EYESCREAM.JP – For Creative Living

直井卓俊

直井卓俊

SPOTTED PRODUCTIONS主宰。『フラッシュバックメモリーズ3D』(’12/松江哲明)『SRサイタマノラッパー』シリーズ(’09-‘12/入江悠)『劇場版 神聖かまってちゃん』(’11/入江悠)『百円の恋』(’14/武正晴)『ワンダフルワールドエンド』(’14/松居大悟)『私たちのハァハァ』(’15/松居大悟)『MOOSIC LAB』(’12-/V.A.)など、インディペンデント映画を中心に企画・配給・宣伝プロデュースを手がける。

■2.25-2.29
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭。もう何度目か分からないと思って調べたらおそらく12回目の参加だった(白目)。かつて井口昇監督『恋する幼虫』を追っかけて参加してから14年も経っていたらしい。ほとんどの出会いはここから始まったしSPOTTED創世記の大傑作・井口昇監督の『片腕マシンガール』のワールドプレミア上映もここだったり、オフシアターコンペティション部門では入江悠監督『SR サイタマノラッパー』戸田幸宏監督『暗闇から手をのばせ』がグランプリを受賞、内藤瑛亮監督『先生を流産させる会』もノミネート、『私たちのハァハァ』がスカパー!チャンネル賞&観客賞(ゆうばりファンタランド大賞)を受賞など、配給作品もとても縁が深い。そして今年は女子高生の松本花奈監督が8月開催のMOOSIC LAB 2016のために作った『脱脱脱脱17』が飛び級でいきなりオフシアターコンペにノミネート&MOOSIC LAB 2016参戦の伊藤祥監督の京都造形芸術大学の卒業制作『いろんなにおいのワカモノだ』も同部門に入選。さらにはMOOSIC LAB 2015グランプリ作品・酒井麻衣監督『いいにおいのする映画』が招待上映という事もあり、自然と参加という成り行きとなった。なぜか今年の同行者は中森明夫先生。2日目の朝、オムニバス映画『ブルーハーツが聴こえる』の井口昇監督『ラブレター』でたくさん笑って最後は号泣。処女作『わびしゃび』といつか併映してほしい。かつての『刑事まつり』の『アトピー刑事』『中身刑事』のように、お題ありきの時に顕在化する井口監督の天才!としか言い用のない才能はゆるぎのない物だ。その後松本花奈監督『脱脱脱脱17』ワールドプレミアが無事済んで、良い意味で何とも奇妙ながら勢いのある映画ができあがったと興奮しながら酒井麻衣監督『金の鍵』『いいにおいのする映画』でMC担当。満席立ち見となって物販も売れてホッと一息。(そういえば2年前『いいにおいのする映画』の酒井麻衣監督と出会ったのもこのゆうばりファンタの学生映画特集のMCをやったのがきっかけだった。)夜、噂の小林勇貴監督『孤高の遠吠え』観る。痛快無比、そしてどこかセンチメンタル。小林監督のナイスガイっぷりも含め、グランプリの風格を感じた。打ち上げで全くジャンルの違う『いいにおいのする映画』酒井麻衣監督と意気投合していて面白かった。3日目、噂の女子大生監督兼女優・小川紗良『あさつゆ』観る。ちょっとアート趣向ぽいのが勿体ないが、いろんな意味で怖い映画だった。迷わずぶれずこの路線突っ走ってほしい。内藤瑛亮監督が森川葵らと『ドロメ』でゆうばりに来ていたので寿司を一緒に食べた所中森先生と僕だけが食中毒になるという事件が。『ひつじものがたり』観て二ノ宮隆太郎とかと飲みたかったのだが、無念。中森先生としばし寝込む。『いろんなにおいのワカモノだ』を観ないで森川葵と寿司を食べるというのにうつつを抜かしたため伊藤祥の呪いがかかったのかもしれない。翌日中森先生共々何とか復活。朝からずっとアイドル映画フェス。朝倉加葉子監督×ゆるめるモ!の『女の子よ、死体と踊れ!』…映画は感想に困ったが、上映前のライブでのあのさんを筆頭としたゆる〜く壊れたアイドル像は流石ポテンシャル高かった。映画にその魅力がもっと出ていてほしかた。デモ田中監督『リリカル・スクールの未知との遭遇』これはデモさんなりの愛に溢れていた。監督が必死に何かを伝えようとしてくれる映画だった。メンバーの特徴が生きるキャラクターもしっかり考えられていた。何よりスクリーンの中のメンバー、とても可愛かった。アイドル映画だった。そして大トリ・井口昇監督『キネマ純情』はまさに横綱だった。キッスで殺して!と言わんばかりのちょっと知恵熱が出そうな濃密百合映画。なぜノーメイクスがあの個性的なメンバーたちなのか、映画を観れば分かる。分かりすぎる。『ラブレター』に続き劇中の撮影用カメラとそれが捉えた過去が鍵を握る。ノーメイクス、みんな大好きになってしまった。参った…(遠い目)上映後、大急ぎで授賞式へ。伊藤祥監督『いろんなにおいのワカモノだ』松本花奈監督『脱脱脱脱17』が審査員特別賞、小林勇貴監督『孤高の遠吠え』がグランプリ、ってもう個人的に完璧過ぎる結果に。いやーめでたい。翌日朝グランプリ上映『孤高の遠吠え』おかわり鑑賞。結末を知ってみる冒頭の切なさ、ピュアさが堪らなく、より面白かった。のでみんな2回観た方がいいです、はい。そしてさよならビュッフェで観客賞(ゆうばりファンタランド大賞)発表。松本花奈監督『脱脱脱脱17』が受賞!いやーめでたい。SPOTTED的には昨年の松居大悟監督『私たちのハァハァ』に続き2年連続でもう感無量でした。ひゃっはー!そんなこんなでゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016は充実した時間でした。食中毒で倒れた以外は…。ぱぱんが、ぱん。
■10.3(土)
『飛べないコトリとメリーゴーランド』岡野真也さん舞台挨拶→MOOSIC LAB 2015名古屋編Cプロ『DREAM MACHINE』ターボ向後監督『いいにおいのする映画』酒井麻衣監督の舞台挨拶でシネマスコーレへ。どちらも満員御礼でありがたし。空き時間に坪井さんとムーラボとか今後の事とか昔の事とか話し込む。打ち上げも深夜迄続く。ぱぱんが、ぱん。

