Licaxxx × 荒田洸(WONK)「注文の多い晩餐会」
vol.02 〜馬場ふみかの巻〜

photography_Takao Iwasawa

Licaxxx × 荒田洸(WONK)「注文の多い晩餐会」
vol.02 〜馬場ふみかの巻〜

photography_Takao Iwasawa

EYESCREAM誌面で好評連載中の『注文の多い晩餐会』。DJ・モデルとして活躍するLicaxxxWONKのリーダーである荒田洸の二人が、リスペクトしている人や、とにかく会ってみたいと思う人を迎えては居酒屋で飲みながら深く話す鼎談連載だ。第二回は、Licaxxxとはプライベートでも仲良しのモデル・女優の馬場ふみかが登場。EYESCREAM誌面には載りきらなかった部分も含めて、完全版でお届けします。

部活はやらず、習い事ばかりだった学生時代

Licaxxx:演技をはじめたのはいつですか?

ふみか:小学4年のときに、地元の新潟の児童劇団に入ったのが最初です。それは習い事のテンションというか。小学2年まで住んでいた東京では毎日バレエをしていて、新潟に行ってもバレエは習ってたんですけど、それほど熱中できるものではなくて。そんなときに劇団を一度、見学に行ってみたら「なんか楽しそう」となって入ったのがきっかけです。

荒田:中高生の頃はなにしていましたか?

ふみか:児童劇団には中学3年まで入っていて、それとバレエとピアノと、習い事ばっかりしていました。だから部活とかは一切やらず。あとは「新潟美少女図鑑」のモデルだったり、サロンモデルをしたり。それ以外は、学校が終わるとすぐに家に帰っていました。学校という空間が苦手で。

荒田:デビューは?

ふみか:どこをデビューと定めるかによるんですけど。事務所にちゃんと所属したのは、高校3年の終わりに出演した映画『パズル』のときですね。スプラッターっぽい、血みどろの映画で。実の父にレイプされるというめっちゃハードな役でした。仕事は決まったけど、親に説明できないという(笑)。

役者、グラビア、モデルの違い

Licaxxx:馬場は、役者もグラビアもモデルもやってるけど、その3つの大きな差は? 自分のマインドをどう変えてるんだろう?

ふみか:私のなかでグラビアは、自分自身を撮られる感覚。中身まで見透かされる気がする。それがすごくおもしろい。自分自身をいかにきれいに見せるか、を大事にしている。モデルは、洋服も含めていかによく見せるか。「この洋服を着たい」って思ってもらえるように。芝居は芝居で、もともと違う人を用意されていて、「こういうお芝居をします」ってざっくり決まった枠のなかに入るから。それぞれ全然違う。

Licaxxx:全部“撮られる”のは共通してるけど。

ふみか:そうそう。表現するっていう意味では一緒だけど。現場の雰囲気が全然違うから、そこで自然と切り替わるかな。

荒田:それぞれで決まった気合い入れとかはしないんですか?

ふみか:そういうのはなくて。毎朝、仕事行くときはコーヒーを飲んでいくんですけど、それはどの現場でも変わらずだし。

荒田:それはルーティーンとしてあるんですね。

ふみか:「起きるぞ!」っていう。今日も朝、飲んできました。

一方的にやっていても成り立たない

荒田:演技するときって何を意識してるんですか?

ふみか:逆に最近は、考えすぎるのを止めよう、って思った。台本もらったときはすごく考えるけど、現場では考えないようにしている。「こうしなきゃいけない」みたいなものに囚われすぎると、相手の芝居というか、周りに目がいかなくなる。相手がいて、初めて芝居って成り立つものだから。相手の投げたものをしっかり受け取れる態勢にいないと。一方的にやっていても、成り立たない。

Licaxxx:台本読みながらは、どういったことを考えるの?

ふみか:演じる役の人の気持ちを一旦考える。全然わかんないときもあるし、でも共感できるところから広げていくというか。

荒田:それがまったくないときは?

ふみか:自分のなかでもうひとり人間を作り上げる。頭のなかでその人の人生を作り上げる作業をする。

荒田:セリフって忠実に読まないといけないんですか?

