EYESCREAM.JP – For Creative Living

国井栄之

国井栄之

mita sneakers / Creative Director   東京/上野のスニーカーショップ「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のクリエイティブディレクター。様々なブランドとのコラボレーションモデルや別注モデルのデザインを手掛け、さらに世界プロジェクトから国内インラインのディレクションまで様々なスニーカープロジェクトを具現化。

砂漠風呂

日中は半袖&ショーツでも良いぐらいの気候が続いてますね。。夏になれば冬が恋しく、冬になれば夏が待ち遠しい無いモノねだりな感じですが、、、

そんな中、4月下旬に行われた「SNEAKER SPEAKER VOL.12」を経て、「Reebok CLASSIC」の新たな一手をフィーチャーした「mita sneakers」とのコラボレーションモデルが満を辞してローンチとなりました。

Reebok / ZOKU RUNNER ULTK MITA “Desert Sand Bath” “mita sneakers”
photo01

To Be Continued=続くと言うキーワードの元、ブランドのDNAを引き継いだプロダクトが次世代へと継承される事を願い日本語の続(ゾク)=ZOKUと命名されたニューコンセプトモデルをベースにした今作は、70年代からは1979年にリリースされた「AZTEC」の象徴でもあるサイドパネルのベクターマーク、80年代からは1983年にリリースされた「CLASSIC LEATHER」に使用されているサイドパネルのロゴデザイン、そして90年代からは1991年にリリースされた「PUMP RUNNING DUAL」のヒールデザインを採用。アッパーには足を包み込む様なコンフォート性を齎しながら、高い軽量性と通気性を誇る独自開発のデジタルニッティングテクノロジーULTRAKNITを使用し、上記の名作を過去から現在、そして未来へとエレベートしながら織り込んで行く意味合いを込めて具現化。更にDMXFOAMを使用する事で優れたクッショニング性と安定性を実現したソールユニットに加えて、衝撃吸収性や耐久性に特化したオープンセルポリウレタンを採用し、常に履き心地の良いドライ感を保ちながら無数のミクロの空気穴から湿気を逃がし、通気性や防臭性に優れる「ORTHOLITE」社製のインソールを設置する事でコンフォータブルな履き心地を提供してくれます。今作のコラボレートモデルはそんな「Reebok」の新たな一手として期待を集める「ZOKU RUNNER ULTK」をベースにし、Desert Sand Bath(砂漠の砂風呂)をデザインソースに、同モデルに搭載されたテクノロジーであるULTRAKNITやDMXFOAMを、包み込む砂風呂や柔らかな砂に置き換えて表現しています。

追記
実際に履いて使って走ってから書くライターの南井さん曰く、ランニングにも使える逸足と言わしめた「ZOKU RUNNER」。ヘリテージとイノベーションを共存させたエポックメイキングをこの機会に是非チェックして見て下さい。

近日始動


追記
Coming soon…

災害回避

気が付けば今年もGW突入。GW明けまでの宿題に追われながら、なんとなくでもGW気分を味わいたいものです。。そんな中、世代によって感じる印象は様々であろうスケートブランド「AIRWALK」の初復刻モデルや待ちに待った名カラー、そしてJEFF STAPLE氏がディレクションを務めるUS企画まで、同時入荷。更にこのタイミングで「mita sneakers」とのコラボレートモデルもお披露目となりました。

AIRWALK / DISASTER MITA “mita sneakers”
photo01-1

1980年代にリリースされた「DISASTER」は、防護性を高める為に厚みを持たせたシュータンや、ホールド性を向上させたアンクル部、そしてデッキテープとの緩衝を考慮し設置されたオーリーガードやシューレースカバー等、スケート時に実用的な機能性を搭載。また、プロダクト名でもあるDISASTER(災害)をテーマにした多彩なカラーバリエーションが展開され、その独創的なデザインでリアルユースだけでは無く、タウンユースとしても多くのユーザーから愛された名作です。今作のコラボレートモデルは、奇を衒った装飾をプラスするのでは無く、数ある「DISASTER」のカラーバリエーションとは一線を画すモノトーンカラーで纏め上げる事で、デコラティブなルックスにカラーリングの引き算を用い、同モデルを懐かしく感じて頂ける世代にもフィットするミニマムな仕上がりを魅せています。

追記
US企画が始動のタイミングでJEFFが来日した際に撮られたビデオ。お時間のある方は合わせてご覧になって見て下さい。


神出鬼没

神出鬼没なスニーカーイベント「SNEAKER SPEAKER」通称スニスピが戻って参りました。九州遠征から今回の間にもスニスピは開催されていましたが、パーティー形式だった為にトーク形式は半年振りの開催。12回目の開催となる今回は独自の視点で様々なテクノロジーを生み出しては市場に多大な影響を与え、様々なアンバサダーと共にストリートカルチャーともリンクするスポーツブランド「Reebok」にフォーカスします。

SNEAKER SPEAKER Vol.12 in Reebok CLASSIC Store Harajuku
SNEAKER SPEAKER Vol.12_flyer_ロゴ_改訂版

テーマ:
斬新な機能を開発し続けるリーディングカンパニー
リーボックのテクノロジーについて大いに語ろう!