■10.5(月)
芝公園某所のスタジオで『友だちのパパが好き』予告編チェック。O社OさんMTG。夜、トリウッド大槻さんと久方ぶりのMTG。ぱぱんが、ぱん。

■10.6(火)
娘・美知の1歳の誕生日。生まれてからもう1年。すくすくと成長する姿は神秘的で刺激的だ。そして本当に月日の流れは早い。夜、TV Bros.原稿書きなど。ぱぱんが、ぱん。

■10.7(水)
蛍光TOKYOさんで『友だちのパパが好き』印刷物の進行打ち合わせ。夜、Kisssh-Kisssssh映画祭の清算で大下くん、ついでに酒井監督、平波監督らと打ち合わせ。

■10.9(金)
『私たちのハァハァ』松本CINEMAセレクトの舞台挨拶で松居大悟監督、井上苑子とまつもと市民芸術館へ。桜鍋、久々に食べたけど美味し過ぎて泣けた。イベント終了後、軽めの打ち上げとBARで宮崎さん、松居監督と二次会。尾崎世界観も一緒に来た『自分の事ばかりで情けなくなるよ』からも2年経ってるんだなあ、とかしみじみ。それにしても松本は本当に本格的なBARが多い。ぱぱんが、ぱん。

■10.10(土)
松本から京都へと移動。京都造形芸術大学の授業。下半期の企画会議のような内容。いろいろ方針固まる。夕方に来年の新プロジェクト会議@四条河原町。ぱぱんが、ぱん。

■10.11(日)
東京に戻り、下北沢映画祭へ。淑徳学園学園ミモザホールで『私たちのハァハァ』上映+松居監督、森直人さん、直井でトークショー。全然時間足りなかった笑。夜のプログラム、森岡龍監督、松本花奈監督のサイコロトークイベントに顔を出す。家の近所だったので打ち上げもさくっと参加して帰る。ぱぱんが、ぱん。

■10.12(月)
下北沢映画祭コンペティション部門上映と審査。犬童一心監督や轟さんと再会できて嬉しい。グランプリは以前一度観ていた大河原恵監督『みんな蒸してやる』に決定。以前たまフィルムで単品で観た時とだいぶ印象というか感覚が違った。今回の下北沢映画祭特有のごった煮の中ではその個性とか主張とか怒りが突き抜けて伝わって来た。「わかる」とか「わからない」とかは関係ない。みんな蒸してやる精神で今後もぶれずに突き抜けていてほしい。あと幸洋子監督『   』がとても良かった。好きな対象を第3社に伝えたいという想い、次々と形を変える表現方法の自由さ。素敵でした。MOOSIC LAB、こういう人に作ってもらえたらアーティストは幸せだと思う。打ち上げ、大いに盛り上がる。ぱぱんが、ぱん。

