[ZINEspiration]Vol.02 Colliu

photography_Kayoko Yamamoto, text_Yuri Matsui, special thanks_CALM&PUNK GALLERY

[ZINEspiration]Vol.02 Colliu

photography_Kayoko Yamamoto, text_Yuri Matsui, special thanks_CALM&PUNK GALLERY

コピー機の普及と、アーティストたちの発信への欲望が生み出したメディア、ZINE。その気になれば、どこまでもイージーに制作できてしまうからこその、ドライブ感と親しみやすさ。そこにはアーティストのエッセンスが詰まっている。
毎回、クリエイティブに携わる人々に、お気に入りのZINEをレコメンドしてもらいながら、ZINEカルチャーの現在を追う。

今回ZINEを紹介してくれたのは、モデルとしても活躍するアーティストのColliu。
印象的な眼差しのキャラクターを作品に描き続ける彼女が、ZINEを買うようになったきっかけは?

「ナディッフなどのアート系の本屋に置いてあるのを見て、ZINEを買うようになりました。あと、ニューヨークのプリンテッド・マターに行ったときは、めちゃくちゃ興奮しましたね。あそこでZINEっていいなと思ったかもしれない。アーティストが、手間や採算を意識しないで好き勝手に作っている感じや、一般の流通では無理な無茶さ、雑さが愛おしいです」

さまざまなアーティストのアイデアが詰まったZINEから、自身の制作に閃きを得ることもあるというColliu。現在、新宿・NEWoManのウインドウディスプレイ『NEWoMan ART wall』で、彼女の作品を見ることができる。名画を題材に用いることが多い彼女の作品だが、今回はアンリ・ルソーの『夢』をモチーフにしている。

「私の作品に共通しているのは、キャラクターの『目』なんですけど、そこに自分の主張がこもっているから、モチーフには自分の感情や思想を投影したくなくて。作品が自分で埋めつくされて、他人の入る余裕がなくなっちゃうことがすごく怖いんです。だから、自分の個人的な記憶や感情とは結びつかない、誰もが知ってる名画をモチーフに選んだり、単純化された形にすることによって、そこに隙を作ろうとしています」

最後に、彼女が思うZINEについて、一言で表現してもらった。

「みんなのアイデアの種。すごく考え抜かれてブラッシュアップされたZINEもあるけど、思いつきで作られたその人のフレッシュなアイデアがそのまま残っている感じが好きです」

【ColliuがレコメンドするZINE5冊】

小橋陽介『こばしの図』

「友達のペインターの小橋くんが、自分の絵をまとめた作品集的なZINEです。彼の絵が大好きでよく眺めてます。小橋くんらしい自由なセンスで、ZINEなのに無駄にパッケージに凝ってて、表紙が工作用紙だったりして。この表紙を切るのに時間がかかりすぎるから『もう止めたい』って本人も言ってました(笑)。ポスターとか小冊子とかおまけがいっぱいついてて、サービス精神旺盛なところも好きです」

こようちひろ+松尾信『ちひろ to かまち』

「これも友達のZINEなんですけど、こようさんの水彩っぽいイラストと、松尾くんの写真でできています。タイトルの『かまち』というのは、エレキギターで感電死した山田かまちのことで。こようさんも山田かまちと同じく群馬県出身なんですけど、かといって山田かまちのことがすごく好きなわけじゃなくて、たぶんノリで作ったんだと思います(笑)。表紙がふかふかなところもいいし、このZINEを買うと好きなバッジが3つ選べたんです。さっきの小橋くんのZINEもだけど、サービス精神旺盛なものが好きなのかも(笑)」

おかしい屋『THIS IS MATSUNO』

「アイシングクッキーを作っている、おかしい屋の松野あやかちゃんの作品集です。おかしい屋のクッキーは雑誌のプロップとかでもよく使われてるんですけど、彼女の作品はクオリティが高いし、攻めてますね。このZINEには私も手タレとして協力してるんですけど、デザインなどの制作も仲のいい友達がやっていて、友達の力を合わせて作られたZINEです」

作者不明 タイトル判読不能

「たぶん10年くらい前に、インドの売店で買ったものです。文字が読めないから、絵だけ見てるとストーリーが想像もつかないんですけど。この表紙にいる人たちが中身には出てきてない気がするし(笑)。でも、たまたまかもしれないけど、ページによって色の違うグラデーション印刷になってたり、ちょっとおしゃれなんですよね。表紙の右下にペンで書いてあるのは、たぶん値段が2ルピーだったんだと思います。日本人がZINEを作る感覚とは全然違うんでしょうね」

Colliu兄「将棋について」

「私が持ってるなかで、もっとも古くて、世界に1冊しかないZINEです。私が小学校1、2年生の頃に、3つ上の兄が将棋をしてるのを見て、自分もやりたくて。でもルールを口頭で説明されても忘れちゃうから、これを作ってくれたんですよね。もらったあとは、見ながら一緒に将棋をしてました。実はよく読むと、致命的にルールが間違ってるページがあるんですけどね(笑)。たぶん作った本人は覚えてないと思います」

[ZINEspiration]

Vol.01 ヒロ杉山

Colliuの作品が展示されている『NEWoMan ART wall Vol.8』は、8月17日まで開催中。

INFORMATION

『NEWoMan ART wall Vol.8』

会期:~2017年8月17日(木)
アーティスト:Colliu
場所:NEWoMan ART wall
JR 新宿駅ミライナタワー改札横のディスプレイ、ニュウマン新宿2F メインエントランス前
https://clubfm.jp/NEWoManART/08