FASHION 2019.08.09

BlackEyePatch 2019FWコレクション 9つのビジュアルカットから見るアート性及び現代東京感

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

BlackEyePatchの2019FWコレクションビジュアルが公開されている。この秋冬、東京をアイデンティティに持つ彼らはどんなプレゼンテーションを行なっているのか。そのビジュアルから探りたい。

Photograph_Kent Mori
Styling_Masataka Hattori
Hair&Make_Taro Yoshida

過去にも行ってきたネームラベル、AEVIL LABELSとのコラボステッカーをアブストラクトに表現。
MAZDAのJETSTREAM MX-5をプロップとして使用したカットに見るプロダクトは、ブランドのアイデンティティを感じさせるレーサー仕様のグラフィックが特徴的だ。ボディの程よくヤレた色味からも90’sの雰囲気を感じさせる。
ゆるふわギャングとのコラボも記憶に新しいが、NENEをモデルに起用していたり。
これまたBlackEyePatchでしか表現できないような総柄グラフィックのジャケットや。
Composition Bookを連想させるドットをあしらったダウンジャケットに同じく総柄のデニムセットアップなど。

これまでBlackEyePatchが提示してきた90’sの世界観と東京ストリートの空気、それらをすべて踏まえたうえで、昨今のコラボワークで獲得してきた表現が絶妙にブレンドされ、直近のブランドの動向を結集させたようなビジュアルに仕上がっている。

そして、その提示をアイテムの訴求ではなく、明らかな作品性を持って表現しているところに、BlackEyePatchのムードを感じさせる。実にフレッシュでストリートでアーティスティック。そんな2019FWコレクションはすでにデリバリースタート済み。手に取り、その魅力を体感していただきたい。

INFORMATION

BlackEyePatch 2019FWコレクション

https://blackeyepatch.com/

FOLLOW US!!