■10.13(火)
『女子トイレ』ずんね関西舞台挨拶ツアーの件で吉田凛音さんマネージャーとポニキャンOさんと打ち合わせ。思わぬ人が繋がっていたりして話していて楽しかった。また何かご一緒できますように。夜、『ライブハウス レクイエム』完全版の上映会@中野ZEROホール(懐かしかった〜!)へ。エンドロールが素晴らしくて、すべてのもやもやは溶けて消えた。松本監督と喧嘩してでもムーラボ版に入れさせるべきだったと思った。あのエンドロールがあったらひょっとしてひょっとすると賞に食い込めたかもしれない。打ち上げでマチーデフ君とかサイボーグかおりとかと話し込む。ぱぱんが、ぱん。

■10.14(水)
『友だちのパパが好き』マスコミ試写。リアクションがとても良く、人に見せる度手応えがある作品。夜、『私たちのハァハァ』松居大悟監督×ダイノジ大谷さんトーク。浜崎あゆみ…

■10.15(木)
SDPのKさんと数年ぶりにお茶。続いて蒼波純マネージャーKさんと関西舞台挨拶ほか諸々打ち合わせ。六本木で某新プロジェクトMTG。夜、八王子へ。ニュー八王子シネマで『飛べないコトリとメリーゴーランド』舞台挨拶。岡野真也さん、渡辺祐太朗くんと。夜も更けた頃渋谷で『劇場版 復讐のドミノマスク』室谷監督、福田洋さんとご飯。今後の展望についてあれやこれや。ぱぱんが、ぱん。

■10.16(金)
早朝からデザイナー寺澤君(第一子誕生おめでとう!)と打ち合わせ。午後、渡辺大知監督と『モーターズ』打ち合わせ。Vandalismで宇賀那組『黒い暴動❤』MTG。渋谷シネクイントにシブカル映画祭。上映素材の一部納品。シブカル祭。オープニングイベントやパーティーでいろんな人たちと話し込む。ぱぱんが、ぱん。

■10.17(土)
早朝からいいにおいのする酒井組MTG。MOOSIC LAB 2016伊藤組MTG。『女子トイレ』蒼波純、吉田凛音、白石監督の舞台挨拶。夜、いいにおいのする酒井組MTGというか飲みというか再び。ぱぱんが、ぱん。

■10.19(月)
蔦監督とランチ。新作めっちゃ楽しみ。夜『女子トイレ』久間田琳加、中山莉子(私立恵比寿中学)舞台挨拶。根本宗子さんの手紙を読み上げる予定が2人が分担して読み上げてくれるとう展開に。客席終始笑顔でアットホームな舞台挨拶だった。夜、明後日のシブカル映画祭の編集終わってない組があっててんやわんや。ぱぱんが、ぱん。

■10.20(火)
Vintage ROCK仲田さんと打ち合わせ。年末の某イベントの件。この日は妻の誕生日。美知も生まれて激動の一年、支えてくれて感謝しかない。夜、『女子トイレ』上映後にみさこ、甘夏ゆず、望月みゆでトークショー。終始リラックスムードで楽しかった…。これで『女子トイレ』イベントも一段落…(白目)ぱぱんが、ぱん。

■10.21(水)
夜、シブカル映画祭。今年は新作を撮り卸すというミッションがありだいぶ大変だった。飯田えりか組は西島大介さんのSF哲学と世界の終わりのいずこねこで培われたアイドル論、そんな熱い西島さんに引き出された飯田えりかさんの少女論が詰まったスチールムービー。だいぶ完成度が高くて驚いた。加藤綾佳監督『She-saw』は撮影、編集、キャスティング、お題に対する姿勢、そして尺(笑)すべてにおいてプロフェッショナルだった。『おんなのこきらい』である程度の自信をつけたのだろう。この凄みというかダウン・トゥ・アースさというか、自分のやるべき道を俯瞰して提示したような傑作だった。一刻も早く商業映画を撮るべき監督だと改めて思う。そして大注目の東佳苗初監督作『Heavy Shabby Girl』はやりたい事、観せたい物を詰め込んだ力作。キャスティング、音楽、美少女、光と影。東監督はTo be continuedという最後のテロップの通り、ここから長編を作ろうとしている。茨の道だが、とてもこの続きが観たい衝動に駆られているので、完成まで導けるよう頑張りたいと思う。シブカル映画祭の今回の3本はとてもエキサイティングな物になった。シネマライズも無くなり、パルコも休館が控え、風景が一変する直前の渋谷を作品として切り取れたことも良かった気がする。映画館が死にゆく渋谷で逞しく花火を上げてくれた3監督に感謝。打ち上げをきっちりセッティングしていた加藤綾佳監督に便乗して飲み。BOMIさんと久々に話し込んだり。ぱぱんが、ぱん。

