじゃなく、いろんな人にとって特別な一冊になりうる気がします。
この「自分にしかわからないんじゃないか?」と思わせる密やかな歓びって小説ならではだし、他ならぬ文学の力であって、又吉さんの文才が「火花」以上に発揮されているように思いました。もちろんメインとしてある恋愛小説として白眉なのは言わずもがな。

「劇場」発売日には博品館劇場でお渡し会もあるようですが、このサイトの写真を含めてオフィシャルで撮影している若木信吾さんが、「劇場」発売を記念した写真展”turtle”を開催します。

PastedGraphic-6お笑い芸人と小説家、二つの顔を持つ「又吉直樹」という人物の魅力を写真を通して表現するとのことですが、実は先日お伝えRiCE3号のカレー特集でも若木さんに又吉さんを撮り下ろしてもらってまして、その写真も未公開カットを含めて展示されます。

このページについて説明しておきますと、RiCEは初号以来、毎回特集に合わせてファッションページを作ってまして。創刊号は「ごはん」の特集なので「お米屋さん」という設定で三浦貴大さんに、2号目は「魚」の特集なのでサカナクションの山口一郎さんに(ダジャレかよ!)、深夜の釣り人としてモデルになってもらっておりました。
で、今回はカレーの特集なので誰にモデルになってもらおう?と考えていたところ、オイコノミアで又吉さんが「自分のカレー屋をやるのが夢」と語るほどのカレー好きだったことを思い出し、「もし又吉さんが下北沢でカレー屋を開いたら?」をテーマにしたファッションページを作れればとお願いした次第。
「劇場」の発売とタイミングがあったのも、若木さんがオフィシャルでも撮ってることを知ったのもいずれもオファー後なので偶然なんですけどね。偶然を必然に変える又吉さんと若木さんの出会いのマジックに乗っからせてもらおうと。

PastedGraphic-3いずれにしろ、下記が詳細です。

開催期間:2017年5月12日(金)ー6月10日(土)※日曜以外の10時〜21時
開催場所:社食堂(東京都渋谷区大山町18-23 B1)

社食堂とは、SUPPOSE DESIGN OFFICEの東京事務所を社内だけでなく社会に解放しようということで始まった食堂で、若木さんの事務所ヤングトゥリー・プレスもあるので打ち合わせで行きましたが、かなり気持ちいい空間でした。
期間中は、又吉さんをイメージした限定カレーも食べられるとか。
「劇場」のサイン本(限定30冊)の販売に加え、又吉さん掲載のRiCE3号はもちろんバックナンバーも販売予定。

僕自身、出かけるのがとても楽しみ。又吉さんは残念ながら来場の予定はないようですが、フラッと覗きに来てくれるのではないかなぁなんて(割とそういう方みたいなので‥‥)、個人的に予想しております。

では、会場でお会いできれば。
BLOG TOP
/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/single-blog.php