ふみか:監督によります。語尾はなんとなくでいいっていう人もいるし、一言一句間違えるな、っていう人もいる。話の流れというか、ポイントさえあってればいいっていうときもありますね。

何でもできる振り幅は出していきたい

Licaxxx:役者としてのふみかを先に(映画・ドラマの)『コード・ブルー』で見ていたから、(プライベートで)会ったときに印象が全然違ったからマジすごいなと思った。素のときも“さっぱりちゃん”だけど、また全然違う。

ふみか:後から聞かされたんですけど、(『コード・ブルー』で演じた)雪村双葉に関しては、私がオーディションに行ったときの印象をプロデューサーが役に投影したみたいで。普通、オーディションって「よろしくお願いします!」みたいに愛想を振りまくものだけど、それが全然なかったらしくて。私はやってるつもりだったんですけど。というより、パキパキと超真面目に受けたんですよ。すると、それがそのまんま役になった。

Licaxxx:そんなこともあるんだね。

荒田:尊敬する役者は?

ふみか:生で見て思ったのは、戸田(恵梨香)さん。

Licaxxx:それは、スイッチの入り方が違う、とか?

ふみか:いや、すごいナチュラル。切り替えるとかじゃなく、すっと入っていく感じ。

荒田:僕はドラム叩いているんですけど、他のドラマーを見て「絶対オレにはこのフィールは出せないな」っていうときがあって。役者でもそういうのはあるんですか?

ふみか:うーーん。私はそれは考えたくないかも。もちろんやりやすいやりにくいはあるけど、役者としては「全部やって全部できる」が一番。音楽ってそれぞれのカラーがあるからこそ、それを好きになったりするけど、役者って基本的に「何でもできる、振り幅広い」ことがイコール実力派俳優、だから。

Licaxxx:たしかにたしかに。相当個性派じゃない限りは。

ふみか:私は個性のカケラもないんで。

荒田:カケラもないわけはないと思うけど(笑)。

ふみか:顔のつくりもそうだし。顔を見ただけで、この人は絶対に悪い役の人だ、みたいなのもあったりするじゃないですか。私は顔にあまり特徴がないから、それこそメイクや衣装で変えられる。だからこそ、自分は何でもやれると思っているし、やりたい。そういう振り幅は出していきたい。

Licaxxx:今後、どんな役やりたい?

ふみか:まだ女子高生をやりたい。キラキラ青春ものをやりたい!

Licaxxx:そういう役、ハマりそうだもんね。

ふみか:制服着て、キラキラのフィルターかかった中にいたい。

Licaxxx:これまでは、意外と大人な役が多いもんね。

「女優・馬場ふみか」でありたい

Licaxxx:今後もいろんな仕事がくると思うんですけど、どんなバランスでやっていきたいですか?

ふみか:軸が芝居っていうのがあれば、いい。

Licaxxx:他はなんでも挑戦したい?

ふみか:うん。グラビアも辞めるつもりはない。私はグラビアもすごく好きだから。モデルも、求めてもらえるならやっていきたい。けど、「女優・馬場ふみか」って言われる自分でありたい。今はまだ「グラビアアイドルがドラマに出てる」みたいな言われ方もするから。そうじゃなく、「女優だけどグラビアもやったりする」っていう感じであれば。

荒田:かっこいいですね。すごいいいわ。

Licaxxx:これが23歳で、しっかりヴィジョンがあるからね。女優やるから他の仕事はやらなくなるタイプの人もいるじゃん。そうじゃなくて。

ふみか:それもひとつの方法だと思うんですけど。なんか、全部やって悪いことはない。

Licaxxx:やらなくなる人たちは、イメージ先行みたいなのもあると思うんだけど。きっと馬場は、いろんな役ができて何でもなれる、が理想的だと思ってるから、全然できるんだろうね。ある意味、全部役者だからできてる、みたいな。最後に、芯の強さ見えました。

トップス¥18000・ワンピース¥25000/MATT.(PERVERZE)
問い合わせ先INFO@THE-MATT.COM
ピアス¥23000・ブレスレット¥17000/IDEALISMSOUND(IDEALITE)
問い合わせ先03-5773-5070
その他スタイリスト私物

styling_Aya Ishida
Hair&Make_Akiko Hachinohe

馬場 ふみか

1995年生まれのモデル、女優。ABCテレビ、テレビ朝日ほかにて初主演連続ドラマ『深夜のダメ恋図鑑』が放送中。
また、初の単独表紙を務めた『non-no1月号』が発売中。
@fumika_baba

荒田 洸

“エクスペリメンタル・ソウル・バンド”を標榜するWONKのバンドリーダーであり、ドラムスを担当。
@hikaru_pxr

Licaxxx

DJを軸にビートメイカー、エディター、ラジオパーソナリティーなどさまざまに表現する新世代のマルチアーティスト。
@licaxxx1