ART 2018.10.22

目に見えない何かを写し出す。写真家・池野詩織の個展「オーヴ」が開催

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

ファッション、コマーシャル、ミュージック、アートなど、あらゆるシーンを縦横無尽に駆け回り、自由奔放な個性に起因した熱のある作品で高い評価を得る写真家、池野詩織。9月のNY Art Book Fair 2018にて、初めてのハードカバー写真集「オーヴ」をcommune Pressからリリースした彼女の、同名の個展がgallery communeにて10月26日から開催される。

タイトルの「オーヴ」とは、球体を示す”Orb”や心霊写真に写るとされるたまゆら現象の”オーブ”、LOVE(ラヴ)などさまざまなものを掛けた、池野詩織自身による造語で、3年前に突然降りてきた言葉とのこと。幼少期にTVの心霊写真特集を好んで見ていたという彼女は、やがて自らが写真を撮るようになってからも、目に見えない何かが偶発的に写り込むことを楽しむようになっていったのだという。

同展では写真集に収録された新作を中心に発表され、「オーヴ」の世界を立体的に体感できる内容になる予定。会場では作品、写真集「オーヴ」のほか、エクスクルーシヴなアイテムの販売も予定している。
これまでの写真家・池野詩織のイメージをアップデートし、引きの強さとそれを確実にものにする決定力を兼ね備えた稀有なアーティストとして、ますます進化を続ける彼女の新たな作品世界をぜひ会場で堪能してほしい。

INFORMATION

池野詩織 写真展「オーヴ」

2018年10月26日(金) – 11月13日(火)

gallery commune
東京都渋谷区西原1-18-7
Opening reception:10月26日(金) 19:00 – 21:00

FOLLOW US!!