6/9-6/10開催イベント『SCRAMBLE』直前!
オーガナイザーによる真向放談 @shibuya WWW

Photography_Yoko Kusano, edit_Asami Yamane

6/9-6/10開催イベント『SCRAMBLE』直前!
オーガナイザーによる真向放談 @shibuya WWW

Photography_Yoko Kusano, edit_Asami Yamane

東京渋谷・スペイン坂のライブハウス「WWW」。6月9・10日に向けてなにやら、ミーティングがあると聞きつけ、覗いてみるとそこには3人の男が座っていた。

邪魔にならないように、そーっと耳を傾けてみる。ああ、話しの答えは2Days開催の「SCRAMBLE」だ! チェックしてる読者はどれくらいいるだろうか?開催概要は確認していたが、“この人が出るな。お、あの人も出るのか。なんかたくさんアーティストが出演して、とりあえず、楽しそう!”という個人的な印象(今のところ)。ラインナップを確認して見たいアーティストもいるし行きたいな、とは思っていたけど、せっかくここにブッキングを担当している御三方、主催者スペースシャワーTVの串田氏、渋谷WWWのブッキング担当の本田氏、音楽に精通している渋谷の古着屋BOYのTOMMYこと奥冨氏。が揃っているので、開催にあたりどうしてこのラインナップになったのか詳しく教えてもらいましょう。

ー「SCRAMBLE」ですが、そもそものきっかけは?

串田:渋谷を拠点に何かやりたい、渋谷でイベントって考えた時にまず一緒にやってくれる人で浮かんだのが、WWWでブッキングを担当されている本田さんに、渋谷を代表する…古着屋さん(笑)。

奥冨:雑、(笑)!

串田:いやでも、本当に音楽とファッションを繋ぐモノとして、奥冨さんはすごいからね。今回この3人で「SCRAMBLE」のブッキングを担当して、いろんなアーティストが出てくれたらいいなと進めているのですが、2人は最初どんなイベントにしようって頭に浮かんだ?

スペースシャワーTV:串田氏

本田:最初串田さんが「カオスなイベントにしたい」って言っていて。昔あったカオスなイベントが最近少ないよねって話になり、かつて自分が体験した“RAW LIFE”とか“METAMORPHOSE”などは様々なジャンルがクロスオーバーした刺激的なイベントで。ちょうど現在でそういうのやりたいなと考えていたタイミングだったので、面白いと思いました。

串田:ジャンルのクロスオーバーって最近ないよね。

奥冨:そうですね。みんなオムニバスでやってるようで、結局どこか着地点が近いというか。担当させてもらった「SCRAMBLE 3」のブッキングは、僕自身がいろんな地域でDJをやって沢山のアーティストと出会ってきた中で、自分自身がまず面白いと思える場にしようって考えたら、最終的に今回のようになりました。

古着屋 BOY:奥冨氏

串田:確かに(笑)!でも日本のスクランブル=渋谷のスクランブルって感じだからね。最近って、ワンマンライブの方が人がたくさん入るって聞くけど、こんな感じで雰囲気を楽しむっていうイベントは難しいのかな?

本田:そうですね、イベント全体を楽しんでもらうのは、ちゃんと強いコンセプトや色を出していないと難しいかも。なんのイベントをやってるか伝わらないと若い子が来ないってイメージです。よく見られているというか、堅調に出ていると思います。逆に、なにをやってるかわからないって振り切っているイベントは、結構集まってくれたりしますけど。

渋谷 WWW:本田氏

串田:なるほどね…。実際「SCRAMBLE」もお客さんが来てくれるかわかんないけど。

一同:笑!

ーそれでは、本題へ!それぞれの「SCRAMBLE 1・2・3」での選出の経緯など教えてください。

『 SCRAMBLE 1 』

串田:なんかラインナップがすごいよね(笑)。向井さんにCampanella、呂布カルマがラッパーで、国府さんがシンガーソングライターで。ジャンルもそうだけど、とにかく言葉がすごい人たちが揃ったかな。

奥冨:ポエトリー系!