■10.22(木)
シブカル映画祭。2日目。松本花奈×the peggies『脱脱脱脱17』最新特報と東佳苗組『He avy Shabby Girl』2回目、酒井麻衣×Vampillia『いいにおいのする映画』。昨夜に続きこの日も大盛況。『いいにおいのする映画』でミッチーさんのシーンで常に笑いが起こっていて新鮮だった笑。森川葵さんとか玉城ティナさんとか塚本舞さんとか東監督繋がりの美少女たちで客席が華やかな一夜でした。東組&酒井組で深夜まで打ち上げ。あーだこーだ。東組デザイナー・エノキさん下ネタ最強伝説、生まれる。ぱぱんが、ぱん。
■9.12(土)
『私たちのハァハァ』初日。松居監督とは『自分の事ばかりで情けなくなるよ』『ワンダフルワールドエンド』から本作まで3本一緒に走り抜けた。本当にいろいろ感慨深い。映画の中で文字通り走ってハァハァしてるその息づかいは松居組全員の息づかいに感じる。松居組の勇気ある「実践」でいろんな事を学んだ。詳しくは書かないが松居組での経験は「企画・プロデュース」という事において僕の中に革命を起こしてくれた。そもそも出逢った頃僕は松居作品の良いお客さんではなかった。そこからの今だからより感慨深いのだ。松居監督は1つ上のステージでの新作を、僕は相変わらずインディペンデントな新作に着手している。またきっと合流する時が来ると思う。1つの区切りの時。新たな船出の時。名残惜しくてみんな帰らない打ち上げ。みんな終電あるしとおろおろしてたら池松壮亮君が僕の顔色をさっして「はい!解散!」と声をかけてくれた。帰り際、松居監督と力のこもった握手をして別れた。さてと、次は。ぱぱんが、ぱん。

■9.13(日)
夕方、松本卓也監督のシネマ健康会のイベントへ。『帰ろうYO!』観る。下北沢映画祭で観た時より断然ピンと来る。これぞムーラボな小品。サイボーグかおりのプロモ映像としても抜群に機能している。酒井麻衣監督と松本卓也監督らとトークショー。『ライブハウス レクイエム』はとても企画Pとしてはグランプリ狙える所に持っていけたのになあと悔いの残る1作なのでその思いを語る。MOOSIC LABは面倒くさい映画祭だ。戦いや課題をどこに置くか、頑張るポイント次第では空回りになる。久々の自主映画上映会な空気がなつかしかった。昔はこういう上映会があちこちであったような気がする。ねえ?しまださん。なぜ貴方はこの世にいないのか。軽めの打ち上げで解散。ぱぱんが、ぱん。

■9.14(月)
ユーロスペースで北條さんたちと12月公開の『友だちのパパが好き』MTG。何か本作はいろいろと意見が噛み合っていくのがわかる。自分の多忙過ぎるスケジュール管理の難しさで進行だけが厄介。デザイナーさんに申し訳ない。何とか軌道修正せねば。ぱぱんが、ぱん。

■9.15(火)
橋口亮輔監督最新作『恋人たち』試写。傑作。「いやあすばらしい」という心の声と拍手が自然に出た。もう一度観たい。MOOSIC LAB 2016参加のスズケンことスズキケンタ監督とMTG。核弾頭になってほしい存在だが小さな事をぐちぐち考え過ぎているので、誰にも真似できないスズケン分の特質活かして爆発せいや!…という主旨の話を延々とする。これが若さか…(遠い目)。夜はチャラン・ポ・ランタンのライブを鑑賞。まさにショウタイム。カンカンバルカを従えた時の無敵さがすごい。一緒に観に行ったK君と餃子王将。あれやこれや。ぱぱんが、ぱん。

■9.16(水)
久々の東映ビデオさんで新プロジェクトMTG。『百円の恋』の流れからのお声がけ光栄だし嬉しいしそもそも人生救われたレベルで感謝しかないし断れるわけがない。とはいえうちが本当に力になれるのか?メジャー発注の某企画で散々な目にあってる真っ最中なので慎重にもなる。うちの特質を分かってくれての発注なら大丈夫か。メジャー/インディーのサイズ感はき違えて無茶ぶりしてうまくいかないから全部宣伝のせいだとか言われるのはもうこりごりだ。夜、シネマディクトの谷田社長を囲む会。ぱぱんが、ぱん。

■9.17(木)
朝から宇賀那組『黒い暴動❤』オールスタッフ。チームが若い!平波助監督、カメラマン岩永さん、橋野純平くんと揃うとなぜか脳内にBiSが流れ出す。『アイドル・イズ・デッド』から3年か。また一緒に仕事出来て嬉しい。その後、ユニバーサルさんで井上苑子さん新作MVの打ち合わせ。今回は監督:エリザベス宮地×脚本:酒井麻衣の陽性コラボで挑む事に。どうなることやら。ぱぱんが、ぱん。

