FASHION 2017.07.12

ストーリーを纏う。あの名画がソースのOBLIVIO最新コレクション

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

メイドインジャパンのハイクオリティなストリートウェアを打ち出す、OBLIVIO(オブリビオ)。2ndコレクションのイメージソースに選んだのは、1999年に公開されたデヴィッド・フィンチャー監督の名作、映画『Fihgt Club』。そのビジュアルに映画の雰囲気が巧みに体現されており、インパクトも抜群。

どれも馴染み深く生活に溶け込むスタイルたちは、オーバーサイズを基盤としつつもよく見ると巧妙なデザイン性に長けており、ため息が出るほどに細部のディティールの高さが伺える。
映画さながらのストイックさが際立つ、色味をミニマルに抑えたコレクションルックをご紹介。

Photographer Toshio Ohno
Stylist Sou Matsukawa (Tron)
Make Katsuyoshi Kojima (Tron)
Photographer Toshio Ohno
Stylist Sou Matsukawa (Tron)
Make Katsuyoshi Kojima (Tron)
Photographer Toshio Ohno
Stylist Sou Matsukawa (Tron)
Make Katsuyoshi Kojima (Tron)
Photographer Toshio Ohno
Stylist Sou Matsukawa (Tron)
Make Katsuyoshi Kojima (Tron)
Photographer Toshio Ohno
Stylist Sou Matsukawa (Tron)
Make Katsuyoshi Kojima (Tron)
Photographer Toshio Ohno
Stylist Sou Matsukawa (Tron)
Make Katsuyoshi Kojima (Tron)
Photographer Toshio Ohno
Stylist Sou Matsukawa (Tron)
Make Katsuyoshi Kojima (Tron)
Photographer Toshio Ohno
Stylist Sou Matsukawa (Tron)
Make Katsuyoshi Kojima (Tron)
Photographer Toshio Ohno
Stylist Sou Matsukawa (Tron)
Make Katsuyoshi Kojima (Tron)
Photographer Toshio Ohno
Stylist Sou Matsukawa (Tron)
Make Katsuyoshi Kojima (Tron)

記憶に刻まれるプロダクトを目指すOBLIVIOらしく、コレクションを通して、哀愁漂い鎮静しながらも、沸々とこみ上げる熱量は一つの物語として、ぼんやりと脳裏を蔓延し埋め尽くしてくれる。

INFORMATION

OBLIVIO

http://oblivio.jp/

FOLLOW US!!