CULTURE 2018.02.06

#01 和敬清寂​ by 書道家 万美

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

今月より始まりました、パンチライン

ここで言うパンチラインとは、
禅の教えをキャッチーにした、禅語とよばれる言葉です。
この禅語、たっくさんのジャンルがあり、
それらをまとめた「禅語集」という本も書店でちらほら見かけます。
私はこの本を「パンチライン集」と呼んでいます。

毎月、このパンチライン集の中から
書道家 万美がブチ上がった言葉をフックアップしていく予定です。
この言葉たちの中に、日々の生活の
「案とヒント」が隠されているかも?

今月選んだパンチラインは、和敬清寂
地球人の心にこの言葉が沁み入れば、
この星がハッピーになるに違いない。
そんなワードです。

早速意味を分解!

和敬清寂
(わけいせいじゃく)

– 意味 難しいVer. –
茶道の心得を示す標語。
主人と賓客がお互いの心を和らげて謹み敬い、
茶室の備品や茶会の雰囲気を清浄にすること。

という意味のようです。
平和の和に、尊敬の敬に、清らかの清に、侘び寂びの「寂び」。

– 意味 なんかわかるVer. –
お抹茶を点ててくれる方と、
お抹茶を飲む人々が、尊敬しあって、
その場をまるっといい空間に!

つまり、グッドバイブスのためには
リスペクトが必要ということですね。

– 書道家 万美Ver. –

互いにリスペクトし、
バイブス高めてこう!

これでしょう。
みなさま茶道を体験されたことがありますか?
畳の部屋に正座をし
香り高きお抹茶をいただく…
その時、床の間にありがちな言葉が、
この和敬清寂

千利休もこの言葉を好んだそうです。
一見、堅苦しそうなルックスですが
今も昔も変わらず

「リスペクトが大切で、それでバイブスも高まる。」

みなさまの日々がちょっとハッピーになりますように。

書道家 万美

パンチライン
#01 和敬清寂​
#02 八風吹不動天辺月​

PROFILE

書道家 万美 / Calligrapher MAMI

HIP HOPカルチャーのひとつ、グラフィティを書道と同じ視覚的言語芸術と捉えた“Calligraf2ity”を見出す。
個展やパフォーマンス、作品展示は日本をはじめ、アジア・ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリア等でも発表している。

Calligraphy+Graffiti=Calligraf2ity(かりぐらふぃてぃ)とは…
2は、ひぃふぅみぃよぉ〜…と数える日本の文化。そして、書道(Calligraphy)とグラフィティ(Graffiti)の”2″つのカルチャーが融合した、次(2)世代の伝統。という意味を込めての “Calligraf2ity”。

official web : www.66mami66.com
instagram : @66mami66

FOLLOW US!!