EYESCREAM.JP – For Creative Living

SPOTTED営業日誌(9.1-9.11)

SPOTTED営業日誌(2015.9.12-10.2)

SPOTTED営業日誌(2015.10.3-10.22)
直井卓俊

直井卓俊

SPOTTED PRODUCTIONS主宰。『フラッシュバックメモリーズ3D』(’12/松江哲明)『SRサイタマノラッパー』シリーズ(’09-‘12/入江悠)『劇場版 神聖かまってちゃん』(’11/入江悠)『百円の恋』(’14/武正晴)『ワンダフルワールドエンド』(’14/松居大悟)『私たちのハァハァ』(’15/松居大悟)『MOOSIC LAB』(’12-/V.A.)など、インディペンデント映画を中心に企画・配給・宣伝プロデュースを手がける。

SPOTTED営業日誌(2015.9.12-10.2)

■9.12(土)
『私たちのハァハァ』初日。松居監督とは『自分の事ばかりで情けなくなるよ』『ワンダフルワールドエンド』から本作まで3本一緒に走り抜けた。本当にいろいろ感慨深い。映画の中で文字通り走ってハァハァしてるその息づかいは松居組全員の息づかいに感じる。松居組の勇気ある「実践」でいろんな事を学んだ。詳しくは書かないが松居組での経験は「企画・プロデュース」という事において僕の中に革命を起こしてくれた。そもそも出逢った頃僕は松居作品の良いお客さんではなかった。そこからの今だからより感慨深いのだ。松居監督は1つ上のステージでの新作を、僕は相変わらずインディペンデントな新作に着手している。またきっと合流する時が来ると思う。1つの区切りの時。新たな船出の時。名残惜しくてみんな帰らない打ち上げ。みんな終電あるしとおろおろしてたら池松壮亮君が僕の顔色をさっして「はい!解散!」と声をかけてくれた。帰り際、松居監督と力のこもった握手をして別れた。さてと、次は。ぱぱんが、ぱん。

■9.13(日)
夕方、松本卓也監督のシネマ健康会のイベントへ。『帰ろうYO!』観る。下北沢映画祭で観た時より断然ピンと来る。これぞムーラボな小品。サイボーグかおりのプロモ映像としても抜群に機能している。酒井麻衣監督と松本卓也監督らとトークショー。『ライブハウス レクイエム』はとても企画Pとしてはグランプリ狙える所に持っていけたのになあと悔いの残る1作なのでその思いを語る。MOOSIC LABは面倒くさい映画祭だ。戦いや課題をどこに置くか、頑張るポイント次第では空回りになる。久々の自主映画上映会な空気がなつかしかった。昔はこういう上映会があちこちであったような気がする。ねえ?しまださん。なぜ貴方はこの世にいないのか。軽めの打ち上げで解散。ぱぱんが、ぱん。

■9.14(月)
ユーロスペースで北條さんたちと12月公開の『友だちのパパが好き』MTG。何か本作はいろいろと意見が噛み合っていくのがわかる。自分の多忙過ぎるスケジュール管理の難しさで進行だけが厄介。デザイナーさんに申し訳ない。何とか軌道修正せねば。ぱぱんが、ぱん。

■9.15(火)
橋口亮輔監督最新作『恋人たち』試写。傑作。「いやあすばらしい」という心の声と拍手が自然に出た。もう一度観たい。MOOSIC LAB 2016参加のスズケンことスズキケンタ監督とMTG。核弾頭になってほしい存在だが小さな事をぐちぐち考え過ぎているので、誰にも真似できないスズケン分の特質活かして爆発せいや!…という主旨の話を延々とする。これが若さか…(遠い目)。夜はチャラン・ポ・ランタンのライブを鑑賞。まさにショウタイム。カンカンバルカを従えた時の無敵さがすごい。一緒に観に行ったK君と餃子王将。あれやこれや。ぱぱんが、ぱん。

■9.16(水)
久々の東映ビデオさんで新プロジェクトMTG。『百円の恋』の流れからのお声がけ光栄だし嬉しいしそもそも人生救われたレベルで感謝しかないし断れるわけがない。とはいえうちが本当に力になれるのか?メジャー発注の某企画で散々な目にあってる真っ最中なので慎重にもなる。うちの特質を分かってくれての発注なら大丈夫か。メジャー/インディーのサイズ感はき違えて無茶ぶりしてうまくいかないから全部宣伝のせいだとか言われるのはもうこりごりだ。夜、シネマディクトの谷田社長を囲む会。ぱぱんが、ぱん。