■9.18(金)
履歴書を送ってくれたS君と打ち合わせ。いろいろ盛り上がってインターンからやってもらおうかと話したが、ちょっとドタバタで時間空いて連絡したら「その話なんですけど、会ってから間空きましたよね?もう他決まっちゃったんでないです」との上から目線の返答を受けて何だかなと思うことになるのであった。夕方六本木某所で『女子トイレ』な打ち合わせ。どんな酷い事言われてもぶれずにちゃんと自分のペースを保って仕事しようと言い聞かせるが、悔しい気持ちは消えない。でもまあネガをポジに変えるのは割と得意な方であはあるんだが。それにしても…。いや、愚痴は止めよう。信頼してくれてる人たちの企画に全力を尽くそう。ぱぱんが、ぱん。

■9.19(土)
大阪へ。シネ・リーブル梅田で井上苑子と真山朔で『私たちのハァハァ』舞台挨拶&サイン会。大盛況。たまたま関西出張中だったT社Sさんや黒田将史監督、終電ギリギリで酒井麻衣監督も合流して飲み。その日のうちにKisssh-Kissssssh映画祭が開催される和歌山・加太に入る。真夜中の加太で大下くん、小川さんと再会。海辺の民宿まで送ってもらって就寝。ぱぱんが、ぱん。

■9.20(日)
朝起きたら窓の外が風景が美し過ぎて寝起きの頭でしばし呆然と見つめる。浜辺ではTシャツ展なる催しが始まり、風にたなびく無数のTシャツが眩しかった。Kisssh-Kissssssh映画祭、酒井監督の特集上映や淡島神社散策、満幸商店の定番・しらす丼などを経て野外上映。『いいのいのする映画』→酒井監督挨拶→井上&真山舞台挨拶→井上苑子ミニライブ→『私たちのハァハァ』というSPOTTED的に贅沢過ぎる流れ。ぱぱんが、ぱん。

■9.21(月)
東京に舞い戻って浅草・したまちコメディ映画祭に顔を出す。審査員に犬山紙子さんがいたので客席に劔樹人さんがいて話し込む。酒井監督『笑門来福』は30分を無理矢理20分に切ったため話がわかりにくく無念。MOOSIC LABもこれくらいしばり作ったら結果変わっちゃうかもしれないな。来年からやっぱり縛り作ろうと思ったらもう松本花奈組撮り出しちゃってるからもはやしばれない…(白目)この日観た中では北山監督『ドラマ』がいろんな意味で衝撃。しかも竹内監督や横山監督や劔さんとも繋がってるというのもダブルパンチな衝撃。酒井監督と北山監督とアンデュラスでお茶→打ち上げに顔を出して北山監督からMOOSIC LABという企画が如何に面白く難しいかという深い考察を聞かせてもらって嬉しかった。ぱぱんが、ぱん。

■9.22(火)
テアトル新宿の『私たちのハァハァ』上映後、井上苑子ミニライブ。満席立ち見の大盛況の観衆を前に堂々の演奏。連日のイベント参加に頭があがらない。夜、MOOSIC LAB 2015審査結果発表。諸事情あってスズキケンタ監督発案でGoogleハングアウトを使ってゲリラ的に配信しての発表。勝手がわからずグダグダ進行で申し訳なかった…(遠い目)。しかも発表途中で仕込んであった映画ナタリーに記事が出てしまうというという事故も。嗚呼。なぜか横にはドミノマスクチームが待機。『いいにおいのする映画』と2強の予想がそのまま反映された結果にはなったと思う。どちらも善し悪しがあるし、他の作品を推す審査員もたくさん。観客投票は過去最高の平均点9.1点(しかもいいにおいとドミノマスク2作品が同率で達成!)審査員投票で、全作品が各賞の何かに推された事も嬉しかった。放送終わりかけに負けましたかああああああと細身のシャイボーイが演出されたかのように現れひとしきり反省と愚痴を饒舌に語って嵐のように去って行った。観客賞以外すべてが「準」だったドミノマスクチーム、必ずや「2」を作ってくれるでしょう。乞うご期待。その後深夜から笹口騒音氏と伊藤祥監督でMOOSIC LAB 2016打ち合わせ。笹口君酔っぱらってて厄介だったが、伊藤監督の『いろんなにおいのワカモノだ』を観たらめちゃビビビと来てくれてコラボ決定。来年の楽しみが1つ増えた。ぱぱんが、ぱん。

■9.23(水)
夕方『友だちのパパが好き』MTG。ちょっとドタバタ過ぎて頭が追いついてない。立ち上げ諸々が遅れて心配かけて申し訳ない。何とかする。続いて松本花奈監督と『脱脱脱脱17』MTG。完成迄道のりはまだまだ遠い。インディーズだけどもはや大作…(白目)ぱぱんが、ぱん。

