MUSIC 2018.07.13

TIJI JOJO、GADORO、LIPSTORM、STUTSらが参加、ヒップホップ映像シリーズ「Red Bull Music Presents 64 Bars」が公開中

(c)Suguru Saito - Red Bull Content Pool
EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

ニュージーランド発のヒップホップ映像シリーズ「Red Bull Music Presents 64 Bars」が日本初上陸。キュレーターにZeebraを迎え、今の日本を代表する10名のMCと10名のプロデューサーが対峙した全10話のエピソードが、レッドブル・ミュージックのWEBサイトおよびYouTubeにて無料公開中だ。

ニュージーランドのヒップホップMC、デヴィッド・ダラスと現地のレッドブル・スタジオを発祥とするこの「64 Bars」は、デヴィッド曰く「ラップの創造性そのものに対するプラットフォーム」として、世界中にファンを持つ64小節のモノクロ映像シリーズだ。

日本では初となった今回は、「A$AP Ferg とDJ Premier が一緒に曲を出したでしょ。イメージしてたのはそんな感じかな。最先端のラップに、ただ懐古主義なわけじゃなくてアップデートを続けているベテランをぶつけたかった」(Zeebra)というBAD HOPのTIJI JOJOとDJ OASISの組み合わせがある一方、GADORO × DJ CELORY a.k.a. Mr.BEATSについては「今回の企画でもっとも注目されるのはバトルを中心に活動する“バトルMC 組”と呼ばれる連中と、音源のリリースに重きを置く“音源組”との対峙でもあるんだよね」(Zeebra)とも。縦軸にも横軸にも交差させることで、「64 Bars」らしい仕上がりとなっている。

他にも気合い漲るフィメールラッパーLIPSTORMや赤裸々に言葉を吐いていくEGO、KANDYTOWNの新鋭MCであるDIANとPxrxdigm. from WONKの掛け合わせなど見どころは満載だが、キュレーターだったはずのZeebraが「企画を進めていくうちにひとりのラッパーとして、自分も奮い立たされるモノがあってやることにしたんだよ」としてフィナーレに登場し、見事に締めくくっているのも、さすがだ。

INFORMATION

「Red Bull Music Presents 64 Bars」

https://redbull.com/64barsjp

◆エピソード1:David Dallas × STUTS
◆エピソード2:GADORO × DJ CELORY a.k.a. Mr.BEATS
◆エピソード3:DIAN × Pxrxdigm. from WONK
◆エピソード4:SHINGO★西成 × ZOT on the WAVE
◆エピソード5:輪入道 × DJ WATARAI
◆エピソード6:LIPSTORM × DJ PMX
◆エピソード7:EGO × Staxx T a.k.a. T’Z BEATZ
◆エピソード8:SIMON JAP × Michael James(BCDMG)
◆エピソード9:TIJI JOJO × DJ OASIS
◆エピソード10:Zeebra × Lil’ Yukichi

FOLLOW US!!