FASHION 2018.07.20

スケートZINEのカルチャーは不滅、“NO SHITTY ADS”シリーズFACT.オンラインで発売

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

昨年、明治通りに構えるスケートショップ兼ギャラリーの「16」で開催し話題となったFACT.とベルリンのSkateboardmuseumがパートナーシップを組みキュレーションした“NO SHITTY ADS Presented by FACT.Curated by Skateboardmuseum Berlin”
1980年代前半のスケートボードシーンを象徴する自作のZINEを世界中から収集し、スケートカルチャーの貴重な記録として紹介した展示だ。

スケートシーンにおけるZINEの源流を辿る “NO SHITY ADS” 展

その“NO SHITTY ADS”のアイテムをこの度FACT.オンラインで販売することが決定!まず、以下アイテムをご覧あれ。

スケートボードの第2次ブームの終盤に創刊した『THRASHER SKATEBOARD MAGAZINE』に触発されて、一般のスケートボーダーが数多くのZINEを制作する中、その代表的な存在だった『SKATE FATE』の表紙をモチーフにしたスクリーンプリントTシャツ及びロングスリーブTシャツ。

NO SHITTY ADS 1984 S/S TEE
6,000 + TAX
BLACK ONLY
SIZE : S, M, L, XL

NO SHITTY ADS 1984 L/S TEE
7,500 + TAX
BLACK ONLY
SIZE : S, M, L, XL

素人のスケートボーダーが未熟な写真やイラストを用いて制作したZINEは、パンクのD.I.Y.精神に通じる粗削りな表現ながら、それ故に想定外のクリエイティビティが散見された。『SWANK ZINE』の表紙をモチーフにしたロングスリーブTシャツ。

NO SHITTY ADS L/S TEE
7,500 + TAX
COLOR : WHITE, BLACK
SIZE : S, M, L, XL

かなり熱いラインナップ。やはりTシャツこそマインド重視、かつかっこいいデザインで人と被らないモノが最高!
ってことでFACT.オンラインをさっそく覗いてみてはいかがだろうか。

INFORMATION

“NO SHITTY ADS”

FACT.JAPAN OFFICIAL WEBSITE にて販売中。
www.factbrand.jp

問い合わせ先:
FACT.JAPAN
info@factbrand.jp

FOLLOW US!!