MUSIC 2018.10.06

⽇本語ラップ界の逸材・唾奇が魅せる新MV、コラボ曲「Alright」が公開中

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

Reebok CLASSICはこれまで、「FAME/フェイム(Fashion、Art、Music、Entertainment)」をキーワードに、様々なシーンのアーティストやクリエイターとのコラボレーションを⾏ってきた。
今回は、9⽉に発売された新作モデルReebok CLASSIC「DAYTONA DMX GUM」「DMX SERIES 1200」とのコラボレーションを公開。気になる選ばれしアーティストは、沖縄が産んだ新世代ラッパー・唾奇だ。
現在も沖縄を中⼼に制作活動を続け、クラブシーンのみならず、イベントにも引く⼿数多で、ゲットー育ちのバックボーンが⽣み出すストレートなリリックと、メロウなサウンドが若者たちの⼈気を集めている。

ミュージックビデオでは、東京の街に謎の黒い影が襲来。
傍観して⼤丈夫と歌っている唾奇は、実は世界を滅ぼす側だったというダークなストーリー展開に、Reebok CLASSISのストリートの要素が加わったMV。映像監督は國枝真太朗。写真はARISAKが担当し、カルチャーシーンを代表するクリエイターが集結となった。Reebok CLASSIC × 唾奇のコラボレーション楽曲「Alright」と、ミュージックビデオは現在公開中。早速以下でチェックしよう。

¥16,200 (税込)
23.5cm〜30.0cm
CN8394 (唾奇着用カラー) ・CN8395
ホワイト/スカルグレー/シルバーメタリック/ガム(唾奇着用カラー)
ブラック/コール/シルバーメタリック/ガム

DAYTONA DMX GUM

Reebok CLASSICスニーカー。2000年にリーボック独⾃の「DMX Moving Air Technology(ディエムエックス・ムービング・エア・テクノロジー)」を搭載して登場したDAYTONA DMX。1990年代後半から2000年代初頭にかけて流⾏したテック系ランニングシューズの流れで登場し、つま先からヒール部にかけて滑らかな曲線を描いたパイピングが特徴的なモデル。本モデルはワントーンのアッパーとガムソールのコンビネーションが映えるシーズナルモデル。

¥10,789 (税込)
23.0cm〜30.0cm
CN7119 (唾奇着用カラー) ・CN7121・CN7590
ホワイト/ネオンライム/ネイビー/クラッシュドコバルト(唾奇着用カラー)
ブラック/アロイ/ホワイト
ホワイト/ブラック/ネオンレッド/ミネラルミスト

DMX SERIES 1200

Reebok CLASSIC(リーボッククラシック)スニーカー。2000年にリーボック独⾃の「DMX Moving Air Technology(ディエムエックス・ムービング・エア・テクノロジー)」を搭載して登場したDAYTONA DMX。そのDAYTONA DMXの同様のデザインのソールユニットを使⽤し再構築されたニューモデル”DMX SERIES 1200”。

INFORMATION

Reebok CLASSIC

リーボックアディダスグループお客様窓⼝
0570-033-033
電話受付平⽇9:30〜18:00
http://reebok.jp

FOLLOW US!!