FASHION 2019.07.07

ファブリックブランドloomerから最新ルックが公開、秋冬に向けた温かみのあるアイテムが続々と

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

クリエイティブディレクター・南貴之と50年以上続く織工場Tʼacca inc.がタッグを組み、織りに重きを置いたファブリックブランドloomerより最新ルックが到着した。

19AWにあたる5度目のコレクションでは、SSシーズンに好評だったパジャマシリーズを秋冬向けにアップデート。インドの最高級綿を用いた軽くてしなやかなスビンコットンと、ペルーの超長綿ピマコットンとベビーアルパカをブレンドした厚手生地の2種類が登場する。「どてら」をイメージしたローブも製作され、ゆったりしたシルエットでパジャマとの相性も抜群だ。また、ブランド初となるバッグでは、ラムウールを用いたメルトン生地を採用し、上品な仕上がりに。そのほかストールやマフラーラインもバリエーション豊富に展開される。

さらに、生地の生産中に出る糸や布を再構築したREPRODUCTシリーズから、毎シーズン人気のデッドストック生地を使った大判ラグとZABUTON(座布団)がラインナップした。

それぞれアイテムは、8月中旬より順次デリバリー開始予定となる。

INFORMATION

loomer

http://loomer.jp/
問い合わせ:alpha PR
東京都渋谷区神宮前2-6-7 神宮前ファッションビル
TEL:03-5413-3546

FOLLOW US!!