FASHION 2019.08.16

超問題作『解放区』が満を持して公開

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

2014年に完成しながら5年もの間劇場公開されることのなかった、太田信吾の長編劇映画デビュー作『解放区』が、10月18日(金)より公開される。

ドキュメンタリー作家“未満”の男、須山(太田信吾)が漂着した大阪・西成。再開発に翻弄される街と、行き先を見失った主人公の不安定な魂がシンクロした時、現実と虚構の境目が崩壊するー。

なんとも不穏な雰囲気を孕んだ本作の公開に先駆け、そのメインビジュアルが公開された。破かれたフェンス越しに佇むのは主人公、須山。「そのフェンスの向こうには“楽園”があった―」というキャッチコピーの真意とは。

表現の自由が熱く議論される今日この頃。
本作がこれまで封印されてきたその理由を、劇場にてご確認あれ。

INFORMATION

解放区

10月18日よりテアトル新宿にて上映、
以降順次公開予定。
R18+
https://twitter.com/kaihoukufilm

FOLLOW US!!