MUSIC 2019.02.14

JQ Interview: Nulbarich新作”Blank Envelope” 〜宛名の無い封筒を届ける先は?〜

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部
Photograph - 濱村健誉, Edit - Ryo Tajima

2018年のNulbarich(ナルバリッチ)の活躍は絶大だった。楽曲がテレビのCMに起用され、国内のみならずアジアのフェスにも出演。11月には日本武道館公演をソールドアウトで大成功に収めた。1年に満たない期間を経て届けられた3rdアルバム「Blank Envelope」前作より壮大なサウンドが聴こえる作品だ。そのタイトルの真意は何か。そしてNulbarichはバンドとして何を考え、今度どのような展開を見せてくれるのか。その疑問にJQが答えてくれた。

より遠くに届けられるもの自然とチョイス

ー前アルバム「H.O.T」が昨年の3月リリース。早くもニューアルバム「Blank Envelope」が届けられました。Nulbarichの2018年の活動を振り返るとツアーにフェス出演、海外での活動もあって。実に多忙な中で制作されたんじゃないでしょうか?

JQ:確かに忙しかったんですけど、フェスや11月の日本武道館公演にしてもそうで、良いインプットがたくさんあったから、それほど悩まず制作することができましたね。僕の場合、多忙なときの方が感覚が研ぎ澄まされるんです。

ー今作についてもそうですが、どのようなものがJQさんの発想力を刺激しますか? 音楽であったり小説や映画であったり。

JQ:どちらかと言うと、日常で自分が何を感じているのかの方が大事な気がするんです。昨年は色んな人とお話しさせていただきましたし、そういった経験からくるものですね。あと、やっぱりライブです。Nulbarichのライブで見える景色であったり。そういう意味では、他アーティストのライブを観に行ってもそうですけど、ライブが終わった後って、何かが湧くんですよ。今作については、自分たちのライブを通して、眼前に広がる景色をリアルにどう広げていくかってことを考えていましたね。

ー「Blank Envelope」収録楽曲は前作に比べて、エレクトロの要素が強くなったと感じました。よりスケール感が大きいスタジアムで演奏されているような楽曲が多いと思うんです。そこについて、意識的に制作された部分はありますか?

JQ:そこは自然な流れだと感じています。一昨年よりも規模感の大きいライブをやっているので、体にインプットされてしまっているというか。だから、目の前の人にだけ届くやり方ではなく、ジャンル感でもなく、遠くに届けられるものを自然にチョイスしていると思います。言葉を落としていくというよりは飛ばしていくイメージで制作している楽曲が多いかもしれません。

大きい場所で自分が歌っている景色が見えてくる曲

ー昨年5月に配信された「Kiss You Back」は本作の中で最初にできたものだと思うのですが、まさに雄大な曲調で。この曲がアルバムの軸となっているのでは?

JQ:昨年、この曲を持ってフェスを回ろうと思っていたので、そういう部分はありますね。遠くの人に届く壮大感を表現したのは「Kiss You Back」からで、こういうアプローチもできるな、と自分たちの中で自覚できた楽曲でもあるので。ただ、意識的に規模感の大きい曲を作ろうとしたわけではないんです。2018年の活動を通して感じてきたもの、今まで自分たちがやってきたものを、より多くの人、遠くの人に届けたいという気持ちがアルバム全体に昇華されているのだと思います。


Nulbarich – Kiss You Back Live ver. @2018.11.02 NIPPON BUDOKAN

ーこれまでの作品と制作上、異なっていた部分はどういう点ですか?

JQ:絵が見えてからじゃないと曲にならないんですよ。それがビートを打っただけで思い浮かぶときもあるし、メロディをちょっと歌ってから、のときもあるんですが、自分がどの規模感で歌っているかが、絵として思い浮かんだら具体的に制作を進めていくんです。その絵は、今までの作品と比べると、より大きい場所で自分が歌っているような景色でしたね。そんな感覚で制作を進めていきました。

ー曲順にしても曲ごとに繋がりを感じさせる構成だと思いました。

JQ:今作に関しては、制作の段階で自然と出来あがっていたんですよ。それこそ7曲めの「Kiss You Back」までは日本武道館公演前に作ったんですが、8〜13曲は、その後の1ヶ月半くらいでギュッと集中して作ったんです。武道館でのライブで感じたものは多くて、もっと次にいく何か、というのが、アルバム後半に詰め込まれています。トラックを並べていて、色々なことを考えたんですよ。前半に収録されている曲は、すでに知られている曲だと思うので、それを後半に持ってきた方がいいんじゃないか、とか。でも、自分の中で、このアルバムに関しては時間軸が整っていないと気持ちが悪い部分があって。だから、武道館ライブ前後って分けたんですが、それが1番しっくりきました。すごくリスキーだとも思うんですけど、8曲目以降の6曲は初めて聴く人にもインパクトを与えられる楽曲だと思うんですよね。こういう攻めたトラックリストにできたのは自分たち的にも収穫が大きかった部分ですし、個人的にはちょっとエモい気持ちになるんですよ(笑)。武道館前後のことが聴いていて自分の中に蘇ってくるので。

