ART 2018.11.22

Chim↑Pomが展開する都市論。「グランドオープン」展が開催

画像制作協力:板垣賢司
EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

天王洲のTerrada Art Complex内に新たにオープンするギャラリー、ANOMALYのグランドオープン第1弾の展覧会として、Chim↑Pomによる「グランドオープン」が11月22日から開催される。
「グランドオープン」では、オリンピックを2年後に控えた東京の街が急速に変化していく中で、何が採択され、何が排除されているかを日々痛感し続けているChim↑Pom独自の視点による「都市論」を展開。公から個という昨今の東京のまちづくりに反して、個から公への回帰と刷新を念頭に、「おもしろい個が、おもしろい公をつくる」と語っている。

会場には、直前に東京・歌舞伎町で開催されたイベント「にんげんレストラン」で制作された総重量トン級の新作『ビルバーガー』や、2017年に台湾で開催されたアジアアートビエンナーレで発表された『道』も、台湾からロンドンでの展示を経由し運び入れられるほか、「個」としてのChim↑Pomが、およそ1ヶ月に及ぶ長い設営期間の中で、即興的に現場で作品を制作していく予定だ。

INFORMATION

Chim↑Pom「グランドオープン」

2018年11月22日(木・祝前日)~ 2019年1月26日(土)
火・水・木・土 11:00~18:00、金 11:00~20:00
日月祝、および2018年12月23日~ 2019年1月14日は休館

・オープニングレセプション:2018年11月22日(木・祝前日)18:00~21:00

FOLLOW US!!