■9.24(木)
ポニーキャニオン岡本さんと”ずんね”×女子トイレ諸々打ち合わせ。午後、アップリンクで年末の某企画打ち合わせ。良い形になるといいなあ。夜、新幹線「かがやき」に乗って石川県・内灘での宇賀那組『黒い暴動❤』撮影現場へと向かった。ぱぱんが、ぱん。

■9.25(金)〜9.28(木)
宇賀那組『黒い暴動❤』撮影現場でメイキング用のカメラをまわしたり宿舎で仕事したりな日々。大変にカオス&ハードな現場。同世代が揃ってるせいか、とてもスタッフ間の雰囲気が良かった。そして何より内灘の地元の人たちの愛がすごかった。それはもう、ヒットさせないとバチが当たるレベルで。滞在中に祖父の訃報を聞いて動揺。ぱぱんが、ぱん。

■9.29(金)
お昼過ぎに宇賀那組から離脱し、東京へ。諸作業して夜、下北沢SHELTERのカネコアヤノのライブへ。バックバンドのダウン・トゥ・アースな素晴らしい演奏とカネコアヤノの伸びやかな歌声のマッチングは本当に素敵だと思う。『コンビニ』聴く度にこの曲原作で今泉力哉監督短編撮ってくれないかなーと思う…とtwitterでつぶやいたらやろうやろうとなって年内に3人で打ち合わせしようとなった。恐るべきSNS時代。ぱぱんが、ぱん。

■10.1(土)
午後イチで渡辺大知監督『モーターズ』試写。その後取材もあったが、翌日祖父の葬儀もあったので早退させてもらって夕方から栃木へと向かった。ぱぱんが、ぱん。

■10.2(日)
祖父の葬儀。91歳大往生。なぜかみんな人前で挨拶するの苦手とのことで親族代表の挨拶をやることに。小学生の頃、一緒に野球を観ていて高校野球の栃木代表とかプロ野球の巨人とかが負けてると我慢ならんと外に行ってしまって、逆転したら呼びに行ったという思い出。几帳面でキレイ好きだったのでそこらへんに何か置いておくとすぐにどこかに片付けられてしまって焦った事とか、畑で取れる野菜とか手作りの豆餅(それこそ今年のお正月まで食べさせてもらってた)とか美味しかったなーとか、あと朝に慣れないネクタイ締めてたら締め方最初に教えてくれたの祖父だったし、今当たり前にできていることの一部は確実に祖父から教わったんだな、とかそういう話をした。今迄ありがとう。どうか安らかに。しかし心休まる間もなくこういう日に限って仕事でピンチ続出。電話が手離せないスリリングな状況に。東京に戻りながらあれこれ対応。夜、事務所で長いメールを打つ。結局自分がちゃんと中心でやらないとダメだ。人への仕事の任せ方が下手なのは昔からずっとだ。何とかしないといけない。むむむ。ぱぱんが、ぱん。
■9.1(火)
お昼に韓国の某プロデューサーとランチMTG。『いいにおいのする映画』を観た某人からの紹介。映画の日なのに映画が観れないカオスっぷり。『MOOSIC LAB 2015』はAプロ。満席。『ドミノマスク』の愛され具合がハンパない。細身のシャイボーイのCDがバカスカ売れてる。これはひょっとしてひょっとすると…。ぱぱんが、ぱん。

■9.2(水)
10月末のシブカル映画祭@シネクイントMTG。夜は『MOOSIC LAB 2015』Bプロ。ここはゲスト来場がほとんどないせいか、平和…。ぱぱんが、ぱん。

■9.3(木)
『転校生』観劇。何となく入っていけずノリ切れなかったが、ラストカットがあまりに美しい瞬間が切り取られていて白眉。夜、MOOSIC LABアンコール上映『アイドル・イズ・デッド』『アナタの白子に戻り鰹』の観客賞2本立て。熱かった。加藤・今井両監督や寺澤ルミさんらが来ていて軽く飲み。懐かしく、心落ち着く面子。ぱぱんが、ぱん。

■9.4(金)
加賀温泉郷フェス前夜祭へ。ロケ地でもある旅館”葉渡莉”CLUB21にて『ねもしすたぁ』上映+根本監督、せのしすたぁとトークショー。根本宗子1人芝居(マジで地方なのに攻め過ぎな内容でカッコよ過ぎ。流れるように物販売りさばく姿が巧まし過ぎ)→せのしすたぁライブ、最後にねもしすたぁに合体。映画が3Dになった感じで感動。根本組の皆さんと飲み。合間に温泉。MOOSIC LAB 2015はCプロ、満席完売!酒井監督、ターボ監督、おつかれさまでした!ぱぱんが、ぱん。

ねもしすたぁ3D@葉渡莉CLUB21!