世界基準でやるうえで この曲たちを相方として持っておきたい

ー日本武道館公演以降にできた楽曲と聞くと、11曲目の「Super Sonic」はちょっと”和”なテイストを個人的に感じました。

JQ:おー、そうでしたか。和、というか、ギターカッティングだったり、フレーズ感がアジアンな印象なのかもしれませんね。でも、それこそ昨年はアジアでもワンマン含め数多くライブをやって、アジアの中でもNulbarichの存在感を大きくしていきたいし、もっと活動していきたいと思ったんです。アジア人としてのアイデンティティ、そこへのレペゼン感はより増したかもしれません。自分たちのオリジナリティを世界に広めていきたいというのは、もともとあったんですが、そのベクトルがアジアでのライブによって強くなってきている感があります。


Nulbarich – VOICE (Official Music Video)


Nulbarich – Sweet and Sour (Official Music Video) [Radio Edit]

ー「Blank Envelope」には世界を視野に入れた楽曲も表現されていますか?

JQ:Nulbarichの活動はリリースをしてツアーをやって、フェスを回って、というルーティーンをここ2作連続でやっているので、今年もそうだと思うし、アルバムと共に成長していくと思うんですが、1年間を共にする相方、という感覚で言うと、今年のライブで鳴っていてほしい音が自然とイメージされていると思います。音の規模感が上がって、視野にはアジアも入っている。世界基準で自分たちが表現するときに、この楽曲たちを持っていたいという感覚です。なんかライブが楽しみなんですよ。3月末からはツアーもスタートするので。

アートとして当たり前のことを あえてタイトルに

ーちなみに「Blank Envelope」は1曲目のイントロであり、タイトルでもあります。改めて、この意味を教えてください。

JQ:「Blank Envelope」という言葉は、宛名の部分が空白になっている封筒を指しています。“拝啓”みたいな意味合いなので、まず1曲めでなくてはいけないな、と。宛名がない状態でものを詰め込んで、じゃあ、これを誰に届けようってことから考える。ひたすら自分たちの思いを詰めこんで、あとは世の中に、宛名無しで投函する。つまり1番シンプルなアートの作り方なんですよね。特に深い意味はなく、わざわざ言うことではないかもしれないくらい当たり前なことなんですけど、シンプルに健全なアートに対しての向き合い方をあえてタイトルにしたんです。

ーあえて、そういったタイトルにしたのは、何故ですか?

JQ:人それぞれ、音楽の響くところは異なっていて当たり前だし、そうあるものだと思うんです。聴く環境でも異なるし、誰と聴くかでも、その音楽はまったく違った印象になるものじゃないですか。極論ですけど、「Blank Envelope」の12曲目「Stop Us Dreaming」はシンプルに言うと”誰もオレらのことを止められないぜ”ってニュアンスの曲で、久々にこんな曲を描いたんですが。この曲を、仮に恋人同士が気に入って聴いていたとするじゃないですか。その2人が半年後に別れてしまったとしたら、「Stop Us Dreaming」は2人にとって失恋ソングになるかもしれない。そういう風に、音楽は聴く人それぞれの生活の一部になって、それがメモリースティックのように機能して思い出が蘇ってくる、というのが良いと考えてい
るんです。そういう意味で「Blank Envelope」というアルバムは当たり前に音楽を作ってシンプルに世の中に投下しただけであり、THIS IS Nulbarichとして、宛名を伏せて、何もない状態でポストにいれる、という感覚なんですよね。

まだ聴いていない人は下記よりどうぞ。

http://nulbarich.com/
https://www.instagram.com/mrjeremyquartus/
https://twitter.com/nulbarich
https://www.facebook.com/nulbarich/

INFORMATION

Nulbarich 「Blank Envelope」

通常盤_CD ONLY VICL-65116 ¥2800+TAX
完全生産限定盤A_CD+Remix CD+Blu-ray(LIVE+Documentary+Interview映像)※特殊パッケージ仕様 VIZL-1519 ¥5500+TAX
完全生産限定盤B_CD+Remix CD+DVD(LIVE+Documentary+Interview映像)※特殊パッケージ仕様 VIZL-1520 ¥5000+TAX
BD/DVD収録内容_2018年11月2日に開催されたキャリア初の日本武道館単独ライブ「Nulbarich ONE MAN LIVE at NIPPON BUDOKAN-The Party is Over-」の模様を完全収録(当日演奏された22曲すべて)したライブ映像に加え、VoのJQが本公演に向けての想いを語るインタビュー、ドキュメンタリー映像を収めた、現時点におけるNulbarichの集大成とよべる豪華な映像作品がBlu-ray/DVDで付属。

Nulbarich ONE MAN TOUR 2019 – Blank Envelope –
3月31日 宮城 仙台PIT
4月7日 北海道 Zepp Sappora
4月10日 大阪 Zepp OSAKA Bayside
4月13日 広島 BLUE LIVE 広島 
4月17日 愛知 Zepp Naroya 
4月19日 福岡 Zepp Fukuoka 
4月20日 香川 festhalle 
4月24日 東京 Zepp Tokyo 
4月25日 東京 Zepp Tokyo

5月9日(木) 東京 TOKYO DOME CITY HALL 
OPEN 18:00 START 19:00
チケット発売日 2019年3月30日(土)10:00
前売 アリーナスタンディング ¥5000 [TAX IN] / バルコニー指定席 ¥6000 [TAX IN]
http://nulbarich.com/feature/tour2019

FOLLOW US!!