ART 2017.08.07

アートフォームとしてのラップに迫る展覧会。MCバトルも開催

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

ラップを取り上げた展覧会『ラップ・ミュージアム展』が、8月11日から、市原湖畔美術館で開催される。
ラップをひとつのアートフォームとして捉え、その構造を分析しながら、ラップから派生された文化的実践に焦点を当てる日本で初めての展覧会となる。
本展は、ラップそのものの構造に注目し、映像等でみせる『ART OF RAP』と、ラップという行為とその周辺の文化的実践を紹介する『RAP PRACTICE』で構成。

『ART OF RAP』では、いとうせいこう&TINNIE PUNXからKOHH に至るまで、ラップのリズム構造を可視化させた映像作品のほか、Ani、BOSE(スチャダラパー)、SHING02、Mummy-D(RHYMESTER)、クボタタケシ、TWIGY、K DUB SHINEら、ラッパーが実際に使用したリリック帳を展示。
『RAP PRACTICE』では、ラップが生んだグラフィック、パフォーマンスに注目するほか、地域コミュニティとラップの関係について紹介。ラップに付随するさまざまな国内での文化的実践をみせることで、コミュニケーション・ツールとしてのラップを明らかにしていく。
また、開催初日の8月11日には、オープニング記念として、MCバトル『ART OF RAP /RAP OF ART presented by 鎖 GROUP』を開催。展示室内に登場する特設ステージにて、MCバトルが開催される。ホストMCをダースレイダーが、審査員を宇川直宏、荏開津広、北川フラムが務め、約10名のラッパーは、アートにまつわるお題でラップを行う。
その他、会期中の週末はトークイベントなども開催予定だ。

提供:SHING02

提供:ファイルレコード

INFORMATION

『ラップ・ミュージアム展』

会期:2017年8月11日(金祝)~9月24日(日)
開館時間:平日/10:00-17:00、土曜・休前日/9:30~19:00、日曜・祝日/9:30~18:00
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日
会場:市原湖畔美術館
料金:一般800(700)円/大高生・シニア(65歳以上)600(500)円。()内は20 名以上の団体料金。中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1名)は無料。
主催:市原湖畔美術館(指定管理者:株式会社アートフロントギャラリー)
企画協力:荏開津広、ダースレイダー、磯部涼
会場構成:ASSISTANT/ 有山宙
アートディレクション:一ノ瀬雄太
協力:株式会社360Channel

【関連イベント】
オープニング記念MCバトル
『ART OF RAP /RAP OF ART presented by 鎖GROUP』
日程:8月11日(金祝)
時間:17:00〜19:00
ホストMC:ダースレイダー
参加MC : [エキシビションバトル]TKda黒ぶち VS 田中光 [トーナメント参加MC]Dragon One、T-TANGG、J平、NillNico、ENEMY、ruler、BOZ、KissShot
審査員:宇川直宏、荏開津広、北川フラム 
参加予約は下記のフォームから:
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b914fc16523377 
※展示室内で開催いたしますので、参加料金は入館料のみとなります
※当日は、立ち見での観覧となります。

/*画像*/
FOLLOW US!!