[ZINEspiration]Vol.10 山ちゃん(どついたるねん)

photography_Kayoko Yamamoto, text_Yuri Matsui

[ZINEspiration]Vol.10 山ちゃん(どついたるねん)

photography_Kayoko Yamamoto, text_Yuri Matsui

クリエイティブに携わる人々に、お気に入りのZINEをレコメンドしてもらう連載シリーズ『ZINEspiration』。
今回登場してくれたのは、音楽活動のかたわら、実は自身でもZINE制作を行っている、どついたるねんの山ちゃん。果たして山ちゃんはどんなZINEを持ってきてくれたのだろうか。

『NAKAMURA BOOK FAIR』や『東京アートぶっかけフェアー』などのイベントで、乱雑な自炊の写真やそれらをまとめたZINEなどを発表している山ちゃん。彼がZINEに興味を持ったのは、ZINEの共同制作も行っている、アーティストの中村穣二との出会いがきっかけだった。

「BREAKfASTとかSTRUGGLE FOR PRIDEのアートワークで穣二さんの存在を知って。かっこいい絵を描く人がいるんだなと思ってたら、知り合いの紹介でどついたるねんのライブを見に来てくれたんですよ。そこで穣二さんと知り合って、展示に行ったりするようになってから、加賀美(健)さんからもイベントに誘ってもらったり、STORANGE STOREで展示させてもらったりするようになって。一時期インスタで上げてたイラストも、完全に穣二さんや健さんの影響を受けちゃってて、メンバーからは『あいつ最近ドローイングしてるわ(笑)』みたいな感じで言われたりしながら描いてましたね」

多彩な音楽性を取り込みながら、唯一無二の存在感を放つどついたるねんの活動は、今年10年を迎える。山ちゃんにとって、ZINEの制作やアートイベントへの出展は、自身のなかでどのような位置付けにあるのだろうか。

「長年バンドをやってると、バンド繋がりの人間関係ばっかりでガチガチになっちゃうところもあるからから、穣二さんや健さん、おひアナさんやNANOOKさんにしても、また違う場所にフィーリングが合う人たちがいるんだなって。こないだ五木田(智央)さんの展示に行ったんですけど、五木田さん本人もシブくてかっこよくて。音楽もそうなんですけど、作ってる人に会って、その人自身に興味を持ってから作品を好きになることが多いですね。そういうおもしろい人たちと一緒にいると、いろいろ刺激をもらえるんですよね。まあ、ずっと海にいるからたまには山も行こう、みたいな感覚です」

どついたるねんとしては、5月24日から全国13箇所を巡る『ブリブリスプリングマウンテンツアー』をスタート。毎回ユニークなツアー名は「最近は気付いたら誰かが勝手に決めてますね(笑)」とのこと。今後も音楽以外の制作活動は続けていくのだろうか。

「今後作るかどうかは全然わからないです! ZINEについてはこれまで誰かに誘ってもらったときに場当たり的に作ってきた感じなんで。ZINEを作ることに対して『ハズいな』みたいな照れもなんとなくあるけど、でも実際作ると楽しい。なんかやりたいなっていう気持ちは常にあるから、これからも機会があれば作っていきたいですね」

【山ちゃんがレコメンドするZINE5冊】

中村穣二+山村想(IG:@joji_nakamura, @oreyamachang
『山村想二』

「穣二さんが誘ってくれて一緒に作ったのが、この『山村想二』っていう、とんねるず的なタイトルのZINEです。鳥貴族のカウンター席に、横並びで座って作ったから、表紙は机が濡れてたのがシミになってて汚いんですよね。内容はその場で適当に決めて、ポテトとか焼鳥の串を紙に置いて、輪郭をペンでなぞったり、呼び出しの番号札を貼ったりして。なんの意味もないんですけど、こういう汚い感じが好きだし、作るのが楽しくて。穣二さんと作れて嬉しかった思い出です」

中村穣二(IG:@joji_nakamura)
『THiS is a ZiNE』

「穣二さんの作品はぐっと見入っちゃいますよね。このZINEもあらためて見直しても、めちゃめちゃかっこいいな。穣二さんの作品はシブいんです。『デカいバイクを見た』みたいな感覚で、問答無用にかっこいいものって感じがします。もともと穣二さんが作ったミックスCDが付いてたんですよね。これがまた赤痢とか入っててかっこよかったんですよ。なくしちゃったんですけど……。僕、好きなものって絶対なくしちゃうみたいです。本当に悲しい」

