ART 2017.08.19

高純度に心打たれる。柿本ケンサク、初の写真集『TRANSLATOR』発売

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

©Kensaku Kakimoto

映像作家・写真家の柿本ケンサク、初となる写真集『TRANSLATOR』が発売される。

本作は、映像作家として活動をしていた柿本ケンサクが、2016年1月に写真家として本格的デビューを飾った『TRANSLATOR』展より1年の時を経て生み出された一冊。50ケ国以上を旅する中で選りすぐられた、計105点の作品の中には、6月にNYの個展で発表した最新作『HYOMEN』の空撮シリーズも加わっている。
言葉では言い表せない神秘たる一瞬の生命と自然の瞬きは、呼吸さえも鮮やかに捉える。

“私にとっての写真とは、出会う世界に許され、その姿を素直に翻訳することなのだ”

ー 柿本ケンサク

静寂の中に確かに存在する体温とエネルギーをぜひ手にとって感じてもらいたい。

©Kensaku Kakimoto

©Kensaku Kakimoto

©Kensaku Kakimoto

INFORMATION

柿本ケンサク写真集『TRANSLATOR』

7,000円(税別)
8月下旬より蔦屋書店、青山ブックセンター他にで販売
*8/25 銀座 蔦屋書店にて刊行記念トークショー&サイン会開催

FOLLOW US!!