CULTURE 2017.08.11

PETROLZのカバー集に続編あり。WWW?? 新曲4曲配信スタート

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

SuchmosやKID FRESINO、SOIL & “PIMP” SESSIONSなどなど、錚々たるメンツが参加したペトロールズのカバーアルバム『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?』。3月末に本作が発表され、CDのみでのリリースがされたとき、音楽シーンは確かに揺れた。久しぶりにレコードショップにCDを買いに行った人も多かったのではないだろうか。まさしく2017年の音楽界を象徴するような内容に世間が驚かされたのだ。

本誌EYESCREAMにおいても、4月1日発売号の「たかがTシャツ、されどTシャツ。」の“音楽アーティストとTシャツ”企画において、PETROLZ & Various Artists と題し、長岡亮介、タブゾンビ、KID FRESINOの3人が登場し、各々、Tシャツを披露してくれている。

衝撃はここに留まらず。そう、この極上のカバーアルバムには続編があったのだ。
その名も『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ??』。
新たに新曲4曲が制作されたEPが8月9日より各配信サイトで全世界に公開されている。

その内容は以下の通り、ダッ!

1. 踊Foot Works「Talassa」
2. MONO NO AWARE「インサイダー」
3. 中村佳穂「闖入者」
4. 呂布「誰?」

アーティストそれぞれがペトロールズの楽曲を自身のスタイルで表現している4曲、これもまた最高だ。
以下、各アーティストプロフ。


踊Foot Works
東京の中心をINVADE、世界を東京にINVITATION。2020年型のグルーヴと ポップネスをリプレゼントするTOKYO INV.(トウキョウアイエヌビー)。 もっとPOPをDOPEに、ずっとDOPEをPOPに。 Pecori(rap)、Tondenhey(guitar)、fanamo'(chorus)の3人で2016年12月 に始動。2017年3月に全曲オリジナルトラックからなる『ODD FOOT WORKS』をシェア。耳の早いリスナーのみならず多くのアーティストから も注目を集める。6月にサポートメンバーだったSunBalkan(bass)が正式加 入。7月28日にはFUJI ROCK FESTIVAL’17に出演。
https://twitter.com/oddfootworks


MONO NO AWARE
東京都 八丈島出身の玉置周啓、加藤成順と共に、大学で出会った同級生 の竹田 綾子、柳澤 豊で構成される。 2013年結成。2015年1月からドラムが柳澤 豊に変わり、徐々に現スタ イルに。 2015年12月、初となる自主制作E.P「舟」をリリース。2016年には、 1st シングル「イワンコッチャナイ/ダダ」をリリース。2017年3月に は、1st フルアルバム「人生、山おり谷おり」をP-VINEより全国流通。 FUJI ROCK FESTIVAL’16’17に連続出演。 バンド名のごとく曲ごとにその曲調は大きく流動しつつも、一筋縄では いかないメロディラインと、言葉遊びと独特のリズムに溢れる歌詞で、 どの曲も喜怒哀楽では測りきれない感情を抱かせる。
http://mononoaware-band.tumblr.com


中村佳穂
『手は生き物、声は祈り。』2012年活動開始。ピアノ一台、マイク一本、 舞台上の空気と一緒に”一曲”として歌う。その姿は度々噂になり、噂が舞 台を呼び、舞台が噂を呼び現在各地で彼女が旅を続ける理由となっている。 FUJI ROCK FESTIVAL’16出演。大学卒業と同時に音楽活動4年間のまと めと称し、2016年7月に初の流通版1stアルバム『リピー塔がたつ』リリ ース。様々なミュージシャンが彼女の門出を支える異例の作品となってい る。2017年3月廃盤になった1stシングル「どこまで」のアナログリリー ス、カップリングにgroup_inou imaiによるRemix収録。5月tofubeatsの 3rdアルバム『FANTASY CLUB』に3曲ゲストボーカル参加。 彼女の歌は出会った全ての人から。出会った人全てへ向けて。会ってから のお楽しみ。
http://nakamurakaho.web.fc2.com/


呂布(Ryohu)
KANDYTOWN、Aun beatz、ズットズレテルズ。 いつでも、どこでも、だれとでものスタイルは崩さず“今”重要な場所に現れ ては音と人、出来事をつなぐラッパー。DJやトラック制作も手掛け、その楽 曲にも定評がある。 2016年に初となるソロEPを完全自主制作にてリリース、同年には KANDYTOWNとして1stALをWarner Music Japanからリリース。 SxSW2017ではオースティンでプレイするstarRoと東京のステージをリア ルタイムに繋ぐCYBER TELEPORTATION TOKYO ショーケースに出演。
http://www.ryohu.com/

同時に、踊Foot Works「Talassa」のLIVE CLIP (short versionもYouTubeにて公開中

PAELLAS “Shooting Star” (Official Music Video)

以下は参加アーティストとペトロールズの魅力を様々な映像で体験できるスペシャルサイト!
http://www.jvcmusic.co.jp/park-petrolz/

そして、そして。これまでCDのみで公開されてきた第1弾カバーアルバム『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?』も8月23日よりデジタルマーケットに登場決定。全曲プレオーダー&先行視聴もスタートしている。

真夏の2017日本列島に再び、ペトローズ烈風が吹き荒れます。

INFORMATION

V.A. 『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?? – EP』

Release Date_2017.08.09 (Wed.)
Label_Victor Entertainment
1. 踊Foot Works「Talassa」
2. MONO NO AWARE「インサイダー」
3. 中村佳穂「闖入者」
4. 呂布「誰?」
配信中

INFORMATION

V.A. 『WHERE.WHO.WHAT IS PETROLZ?』

2017年3月22日(水)リリース
Label_Victor Entertainment

1. LEO今井+呂布「シェイプ」
2. LUCKY TAPES「Profile」
3. 林宥嘉(YOGA LIN)「新預感」
4. KID FRESINO+STUTS「アンバー」
5. R’N’R “Rei+NAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)+ROY(THE BAWDIES)” 「表現」
6. Seiho「Touch Me」
7. Yogee New Waves「On Your Side」
8. Suchmos「雨」
9. SOIL & “PIMP” SESSIONS「ホロウェイ」
10. ORIGINAL LOVE「Fuel」
11. never young beach「Side by Side」

2017年8月23日(水)配信リリース

FOLLOW US!!