加賀美健(KING LEE)(IG:@kenkagami

「これは、STRANGE STOREに自分のZINEを持って行ったら健さんがくれて。『あざます!』ともらいました。健さんがKING LEE名義で作ったZINEで、中を開くとざるそば、半ライス、おでんのドローイングが描いてあります。健さんの作品は、見た瞬間に五感でハッとくる感じがありますよね。そこが好きなんです」

アナル(おひアナ+NANOOK)(IG:@ohiana_summerangel, @nanoooook

「これは(この取材の)前の日にイベントで買いました。おひアナとNANOOKが始めた『アナル』っていうユニットのZINEです。ふたりとはVOILLDでやってた『東京アートぶっかけフェアー』で知り合って、ウマがあってたまに飲みに行ったりしてて。おひアナは、もともと名前が『おひたしアナル』だったのを『おひアナ』に変えたみたいなのに、結局またユニット名が『アナル』っていう(笑)。両面から半分ずつふたりの作品が載ってます」

どついたるねん(IG:@dotuitarunen
『鼻毛 vol. 1』

「こないだ(4月8日、マイナビBLITZ赤坂)のワンマンライブ、おかげさまで当日はたくさん人が来てくれたんですけど、1週間くらい前までは前売りが全然売れてなくて(笑)。なんとかチケットを売らなきゃってことで、買ってくれた人に特典としてなにか付けようと思って、ZINEを作ったんですよね。好きなメシ屋と好きな音楽について、メンバー1人につきA4用紙1枚ずつ、中学生の作文みたいなものを書いて、自分たちでコピーして作りました。どつのメンバーでZINEとか作ったことなかったんですけど、作ってみたらハマって楽しんじゃって、この後も5号くらいまで作ったんです。でも、結局前売りは全然売れなかったから、2冊くらいしかはけてないかも(笑)。だから、メンバーで『いいね』って言って終わりました。IQの低さがいい方向に働いてると思います」

INFORMATION

どついたるねん 「ブリブリスプリングマウンテンツアー」

2018年5月24日(木)宮城・仙台enn 3rd
w/ Alfred Beach Sandal

2018年5月25日(金)山形・山形RAF-REC
w/ 原田晃行

2018年5月26日(土)青森・青森SUBLIME
w/ 原田晃行

2018年5月27日(日)北海道・札幌SOUND CRUE
w/ 柴田聡子 in FIRE

2018年6月8日(金)新潟・新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
w/ 台風クラブ

2018年6月9日(土)石川・金沢メロメロポッチ
w/ 大野悠紀 / 台風クラブ

2018年6月10日(日)愛知・金山ブラジルコーヒー
w/ 大野悠紀 / 角田波健太(オープニングアクト)

2018年6月15日(金)福岡・天神THE Voodoo Lounge
w/ Enjoy Music Club

2018年6月16日(土)島根・大根島HOME
w/ ロンリー

2018年6月17日(日)岡山・岡山PEPPERLAND
w/ ロンリー

2018年6月29日(金)大阪・十三FANDANGO
w/ ザ・たこさん

2018年6月30日(土)長野・松本MOLE HALL
w/ ミツメ

2018年7月1日(日)静岡・静岡Sunash
w/ シャムキャッツ

2018年7月19日(木)東京・代官山UNIT
w/ 片想い / 徳利 / DJトクマルシューゴ

http://dotsuitarunen.riceball.jp

[ZINEspiration]
・Vol.01 ヒロ杉山
・Vol.02 Colliu
・Vol.03 酒井いぶき
・Vol.04 安野谷昌穂
・SUMIRE meets TOKYO ART BOOK FAIR
・Vol.05 小磯竜也
・Vol.06 face
・Vol.07 丸目龍介
・Vol.08 篠宮由香利
・Vol.09 吉本綱彦
・Vol.10 山ちゃん(どついたるねん)
Vol.11 歌代ニーナ
Vol.12 TOWN BOY(君)
Vol.13 ユンボム
Vol.14 沖真秀