JQ from Nulbarich Interview

Nulbarichが2ndアルバム『H.O.T』をリリース。ボーカルJQに聞く今作とバンドの未来について

Photography_濱村健誉, Styling_LAMBDA TAKAHASHI, Interview_Ryo Tajima

JQ from Nulbarich Interview

Nulbarichが2ndアルバム『H.O.T』をリリース。ボーカルJQに聞く今作とバンドの未来について

Photography_濱村健誉, Styling_LAMBDA TAKAHASHI, Interview_Ryo Tajima

音楽好きだけではなく、ファッションシーンにおいてもファンが多いバンド、Nulbarich(以下、ナルバリッチ)。2016年リリースの1stアルバム『Guess Who』は現在もロングセラーを記録し、デビューから1年にして、各種大型音楽フェスに出演、昨年9月に開催されたJamiroquai来日公演ではサポートアクトを務めている。ブラックミュージックをベースにポップスやロックの要素を織り交ぜたサウンドは、どこか懐かしく、ノスタルジックでいて最高にグルーヴィ。今、日本中が期待を集めるナルバリッチの新作『H.O.T』について。そしてバンドの今後について、フロントマンのJQに話を聞く。

“これからもっと先に行くから、しっかりつかまっていてね”
というメッセージを込めて

ーまずはナルバリッチの成り立ちを教えていただけますか?
JQ:活動開始当初はすごくユルい感じで始めたんです。「小さいハコでもいいし、どこでもいいからやろう」と、気楽な感じで。良い意味でも悪い意味でも、学生の頃に遊びでやっていたテンションを今一度、という感じでした。3人でもライブやったり、それが5人や7人のときもあったり。自分たちが楽しむことを優先的に考えていましたね。
ーバンドとしてはあまりない編制だと思うのですが、そのようなバンド構成にした理由は?
JQ:僕がもともとプロデューサー/トラックメイカーだったので、サンプリング感覚でメンバーを集めているようなイメージだったんです。メンバーとは、プロデューサーだったときに出会った面々なんです。
ー2016年に活動がスタートした頃はメンバーが流動的だったという話を聞いたことがあるのですが。
JQ:そうでしたが、現在は固定のメンバーで活動するようになりました。作品をリリースするにつれ、少しずつ色んな人に聴いてもらえるようになってきて、もう少しちゃんとやろうか、という話をしているところだったんですよ。
ーナルバリッチは当初、アー写がキャラクター(ナルバリくん)で、覆面性があるという意味でも話題に上がった気がしますが、これは意図的なものだったんですか?
JQ:いえ、当初は顔を出すメリットが自分たちになかったんですよ。ライブを楽しくできればいいじゃないか、という考えだったので、必然的にキャラクターが前にでたんです。あえて覆面性を持たせようとしたつもりはまったくないですね。日本では、こういうアー写のバンドは少ないかもしれないですけど、海外では普通だと思うんですよね。ライブに来たお客さんの中には、僕らが顔を出していることに驚く人もいたようですが、最近になって、隠れていないんだってことも浸透してきて。今思えば、活動当初から今に至るまで、その覆面性が僕たちを繋いでいてくれていたのかな? と考えると本当にラッキーだと思いますよ。
ーキャラクターのデザインが特徴的ですが、これはどのようにデザインしたんですか?
JQ:知り合いのデザイナーに依頼してデザインしてもらったものなんですが、僕の写真を参考にキャラクターにしてくれたんです。だから猫背になっちゃったんですよ、僕がそうなので。

ルーツである90’s HIPHOPのカルチャー感が今作にも流れている

ーなるほど(笑)。3月7日リリースの2ndアルバム『H.O.T』にもキャラクターが登場していますが、90’s HIPHOP感を感じるデザインだと思いました。
JQ:90年代HIPHOPは僕のルーツの1つなんですよ。例えば、デ・ラ・ソウル(De La Soul)やア・トライブ・コールド・クエスト(A Tribe Called Quest)とか、あの年代の音楽はアートワーク込みで好きですね。今までは写真を使用したジャケットが多かったのですが、今回はシンプルにイラストで、アートワークから、その90’s感を感じてくれる人がいたらいいな、と。
ー90’s HIPHOPはJQさんの音楽性にも影響を与えていますか?
JQ:すごく影響されていますね。トラックメイカーだった頃、90年代のHIPHOPをディグるのが好きだったんですよ。例えば、ジャズの使い方であったり、90’sのHIPHOPはネタ使いがすごくカッコいいので勉強になりますし、進んで自分に取り入れていきました。例えば『H.O.T』の6曲めから8曲めの流れは、個人的に、90年代感を意識した好きなパートです。6曲めの『In Your Pocket』はバンドメンバーに演奏してもらって、それをMPCに落としてサンプリングし直すという手法を取っているんですよ。
ーまさにメンバーを音として捉えてサンプリングするというやり方なんですね。
JQ:生音をMPCに落としたり、その逆も然りで。バンドで作ったビートの上にサンプラーを混ぜたりもしますが、そこが1つ、ナルバリッチらしい部分でもあると考えています。