開催日時:
2017年4月26日(水) 19:30~21:30

会場:
Reebok Classic Store Harajuku
東京都渋谷区神宮前6-14-7 MEビル Tel:03-5778-4354
入場無料

出演者:
パネリスト : 国井栄之(mita sneakers)、今井タカシ(TIMAI)
ナビゲーター : 河瀬 真(SHOES MASTER)
ゲスト : 南井正弘(Runners Pulse)、YOUNG JUJU(KANDYTOWN)
DJ : DJ OCTOPUS a.k.a. 4CE FINGER & DJ MERLION a.k.a. Yeah Yeah

第1部【男子禁制。女子限定のZOKUランナーの大試履会。】
19:30~20:30
ZOKUランナーって何?
男子禁制。女子限定のZOKUランナーの大試履会。
誰でも参加自由の試履会を開催。リーボックスタッフ、ショップスタッフ、DJもみんな女子。

DJ : DJ MERLION a.k.a. Yeah Yeah

第2部【リーボックのテクノロジーについて大いに語ろう!ヘリテージ編】
20:30~21:00
リーボックのテクノロジーについて大いに語ろう!
ヘリテージ編
ポンプ、ジグテック、イージートーン etc.
リーボックのテクノロジーはいつも斬新で後に革命をもたらす。
失敗を恐れず挑み続けるリーボックのテクノロジーについて語り合う。
リーボックの最新ランニングシューズのポテンシャル、未来ついてトークセッション。

パネリスト : 今井タカシ(TIMAI)
ゲスト : 南井正弘(Runners Pulse)
サポート : 遠藤 悟(Reebok Japan)
ナビゲーター : 河瀬 真(SHOES MASTER)
DJ : DJ OCTOPUS a.k.a. 4CE FINGER

第3部【リーボックの名品について大いに語ろう!ストリートカルチャー編】
21:00~21:30
ポンプフューリー以外の名品について大いに語ろう!
リーボックとストリートカルチャー編
リーボックの代表モデルはポンプフューリーだけじゃない。
クラシックレザー、ワークアウト、クラブC、DMX RUN etc..
ストリートカルチャーとクロスオーバーしたリーボックの名品について語り合う。
現在の最新モデルついてトークセッション。

パネリスト : 国井栄之(mita sneakers)
ゲスト : YOUNG JUJU(KANDYTOWN)
サポート : 滝 正芳(Reebok Japan)
ナビゲーター : 河瀬 真(SHOES MASTER)
DJ : DJ OCTOPUS a.k.a. 4CE FINGER & DJ MERLION a.k.a. Yeah Yeah

追記
入場は勿論無料!graffitikicksにデザインをお願いした非売品ステッカーや、ビール&ソフトドリンクをご用意しておりますので、皆様のご来場をお待ちしています!!

共存共栄

東京は桜シーズンも終わり、日中にはアウターも必要ないぐらい過ごし易くなりました。そんな中、昨年に引き続いて「KEEN」のエポックメイキングをベースしたコラボレーションモデルが明日4月22日(土)にローンチを迎えます。

KEEN / UNNEK “mita sneakers”



Movie + Photo – Keita Suzuki
Music – fitz ambro$e

アウトドアフィールドから誕生したプロダクトが持つ実用的な機能性や特徴的なデザインを都市生活者にフィットさせるべく、チューニングを施した今作はアスファルトとの相性や様々なスタイルに馴染む汎用性を意識したシンプルなネイビーとホワイトを採用。更にスニーカーとの共存をテーマとした”Portable”をコンセプトに、カラビナ等を用いて常に携帯する事を可能としたループをヒール部に設置。また、マイクロファイバーを使用したフットベッドには、その機能性を視認化する為に吸放湿性に優れ、防臭性に富んだコルク柄のグラフィックを採用しています。

追記
The early bird catches the worm.
/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/taxonomy-blog_author.php