FASHION 2018.07.03

BOSTON CLUB 2018SS COLLECTIONのテーマは”80’s STREET” 撮影はFUTURのクリエイティブディレクターFelix Schaper

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

BOSTON CLUBは”新しき伝統”を掲げるブランド。1984年、創立当時に製造していた社名を冠していたブランド“ボストンクラブ”。今では見かけなくなったセル巻きや、彫金模様のフレーム、伝統を着崩したプレッピーな跳ね上げ式フレームに、メタルとプラのコンビ枠など、当時の若者の間で流行していた少しルーズでクラシカルなスタイルを今のデザインに落とし込み、新しいブランド“BOSTON CLUB”として蘇った。同社で保管されていた約30年前の金型や図面を利用した優れたデザインの復刻を軸に、メイドインジャパンの新たなジャパニーズトラディショナルを提唱している。

同ブランドの11回目のコレクション。シーズンテーマは”80′s STREET“。

80年代中盤の日本のストリートカルチャーをイメージ。アナログとデジタル、アイビーとニュートラ、という正反対の方向性を合わせもつ当時のストリートを意識したデザインを展開している。撮影は全編フィルムで前回に引き続き、パリ発のブランド”FUTUR”のクリエイティブディレクター”Felix Schaper“が担当している。

INFORMATION

BOSTON CLUB

グロス銀座
TEL:03-5579-9890
http://bostonclub-eyewear.com

FOLLOW US!!