本田:結構意識はしました。ほかのジャンルとクロスオーバーした時に、やっぱりアーティストがブレない何かを持っていないと、クロスオーバーが成立しないじゃないですか。言ってしまうと“ガチンコ感”を2マンじゃなくてイベントでやりたいってなって。Campanellaも呂布カルマもラッパーだけど、HIPHOP以外のイベントに出てても、そこですごい存在感を発揮していて、今回ラッパーを誰か誘いたいかなと思った時に、この2組はすぐに上がってきました。国府さんもずっと気になる存在だったのでオファーさせて頂きました。

Campanella – PELNOD feat. 中納良恵(Prod by JJJ)【Official Music Video】

奥冨:パッとみて向井秀徳さんの名前のオーラがすごい、包みこむ力がある。影響すごいよね。

本田:向井さんはマストで出て欲しかったです。日本の音楽シーンにおいて、ジャンル問わず多くの人が向井秀徳の音楽を通っていますよね。ロック以外もHIPHOPの人とかダンスミュージックの人も。元を辿れば「NUMBER GIRLだったり、ZAZEN BOYS聴いてました。」って人がたくさんいるのは、何年経っても圧倒的なオリジナリティなんだなと感じます。

串田・奥冨:(納得)

はあとぶれいく – 向井秀徳アコースティック&エレクトリック

奥冨:呂布カルマはすごい今カッコいい。新曲”white heaven”のこの感じがめちゃくちゃ心地良くて、WWW βでやるイベントとか、今の音の雰囲気にハマるものがあるんじゃないかって思います。

串田:向井さんのことをロック界隈の人が気になるのと一緒で、呂布カルマはHIPHOPだけど、そこが好きな人以外の人でも好きになる要素がある。見た目もいいし見たくなる。

[PV] 呂布カルマ – white heaven

本田:国府さんもそれに通じる部分があって、ロックファン以外の人が聴いたらどうなるかなって思います。

串田:確かにCampanellaのファンが国府さんをみた時とかね!気になるなぁ。

国府達矢 “薔薇” (Official Audio)

奥冨:かっこいいよね、明らかにすごい。

本田:オファーした理由が、今一番みたい。なので(笑)。八丁堀にある、「七針」ってスペースでワンマンをやることが多くて、毎回SOLD OUTなんですよね。

串田:あと、imaiくん。10年くらいずっと熱量を保ち続けていて。曲の感じとか似てる人がいないから鮮度が常にある。

奥冨:すごいよね、熱量が。

本田:imaiさんですが、今考えてるのは、WWWでステージアクトが終わったあとにフロアのブースで最後やってもらうのもいいなって思います。

奥冨:それやばいですね。

串田:それでやりましょうよ。

本田:バンド終わって即imaiさんが始まる感じいいですよね。熱量的にこの「SCRAMBLE 1」のピーク、クライマックス的なところ。まだどうするか、これから決めますけど楽しみにしていて欲しいです。

『 SCRAMBLE 2 』

串田:「SCRAMBLE 2」はまとまり感があるかな。いつもイベントに行って思うのは、バンドのライブの時にテクノとかハウスとかのDJってあんまり馴染まないんですよね。混同する感じ、DJのところが独特の空気がある。
SEKITOVAくんとかLISACHRISとか、食品まつりとか、がっつりDJパーティーみたいなところ、レイジもファッション要素が強い派手なイベントに呼ばれる印象があって、これくらいガチっぽいメンツでやることが意外とない。って本人も言ってました。そうゆう時にどういうDJをしてくれるのか楽しみだなってすごい思います。バンド見に来た人が、DJで楽しそうにワイワイやってくれたらいいな、どういう感じになるか「SCRAMBLE 2」には期待してます。あとちょっと先に言わせて、“KENTO YAMADA AUDIO VISUAL CRASH”って…何がいいって名前が最高だよね(笑)。

奥冨・本田:笑!