ねもしすたぁ3D@葉渡莉CLUB21!



■9.5(土)
加賀温泉郷フェス2日目、東京に帰る根本組と朝ご飯食べて別れ、単身、海辺の野外ステージへ。そこはまさに楽園のようであった。ようやく観れた”カラスは真っ白”のなるほど感、超絶久々に観た”片想い”の演奏の充実感、U-zaanさんの気持ちよ過ぎるビートとか浴びながら肉とビール。至福の時。夕方”葉笑莉”に戻って温泉。仕事。CLUB21のアフターパーティーへ。良かったのがアイドル勢。アップアップガールズ(仮)のエモさ爆発アスリート感、いずこねことの共演で良く見てたEspeciaのショーとしての進化の著しさ。共に幸福感あるライブなのであった。東京ではこの日から『童貞。をプロデュース』8周年記念レイトショーが聖地シネマ・ロサでスタート。MOOSIC LAB 2015のDプロもほぼ満席とのこと。ぱぱんが、ぱん。

加賀温泉郷フェス会場、天国みたいでした…(遠い目)

加賀温泉郷フェス会場、楽園のようでした…(遠い目)



■9.6(日)
加賀温泉郷も終わり。朝ご飯を食べて小松空港からフライト。東京に帰還してドタバタ業務再開。夜はイベントもなく平穏な夜に。ぱぱんが、ぱん。

■9.7(月)
終日ドタバタ作業。MOOSIC LAB Aプロ最終上映、21:10-なのに18:00にチケット完売。マイカット&ドミノマスクチーム恐るべし!上映後の細身のシャイボーイCDまたもや売り切れ!ぱぱんが、ぱん。

最終上映にオールスター集合のドミノマスクチームの図!

最終上映にオールスター集合のドミノマスクチームの図!



■9.8(火)
午前中から下北沢映画祭・松岡くんとMTG。午後イチで渡辺大知監督『モーターズ』試写会。上映後モーターズチームでお茶。MOOSIC LAB 2015 Bプロ最終上映、盛況。『しろぜめっ!』森監督による挨拶あり。ぱぱんが、ぱん。



■9.9(水)
年末の某作品予告編MTG。プロフェッショナルな仕事を見せてもらい感激。夜、MOOSIC LAB 2015 Cプロ最終上映。台風直撃を乗り越え満席完売!素晴らしい。酒井組スタッフとか加藤綾佳監督らと飲み。深夜まで。ぱぱんが、ぱん。

■9.10(木)
朝から某Music Video仕事の打ち合わせ。某相談事を受ける。城定監督の最新Vシネマ『』観る。ちょっとステレオタイプ過ぎるピンク映画っぽさを感じつつ、メガネをかければどんな娘でも可愛くなるという持論の逆転の発想がクライマックスで表出していて流石。夜、MOOSIC LAB 2015 Dプロ、見事有終の美を飾る満席完売でオールフィニッシュ!コンペ作品全上映日程終了となった。最も時間がないのに最も大人数が集まるDプロの舞台挨拶最後迄カオスだったがもはや懐かしい…(遠い目)ぱぱんが、ぱん。

MOOSIC LAB 2015 Cプロ&Dプロ共に満席完売!駆けつけてくれたスタッフ&キャストの皆さん、ありがとうございました!

MOOSIC LAB 2015 Cプロ&Dプロ共に満席完売!駆けつけてくれたスタッフ&キャストの皆さん、ありがとうございました!



■9.11(金)
某若手監督とMTG。非常に有意義なお話ができたように思える。諸作業を経てドミノマスク室谷監督とお茶。夜、去年の準グランプリ・黒田将史監督最新作『バカドロン』東京初上映。黒田監督、中村祐太郎監督、町あかりさんで舞台挨拶。本日でMOOSIC LAB全日程終了。コンペが大きな手応え、収穫&集客あり。昨年よりも上映回数を1回減らしてみたのだが動員数でも観客投票数も今年の方が上回った。さて、グランプリ&観客賞は誰の手に?後日発表迄集計や審査員とのやりとりは続く。ぱぱんが、ぱん。




■8.25(火)
K’sのムーラボ『NOBIDORANDO』『おんなのこきらい』加藤組&宮本組舞台挨拶→新ピカ女子トイレ・みさこ、ちばぎん、根本さん、新聞部でトーク→K’sのムーラボCプロ酒井組舞台挨拶→Dプロサーモン組&松本組舞台挨拶。1日に4回MCやるという個人的新記録樹立(白目)。ぱぱんが、ぱん。

