CULTURE 2018.05.11

写真家・大石祐介の視界からみえたNY、 自身初となる写真集“LIFE THROUGH MY EYES”を発売。

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

国内外のアーティストから、ファッション、雑誌、広告など、幅広いジャンルで活躍する写真家・大石祐介が、活動スタートから10年を節目に、これまで撮りためてきたニューヨークのローカルなライフタイルを一冊にまとめた写真集『LIFE THROUGH MY EYES』を発売。

行く先々で出会う人たちが「あそこには行った?」「あの人には会った?」とくれるヒントが新しい出会いにつながる、ニューヨークはそんな街だ。
日々姿を変えアップデートされていく街、変わらず懐かしさが残る街、様々な表情を見せるニューヨークで彼が写し出した世界は、どこか温かくて身近に感じられるものだった。
ページをめくるごとに現れる一瞬の物語。街に根付いたスタイル、マインド、フィロソフィー。 まるで既知を超える新しい知覚や経験のような。これはひとつのニューヨークの形である。

1000部限定、6月1日(金)よりオンラインストア、及び一部書店で発売予定。現在オンラインストアで予約受付中。ステッカー付きの特別版も予約可能だ。

ニューヨークの印象は、不思議と人それぞれでかなり違う。だからこそ大石祐介の目線から切り撮る一枚一枚の物語を目にすることは、貴重な体験となり存在と化するのだ。グッと心に止めておきたい写真群、ぜひ手にとって欲しい。

INFORMATION

『LIFE THROUGH MY EYES』

2018年6月1日予定
¥3,000+TAX
297×210mm / A4横 / 104ページ / フルカラー

FOLLOW US!!