■9.17(木)
朝から宇賀那組『黒い暴動❤』オールスタッフ。チームが若い!平波助監督、カメラマン岩永さん、橋野純平くんと揃うとなぜか脳内にBiSが流れ出す。『アイドル・イズ・デッド』から3年か。また一緒に仕事出来て嬉しい。その後、ユニバーサルさんで井上苑子さん新作MVの打ち合わせ。今回は監督:エリザベス宮地×脚本:酒井麻衣の陽性コラボで挑む事に。どうなることやら。ぱぱんが、ぱん。

■9.18(金)
履歴書を送ってくれたS君と打ち合わせ。いろいろ盛り上がってインターンからやってもらおうかと話したが、ちょっとドタバタで時間空いて連絡したら「その話なんですけど、会ってから間空きましたよね?もう他決まっちゃったんでないです」との上から目線の返答を受けて何だかなと思うことになるのであった。夕方六本木某所で『女子トイレ』な打ち合わせ。どんな酷い事言われてもぶれずにちゃんと自分のペースを保って仕事しようと言い聞かせるが、悔しい気持ちは消えない。でもまあネガをポジに変えるのは割と得意な方であはあるんだが。それにしても…。いや、愚痴は止めよう。信頼してくれてる人たちの企画に全力を尽くそう。ぱぱんが、ぱん。

■9.19(土)
大阪へ。シネ・リーブル梅田で井上苑子と真山朔で『私たちのハァハァ』舞台挨拶&サイン会。大盛況。たまたま関西出張中だったT社Sさんや黒田将史監督、終電ギリギリで酒井麻衣監督も合流して飲み。その日のうちにKisssh-Kissssssh映画祭が開催される和歌山・加太に入る。真夜中の加太で大下くん、小川さんと再会。海辺の民宿まで送ってもらって就寝。ぱぱんが、ぱん。

■9.20(日)
朝起きたら窓の外が風景が美し過ぎて寝起きの頭でしばし呆然と見つめる。浜辺ではTシャツ展なる催しが始まり、風にたなびく無数のTシャツが眩しかった。Kisssh-Kissssssh映画祭、酒井監督の特集上映や淡島神社散策、満幸商店の定番・しらす丼などを経て野外上映。『いいのいのする映画』→酒井監督挨拶→井上&真山舞台挨拶→井上苑子ミニライブ→『私たちのハァハァ』というSPOTTED的に贅沢過ぎる流れ。ぱぱんが、ぱん。

■9.21(月)
東京に舞い戻って浅草・したまちコメディ映画祭に顔を出す。審査員に犬山紙子さんがいたので客席に劔樹人さんがいて話し込む。酒井監督『笑門来福』は30分を無理矢理20分に切ったため話がわかりにくく無念。MOOSIC LABもこれくらいしばり作ったら結果変わっちゃうかもしれないな。来年からやっぱり縛り作ろうと思ったらもう松本花奈組撮り出しちゃってるからもはやしばれない…(白目)この日観た中では北山監督『ドラマ』がいろんな意味で衝撃。しかも竹内監督や横山監督や劔さんとも繋がってるというのもダブルパンチな衝撃。酒井監督と北山監督とアンデュラスでお茶→打ち上げに顔を出して北山監督からMOOSIC LABという企画が如何に面白く難しいかという深い考察を聞かせてもらって嬉しかった。ぱぱんが、ぱん。

