ART 2018.10.15

夢一平の写真展「Dreams and days」TOGA原宿にて10/19より開催

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

夢一平の写真展「Dreams and days」が、10月19日(金)よりTOGA XTC HARAJUKUで開催される。

青空やおばあちゃんの誕生日。鼻血を垂らした金髪のモデル、女の股ぐらに腰を振る男の横にある寿司桶。札束、銃、炊き上がったご飯でパンパンの電子ジャー。
今回の写真展はTOGAのSNS用に撮り下ろした写真と、日常のスナップ写真とを組み合わせて行われるらしい。世間のほとんどのファッション写真は「カメラ」が撮っていて「人」が撮っていない。それだからか、それらの写真から体温を感じることはほとんどないけれど、夢一平の写真からは、時に暑苦しいくらいの熱を感じる。僕が夢一平の写真に興味を持ち続けるのは、夢一平という人物に興味があるからで、結局、どれだけ時代が進んでも人を惹きつけるのは人なんだと思う。

夢一平の混沌とした日常に時折挟み込まれて来る書道や看板などの「夢」という一文字の写真。コバヤシくんと呼ばれることもある彼に、「いつから夢一平っていう名前でやってるんやっけ?」と聞けば、「生まれた時からッスよ」と言ってニヤリと笑う。そういえば夢くんの名刺には写真家とも、カメラマンとも書かれていない。ただただ、「I AM A DREAM」とだけ書かれている。

– 阪本勇

夢一平にとって写真とは、何を示すものなのだろうか。その答えを求めに、ぜひ会場に足を運んでみてはいかがだろうか。

INFORMATION

夢一平「Dreams and days」

TOGA XTC HARAJUKU
2018.10.19 FRI – 10.28 SUN
OPEN HOURS 11:00-20:00

6-31-10
JINGUMAE,
SHIBUYA-KU,
TOKYO,150-0001
+81.(0).64198136

FOLLOW US!!