ちょっとメモリースティック感があるというか。
思い出を詰め込む感じがある

ー『H.O.T』はアルバムとしては『Guess Who?』から1年半でのリリースということを考えると、すごくハイペースじゃないでしょうか?
JQ:というのも、ナルバリッチとしては2017年のインプットが尋常じゃなく多かったんですよ。そこで得た経験を整理するためにアルバムを制作した、という部分もありますね。あまりにも経験が豊富過ぎたので、思いの丈をすべて楽曲に注ぎ込み、完成したものを自分たちが傍観している状態です。自分たちが感じたフレッシュな気持ちを、忘れないようにメモするという感覚で制作したんです。
ーバンドにとっての2017年を凝縮させた記録的な作品と言えますか?
JQ:そうですね。個人的には、ちょっとメモリースティック感があるというか。そもそも音楽ってそういうところがいいなぁ、と思っていて。聴く人にとって日常のBGMとして寄り添っていて、全然違う環境で、その楽曲を聴いたら思い出もフラッシュバックするような感覚というのが。今作も少しでも多くの人に寄り添うような作品になれたら、と思っています。その人の思い出の曲になってくれたらな、と。
ーちなみに『H.O.T』の意味は?
JQ:表の意味は、そのまま”アツい”。で、裏テーマとして”HANG ON TIGHT”の頭文字を取っています。ナルバリッチに”しっかりつかまっていてね”ということなんですが、これはバンドとしての意思表示の1つですね。僕らはこれからもっと先に行く、色んな景色を見に行くんだ、というメッセージを込めています。


ー今のナルバリッチが描いている”その先”というのは?
JQ:ナルバリッチはもともと明確な目標を持って活動スタートしたバンドではないので、その分、ちょっと夢みたいな話はずっとメンバーともしていたんです。例えば「大きくなってマディソン・スクエア・ガーデンでライブできたらいいよね」だとか(笑)。バカげているかもしれないし、叶わないかもしれないですけど、ちょっとずつ様々なことが現実になってきて、僕らは今、色んな夢を持たせてもらっている状態だと思うんですよ。だからこそ、より多くの夢を叶えていかなくちゃ、と考えています。
ーナルバリッチとして世界で活動していくことを視野にいれていますか?
JQ:日本人として日本独特の良さを世界に発信していきたい、という思いがありますね。それにはまず、国内でもっと多くの人に受け入れてもらって、日本を代表するアーティストにならなくちゃいけません。ちゃんと日本代表になることと、世界にナルバリッチの音楽を広めることは漠然とした目標ですが、進むべき道として頭に描いています。
ー世界を相手に活動するうえで、自分が日本人であることが重要だと考えていますか? また何が必要だと感じていますか?
JQ:音楽だけではなく、ファッションやその他のカルチャーに関してもそうですが、海外のやり方や文化を模倣すれば評価されるという時代はとっくに通り過ぎていると思うんですよ。スマホを開けばサブスクを通して全世界の音楽を同じ立場で聴くことができて、同時にアーティストにとってはチャンスも等しく広がっている時代の中で、日本人、ひいてはアジア人として世界に発信していくということは外せないことだと考えています。それが時代感にあったアプローチだと思いますね。突き詰めるべきはオリジナリティですね。

ジャケット ¥143,000/NAMACHEKO(International Gallery BEAMS tel_03-3470-3948)
シャツ ¥27,000、ベルト ¥4,500/ともにsoe(M.I.U. tel_03-5457-2166)
カットソー ¥10,000、リング ¥19,000、ブレスレット ¥50,000/
以上すべてDELUXE(BRIDGE tel_03-5766-0015)
パンツ ¥15,000/SOUTH2 WEST8(NEPENTHES tel_03-3400-7227)
その他スタイリスト私物

Nulbarich – ain’t on the map yet (Official Music Video)

Nulbarich ONE MAN TOUR 2018 “ain’t on the map yet”
Thank You Sold Out!!
3月14日(水)大阪 なんばHatch
3月16日(金)東京 新木場STUDIO COAST
3月17日(土)東京 新木場STUDIO COAST
3月28日(水)宮城 仙台Rensa
4月06日(金)広島 CLUB QUATTRO
4月07日(土)福岡 イムズホール
4月13日(金)名古屋 ダイヤモンドホール

追加公演
4月25日(水) @東京・Zepp DiverCity Tokyo 開場 18:00/開演 19:00
一般発売
チケット代金_¥4,500 (税込)
チケット一般発売日:2018年3月10日(土)10:00~
問合せ先:クリエイティブマン 03-3499-6669
https://twitter.com/nulbarich
http://nulbarich.com/

INFORMATION

H.O.T

2018年3月7日発売
初回限定盤(CD+DVD)VIZL-1331 ¥3,500(税別)
通常盤(CD)VICL-64955 ¥2,800(税別)

CD収録内容
1. H.O.T (Intro)
2. It’s Who We Are
3. Almost There
4. Zero Gravity
5. Handcuffed
6. In Your Pocket
7. See You Later (Interlude)
8. Supernova
9. ain’t on the map yet
10. Follow Me
11. Spellbound
12. Construction (Interlude)
13. Heart Like a Pool
初回限定盤付属Bonus CD収録内容
初のワンマンツアー【Nulbarich 1st ONE MAN Tour】のファイナル、東京 LIQUIDROOM(12/13)よりライブ音源8曲を収録。

※上が通常盤、下が初回限定盤