■9.22(火)
テアトル新宿の『私たちのハァハァ』上映後、井上苑子ミニライブ。満席立ち見の大盛況の観衆を前に堂々の演奏。連日のイベント参加に頭があがらない。夜、MOOSIC LAB 2015審査結果発表。諸事情あってスズキケンタ監督発案でGoogleハングアウトを使ってゲリラ的に配信しての発表。勝手がわからずグダグダ進行で申し訳なかった…(遠い目)。しかも発表途中で仕込んであった映画ナタリーに記事が出てしまうというという事故も。嗚呼。なぜか横にはドミノマスクチームが待機。『いいにおいのする映画』と2強の予想がそのまま反映された結果にはなったと思う。どちらも善し悪しがあるし、他の作品を推す審査員もたくさん。観客投票は過去最高の平均点9.1点(しかもいいにおいとドミノマスク2作品が同率で達成!)審査員投票で、全作品が各賞の何かに推された事も嬉しかった。放送終わりかけに負けましたかああああああと細身のシャイボーイが演出されたかのように現れひとしきり反省と愚痴を饒舌に語って嵐のように去って行った。観客賞以外すべてが「準」だったドミノマスクチーム、必ずや「2」を作ってくれるでしょう。乞うご期待。その後深夜から笹口騒音氏と伊藤祥監督でMOOSIC LAB 2016打ち合わせ。笹口君酔っぱらってて厄介だったが、伊藤監督の『いろんなにおいのワカモノだ』を観たらめちゃビビビと来てくれてコラボ決定。来年の楽しみが1つ増えた。ぱぱんが、ぱん。

■9.23(水)
夕方『友だちのパパが好き』MTG。ちょっとドタバタ過ぎて頭が追いついてない。立ち上げ諸々が遅れて心配かけて申し訳ない。何とかする。続いて松本花奈監督と『脱脱脱脱17』MTG。完成迄道のりはまだまだ遠い。インディーズだけどもはや大作…(白目)ぱぱんが、ぱん。

■9.24(木)
ポニーキャニオン岡本さんと”ずんね”×女子トイレ諸々打ち合わせ。午後、アップリンクで年末の某企画打ち合わせ。良い形になるといいなあ。夜、新幹線「かがやき」に乗って石川県・内灘での宇賀那組『黒い暴動❤』撮影現場へと向かった。ぱぱんが、ぱん。

■9.25(金)〜9.28(木)
宇賀那組『黒い暴動❤』撮影現場でメイキング用のカメラをまわしたり宿舎で仕事したりな日々。大変にカオス&ハードな現場。同世代が揃ってるせいか、とてもスタッフ間の雰囲気が良かった。そして何より内灘の地元の人たちの愛がすごかった。それはもう、ヒットさせないとバチが当たるレベルで。滞在中に祖父の訃報を聞いて動揺。ぱぱんが、ぱん。

■9.29(金)
お昼過ぎに宇賀那組から離脱し、東京へ。諸作業して夜、下北沢SHELTERのカネコアヤノのライブへ。バックバンドのダウン・トゥ・アースな素晴らしい演奏とカネコアヤノの伸びやかな歌声のマッチングは本当に素敵だと思う。『コンビニ』聴く度にこの曲原作で今泉力哉監督短編撮ってくれないかなーと思う…とtwitterでつぶやいたらやろうやろうとなって年内に3人で打ち合わせしようとなった。恐るべきSNS時代。ぱぱんが、ぱん。

■10.1(土)
午後イチで渡辺大知監督『モーターズ』試写。その後取材もあったが、翌日祖父の葬儀もあったので早退させてもらって夕方から栃木へと向かった。ぱぱんが、ぱん。

■10.2(日)
祖父の葬儀。91歳大往生。なぜかみんな人前で挨拶するの苦手とのことで親族代表の挨拶をやることに。小学生の頃、一緒に野球を観ていて高校野球の栃木代表とかプロ野球の巨人とかが負けてると我慢ならんと外に行ってしまって、逆転したら呼びに行ったという思い出。几帳面でキレイ好きだったのでそこらへんに何か置いておくとすぐにどこかに片付けられてしまって焦った事とか、畑で取れる野菜とか手作りの豆餅(それこそ今年のお正月まで食べさせてもらってた)とか美味しかったなーとか、あと朝に慣れないネクタイ締めてたら締め方最初に教えてくれたの祖父だったし、今当たり前にできていることの一部は確実に祖父から教わったんだな、とかそういう話をした。今迄ありがとう。どうか安らかに。しかし心休まる間もなくこういう日に限って仕事でピンチ続出。電話が手離せないスリリングな状況に。東京に戻りながらあれこれ対応。夜、事務所で長いメールを打つ。結局自分がちゃんと中心でやらないとダメだ。人への仕事の任せ方が下手なのは昔からずっとだ。何とかしないといけない。むむむ。ぱぱんが、ぱん。
BLOG TOP
/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/single-blog.php