串田:KENTO YAMADA AUDIO VISUAL CRASHって送って来た瞬間、俺ブチ上がったもん。今やディレクターとして有名な山田健人さんですけど、思想とか哲学とか結構本気で、入れてこようとするディレクターってあんまりいなかったなって思って。割とメジャーな仕事をしつつ、自分の好きなことやってるそのアーティスト名義が“KENTO YAMADA AUDIO VISUAL CRASH”っていうのが…。なんか本当にこいつは、すごいんじゃないのかっていうことを思わせる。

奥冨:いいフレーズですよね。

串田:あとQiezi Maboは外せない。

奥冨:ここに並んでいるのいいですね。

Qiezi Mabo loves PUNPEE – Qiezi Mabo Forever (Fried Chicken Mix)

串田:Qiezi Maboを見たい人って今たくさんいると思うんだよね。Qiezi Maboって実際なんだかわからないじゃん。それが受け入れられる、世の中であってほしいから。こういうのを楽しむのって最高じゃんってそう思ってたらブッキングできた。

奥冨:“Qiezi Mabo is you”って言葉もありますけど。次にライブあったら見たいって人がどんどん増えてますよね。1回のライブのインパクトが強いんだと思います。

INTERVIEW FILE : WHO’s Qiezi Mabo

本田:ライブの回数も少ないのになんでここまで話題になるんでしょう、口コミとかで広まってるんですかね、本当に最高だと思います。

串田:今回のイベントは、逆にDJを見に来た人にバンドを見てもらいたい!って気持ちも大きい。「SCRAMBLE 3」も国府さんもそうだけど、ソロで定着してる人がバンドでやるんですから。Ryohuもバンドで出ますけど、今までを大事にしつつ、新しいものをやっていかないと。って内に秘めてるものを感じるし、今後が楽しみ。あと、これは個人的ですけど、高岩遼さんって人がいるんですよ。SANABAGUN.のボーカルで、THE THROTTLEとかソロでもやってるご存知あの彼ね(笑)。もっと羽ばたいてほしいって思いがあって、見ていて面白い人間って時々いるじゃん。舞台上で歩いてたら、絶対目で追っちゃうやつ。その代表格が高岩遼…本当にみんなに見てほしい!!それで、高岩遼に電話しました(笑)。

奥冨:笑!

串田:どれで出るのがいいの?って聞いたら、「全部バチバチでやってますね」って返ってきて(笑)、それで前にWWWで見たTHE THROTTLEがすごく良かったから今回はTHE THROTTLEで出てくれる。

本田:かっこいいですよね。

串田:「トリかましますよ!」って言ってたから、明け方の…3時半とか4時の高岩遼さんをぜひ見てほしい(笑)!

ザ・スロットル / Rock This Town

奥冨:よく考えたら、普段イベントのゲストで出てるような人たちだから、こういう風に集結するのはなかなかない顔ぶれですよね。食品まつりさんがいることと、Qiezi Maboの2組の異彩感!独特の気持ち悪さというか。

串田:Boiler Roomもそうだったけど、食品まつり突っ走ってるよね。気持ちいいし自分の為にやってる感も最高。他人を気にしないでその突き抜けてる感じが、クラブの中で異彩というか。そう考えると、「SCRAMBLE 2」はまとまりはあるけど、やっぱりないともいえる。

食品まつり a.k.a foodman Boiler Room New York Live Set

本田:よく見ると…カオスですよねやっぱり。

串田:kZmは今かっこいいよね。音楽性的にHIPHOP好き以外でも、どんどん聴かれていくんだろうなって思う。

本田:Dream Chaserいいですよね。

奥冨:なんか普遍性があるというか。

kZm – Dream Chaser feat. BIM (Prod. Chaki Zulu)

本田:あとは、CYKですね。

串田:CYKのイベントに来るお客さんっていいよね。若い感度の高い人がいるイメージ。テクノ・ハウスが好きで、普通にクラブ遊びをしてちょっと周が回った感じ。ハウスを基調にやってるし今までのパーティーのアップデートをしてるのがCYK。って感じだよね。だから、俺もCYKに最後勤めてもらいたいなって思っていて、新しいパーティーの空間を作れてる。

奥冨:この辺の遊んでる子達がリアルにいて、ファッションも気にしていて街の空気感を持ってる子達が、会場に自然に集まるのがいいと思います。頻繁にパーティーも続けていろんな活動もやっていて経験値がもたらすものが、これからもっとついて来るんじゃないかなって思います。