ART 2019.03.19

コミカルと不穏が入り混じるUKの作家、ダニエル・スパークスによる日本初個展

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

UKを拠点に活動する作家、ダニエル・スパークス個展「THE KUDCOM® Catastrophe」が、西麻布CALM & PUNK GALLERYで3月22日から開催される。
ダニエル・スパークスはストリートアートをバックグラウンドに持ち、コミック・アブストラクション(=漫画における抽象表現主義)のシーンで活躍する作家。独特な目線で身の回りに溢れたモチーフを扱い、現代社会における日常生活のストレスや自然現象とのギャップ、政治的なテーマを描いている。紙、キャンバス、写真、デジタル、さらには街壁やビルボードなど、大小さまざまな媒体で表現をしてきた。

同展はヨーロッパ、アメリカを中心に活動してきた作家の、日本における初のプレゼンテーションとなる。「製薬会社による公害の余波」をテーマに、大型キャンバス作品を中心にスカルプチャー作品などとともに新作を発表する。同展のために日本のハンドメイドキャンドルブランドのOLGA-goosecandle-と制作した10点限定のキャンドル作品が会場にて販売される。

INFORMATION

THE KUDCOM® Catastrophe by Daniel Sparkes

2019年3月23日(土) – 4月7日(日)12:00 – 19:00
休廊:日・月(最終日曜と4/7は開廊)

CALM & PUNK GALLERY
東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F

オープニングレセプション
2019年3月22日(金)19:00 – 21:00

FOLLOW US!!