ART 2019.06.07

河村康輔の軌跡と作風の秘密に迫る。過去最大級の個展が6月28日から開催

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

EYESCREAMでもその動向は追いかけているアーティスト、河村康輔のこれまでの活動を俯瞰的に網羅し、ノイジーな作風の秘密に迫る個展が、6月28日から池袋パルコのPARCO MUSEUMで開催される。

同展ではアナログコラージュ作品だけでなく、デジタルコラージュ、グラフィックデザイン、プロダクトデザインなどの膨大な仕事を、河村のキャリア初の試みとして総括的にキュレーション。「代表作」「コラボレーション作品」「映像」「立体」と大きく4つのゾーンに分類し、“河村康輔”をマクロ&ミクロに見ることができる過去最大級の展示となる。

なお、グラフィックデザイン、ゾーン構成ならびに空間演出は、最近、河村康輔とアートユニットUTOPIEを結成したグラフィックアーティストYOSHIROTTEN率いるYARが担当。展覧会の記念アイテムは、刺繍を使った新機軸の作品/商品をはじめ、限定コラボアイテムなども販売予定だ。

「no title」

「no title」

「no title」

「no title」

INFORMATION

KOSUKE KAWAMURA -ARCHIVE-

会期:2019年6月28日(金) – 7月15日(月・祝)10:00~21 :00
※最終日は18:00閉場 ※入場は閉場の30分前まで
会場:PARCO MUSEUM(東京都豊島区南池袋1-28-2 池袋PARCO本館7F)

FOLLOW US!!