[Report]GREENROOM FESTIVAL’19
ビーチカルチャーが彩る都市型フェス

Photography — So Hasegawa

[Report]GREENROOM FESTIVAL’19
ビーチカルチャーが彩る都市型フェス

Photography — So Hasegawa

「Save The Beach, Save The Ocean」を合言葉に、音楽やアート、サーフカルチャーを通してビーチの大切さを継承するGREENROOM FESTIVAL。軽装備かつ気軽に参加できる都市型フェスともあり、今年も多くの来場者で賑わった横浜赤レンガ倉庫には、チルでピースフルな時間が流れていた。そんな2日間の模様をフォトギャラリーで振り返る。

去る5月25日(土)、26日(日)に開催されたGREENROOM FESTIVAL’19は、例年通りの快晴。うだるような暑さの中、水着姿のギャル達の姿が眩しく輝いていた。
この2日間のトップバッターを飾ったのは、我らがKing Gnu。これは見逃せない! と我々も12:00のスタートと同時に参戦、仕事そっちのけで楽しんで参りました。

サーフ系からストリートまで国内外問わず、様々なショップが出店さている場外の無料エリアも見所の一つ。毎年大人気のGREENROOM FESTIVAL限定アイテムが多数並んだBEAMSをはじめ、今年初出店となったFIVEISM × THREEでは、メンズ向けメイクのタッチアップイベントを開催。これからのフェスシーズンにぴったりのカラフルメイクは、もちろんガールズにもオススメとのこと。

夕暮れとともにライトアップしたGREENROOM FESTIVALはまた違った表情に。日中は暑さで木陰の住人だったヘッズも待ってましたと、iPhone片手に写真撮影に興じていた。我々もほろ酔い気分でLeon Bridgesに浸っていると、打ち上げ花火が。お~! の大歓声とともに1日目ははこれにて終了。さて、EYESCREAMは今年あといくつのフェスに参加できるのだろうか。次のフェスレポートも乞うご期待!

INFORMATION

GREENROOM FESTIVAL’19

5月25日(土)・26日(日)
@横浜赤レンガ
https://greenroom.jp/