CULTURE 2018.12.15

Jazzの本領を体感するならここへ。“The Fabulous Sounds Jazz Festival”がOPEN STUDIO HARAJUKUにて開催

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

OPEN STUDIO HARAJUKUにて、「Jazz Festival」をテーマに掲げた「Music × Art × Fashion」のクロスオーバーイベント「The Fabulous Sounds Jazz Festival」が明日、12月16日(日)に開催される。

The Fabulous Sounds Outfitterは、ディレクター吉田 量がVintage Jewelry Hunterとして世界中から収集し続けているヴィンテージのジュエリーコレクションを展開。ブラックミュージックに造詣が深く、The Fabulous Sounds Jazz Festivalを主催している。

今回メインとなるライブには、高い実力を持つ「Ovall」,「Kan Sano」が出演。
DJ陣は日本トップFunk DJとして名高い「黒田大介(kickin)」を中心にJazz DJ「中村智昭(MUSICAÄNOSSA / Bar Music)」、ドープなビートミュージックを得意とする「wackchang」の3人が3者3様のプレイで会場を演出。
会場の音響は、大手オーディオメーカー「JBL」が全て担当し、国内の有力フェス、ライブを手がけるトップエンジニアチームによって、最高の音楽体験ができる。

Ovall
Kan Sano
黒田大介(kickin)
中村智昭(MUSICAÄNOSSA / Bar Music)
wackchang

また会場内では、音楽とスポーツの撮影をメインに活動し、有名ジャズクラブ「Blue Note Tokyo」のオフィシャルカメラマンでもある古賀恒雄によるPhoto Exhibitionを行う。

>Robert Grasper
>Roy Hargrove

さらにはThe Fabulous Sounds Jazz Festivalの為に国内外の有名ブランド、ショップ等が手がける「ジャズフェスグッズ」がFREAK’S STOREとの別注で当日販売!
「Engineered Garments」,「hobo」,「JBL」,「offshore」,「The Fabulous Sounds Outfitters」,「WESTOVERALLS」の6ブランドが、デザイン性、アート性の高いジャズフェスのアートワークを彷彿とさせるアイテムを、それぞれの解釈で表現した「Jazz」を感じさせるスペシャルコラボレーションとなっている。

ヴィンテージアイテムのブースでは、原宿ストリート界の重要人物、的場氏率いる「offshore」が稀少なヴィンテージバンドTシャツを。イベントの主催である「The Fabulous Sounds Outfitters」の吉田氏が世界のジャズフェスTシャツを、合わせて100枚を超えるボリュームで用意。 また業界では定評のある、The Fabulous Sounds Outifittersのヴィンテージジュエリーも会場に並ぶ予定となっている。

Engineered Garments
offshore
hobo
WESTOVERALLS
Ovall × The Fabulous Sounds Outfitters
JBL
The Fabulous Sounds Outfitters

Jazzづくしな贅沢な一日をぜひ思う存分OPEN STUDIO HARAJUKUで。

INFORMATION

The Fabulous Sounds Jazz Festival

12月16日(日) 11:00~20:30

OPEN STUDIO HARAJUKU
東京都渋谷区神宮前3-25-15 神宮前テラス6F
入場料 : ¥1,000(2ドリンク)

※イベント当日は混雑が予想されます。入場を制限させていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

FOLLOW US!!