EYESCREAM.JP – For Creative Living

蒲谷健太郎

蒲谷健太郎

1999年創業の balanceweardesign を経て、都市環境に順応したトータルウェアとグラフィックの提案をコンセプトに、1990年代のミックスカルチャーにインスパイアされたリアルクローズを展開する。音楽とファッションの親密な繋がりをものづくりに反映したハイカジュアルなストリートウェアに定評あるbalのデザインを担当。

4D9E0F8D-2060-4365-B32E-B9F350164710
以前「酒徒庵」という名で営業していたお店が、
同じ場所で料理一品に対して日本酒一杯というペアリングスタイルでの再開。
会員制とのことで、ご主人と親しい友人がセットしてくれた。

9A4C6BF8-3360-4B10-85EC-87E59079EE35

B26B4A50-8340-4849-8E01-2E3A92EE0B84

5EF37377-C947-4B31-B75A-4035E5E23D19

9CCAC7A6-14DC-4391-BF1E-5CBFA7E086DB

CDD7D5DE-7BE7-404D-9A08-09CEC2D9ACF9

7B8D9A8E-0DB1-4297-A098-7C830967A858

57707E08-F48F-404A-9DB8-162A389BE45B

BB240A0C-4755-4C9A-9477-E2AEF574CA7E

07206C2A-99A1-416A-8838-F333CDE65523

A5C1A355-F6BB-488F-921D-52E388C80C8D

392C3D65-1435-4FCF-97F9-DACB794087FC

8B87630E-C625-498D-9E6F-4E4679C711BF

15DC442C-F532-4D91-9D57-B9FE4C9F1ECC

3E21CF2E-4F29-4169-9FB4-C715C6E9F9D0

B581A391-700A-4242-9C44-351B5F687FAB

F684185F-A1FC-4FAD-A7D8-70EE5BA73A2B
生牡蠣はやはり大粒でそこらのお店は到底かなわない素晴らしさ。
麻婆豆腐も絶品ですがビーフカツも美味しかった。
おでんも贅沢だったなぁ。
桜餅のグラタンも食べれたし大満足。
それにしてもこちらで出される日本酒の凄さよ。
どれも美味しくてスルスルと入っていくので量を飲めてしまう。(後半はベロベロですが)
僕は日本酒はそんなに詳しくないけど、どこでもお目にかかったことのないようなモノばかり。
ものすごくレアなものばかりなんだろうなぁ。
某日本酒バーの方が、あそこの品揃えは半端じゃない、すごすぎると言っていた笑

予約してくれた友人に感謝。
また行きたいな〜。


白金「利庵」

81DD7064-27B8-40D3-99F4-E3CAC864B236
お昼の贅沢といえばお蕎麦。
久しぶりに白金の「利庵」に。
遅めの時間だったので割とスムーズにイン。
すかさず小瓶を注文。
小瓶ってなんか好きなんですよね。

D6CD8F36-6362-4917-9BEC-7A9E7B5437DF
お蕎麦屋さんに来ると必ず注文する板わさ。
かまぼこがとにかく好きなもんで。
厚切りで本わさびとなると完璧。

BE8614DF-675D-4FB1-A0C9-6693209D5483
まあこれも絶対注文する出汁巻き玉子。
蕎麦屋の出汁巻き最高。

57DED286-E8CC-4941-B605-36726274F8AC
鴨せいろ。
おつゆを入れる前の鴨で一杯やれる仕様。
いいですねぇ。
おつゆは濃いめなので蕎麦は浸けすぎないほうが良さそう。
お蕎麦をチョンと先だけ漬けるのが粋、っていうのにはあまり賛成しない。
つゆの濃さで決めるべしとは池波正太郎先生談。
ごもっともです。

蕎麦湯で〆て、日曜の最高のランチ。
蕎麦屋で昼から一杯ってのは、本当に大人になってよかったなぁとしみじみ思いますね。
至福。


お仕事の方は展示会前でバタバタしております。
最終大詰め。
サンプル待ちながらワクワクドキドキのタイミングです。


/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/taxonomy-blog_author.php