MOOSIC LAB『いいにおいのする映画』何故か照明・小川さんを囲む酒井監督&キャスト陣、の図。

MOOSIC LAB『いいにおいのする映画』何故か照明・小川さんを囲む酒井監督&キャスト陣、の図。



■8.26(水)
K’sのムーラボ『いろんなにおいのワカモノだ』伊藤祥監督舞台挨拶→新ピカ女子トイレ・桃山女子学院中等部大集合トーク→K’sのムーラボBプロ→Aプロ小根山組&室谷組舞台挨拶。Aプロの真逆の組み合わせが不思議と噛み合い、段々功を奏して来た気がする。そして細身のシャイボーイのCDがバカスカ売れてる。室谷組、好評で台風の目になりつつある。ぱぱんが、ぱん・

■8.27(木)
年末某作品予告編MTG→モーターズ渡辺組MTG→シブカル祭用ショートフィルム東佳苗組クランクインで見学に→K’sのムーラボ『おばけ』『イルカ少女ダ、私ハ』(昨年の女優賞受賞作2本立て)佐藤玲さん&タイム涼介さんで舞台挨拶→新ピカ女子トイレ・大森靖子先生&サクライケンタ先生+蒼波純+吉田凛音による”ずんね”チームによるトークショー→ムーラボCプロ酒井組舞台挨拶→Dプロサーモン組&松本組舞台挨拶。本日も舞台挨拶4本。試練終了まであと1日。ぱぱんが、ぱん。

"ずんね from JC-WC"チーム。

“ずんね from JC-WC”チーム。



■8.28(金)
K’sのムーラボ『あんこまん』チーム舞台挨拶→新ピカ女子トイレ、私立恵比寿中学の中山莉子さん降臨。遂にイベント最終日!だが、アンコール上映発表で終わらない、というか自分でブッキングしたし。嗚呼。K’sのムーラボに戻ってAプロ小根山組&室谷組舞台挨拶→Bプロ森監督舞台挨拶。一山越えた…気がする。ぱぱんが、ぱん。

蒼波純さん、1週間連続登壇、おつかれさまでした&ありがとうございました!

蒼波純さん、1週間連続登壇、おつかれさまでした&ありがとうございました!



■8.29(土)
『おんなのこきらい』DVD発売記念イベントが何故か藤沢駅前のビアガーデンで。イベントとサイン会を見守りそのままビール。帰ろうとしたら久乃さんが肉を焼くというので後ろ髪を引かれ居残ってしまう。本日よりMOOSIC LABがレイトショーのみとなりちょっと気が楽。Cプロ酒井組舞台挨拶。ターボ監督は連日ロビーでポスターを配る。この構図が定番化している。酒井組スタッフも続々訪れ、その後飲み。叱咤激励。製作は傷だらけでドタバタで怒られてばっかりだったけど完成まで持っていった酒井は結果スタッフに恵まれていたと思う。で、ルックスが可愛い可愛い言われてるけど実はド根性のある監督である。ぱぱんが、ぱん。

『おんなのこきらい』DVDセル&レンタル絶賛発売中!宜しくお願いします!

『おんなのこきらい』DVDセル&レンタル絶賛発売中!宜しくお願いします!



■8.30(日)
下北沢映画祭関連イベントで中井圭さん、松岡くんとトークショー。思わぬ盛況ぶり。スタッフ達と打ち上げ。で、一度家に戻りつつDプロ舞台挨拶へ。23:35分集栄というデンジャラスのDプロ。組み合わせに関しては止むなしだったがBプロの『しろぜめっ!』と入れ替えるとほんの少し時間短縮できるけど。アンコールの時、実践してみるべきかどうか。ぱぱんが、ぱん。

■8.31(月)
『モーターズ』渡辺組MTG。放浪しながら諸々の業務をこなす。夜、MOOSIC LAB 2013アンコール上映。内藤瑛亮×転校生『救済』+平波亘×ガール椿『トムソーヤーとハックルベリーフィンは死んだ』盛況。後者が大森靖子が出演してるせいな気がする。流石である。平波組+正木佐和さんで舞台挨拶。『トムソーヤー〜』の新たな裏話が飛び出したり、いろいろ面白かった。ちょっとだけ打ち上げに参加。安心感ある面子でほっこり。ぱぱんが、ぱん。

MOOSIC LAB 2013『トムソーヤーとハックルベリーフィンは死んだ』平波組、の図。

MOOSIC LAB 2013『トムソーヤーとハックルベリーフィンは死んだ』平波組再集合、の図。


/home/admin/tyo.eyescream.jp/public_html/wp-content/themes/tyo/taxonomy-blog_author.php