LIVE PHOTO REVIEW

BAD HOP 飛躍への初手。
ONE-MAN “BAD HOP HOUSE” @Zepp Tokyo

Photography_cherry chill will, Text_Keita Miyazaki

LIVE PHOTO REVIEW

BAD HOP 飛躍への初手。
ONE-MAN “BAD HOP HOUSE” @Zepp Tokyo

Photography_cherry chill will, Text_Keita Miyazaki

BAD HOPが4月6日にZepp Tokyoでワンマンライブ「BAD HOP HOUSE」を開催した。EYESCREAMでは、cherry chill willによる独占フォトレポートをお届けする。

定刻から10分ほど遅れて緞帳にオープニングムービーが投写される。メンバーはもちろん、般若、漢 a.k.a. GAMI、SHOらがコミカルな演技を披露した。10カウントダウンから幕が降ろされると、触れ込み通りの立派な二階建ての家がステージに現れた。メンバーが次々と登場し、ライブ前日深夜にPVが公開された「Kawasaki Drift」で一気にギアをトップに入れた。
「New Root」「Mobb Life」といったアッパーな曲で会場はすでに狂乱状態。1階アリーナは熱気ですでに酸欠状態になっていたが、メンバーと観客は「Asian Doll」まで13曲をそのまま駆け抜けた。ライブ後半にはT-Pablowが「権力のある人しか成功できない日本の音楽シーンを一緒にぶっ壊しましょう」とMCで熱っぽく語ると、この言葉に感銘を受けたZeebraが2階席から絶叫する。そしてラストは「Life Style」。歌詞の一語一句がいつも以上に力強く感じられた。28曲をプレイし、3時間以上にも及んだワンマンライブは、BAD HOPがさらなる飛躍を遂げるための素晴らしい一歩目となったことは間違いない。

BAD HOP LIVE 2018“BAD HOP HOUSE”セットリスト

01. Kawasaki Drift
02. New Root
03. Hands Up
04. Mobb Life
05. つるまない
06. 口だけ
07. トラブルメン
08. 2018
09. I Feel Like Goku
10. Liberty
11. Mobb Life Tour
12. Super Car
13. Asian Doll
14. Home Boy(T-Pablowソロ)
15. Five Star(T-Pablowソロ)
16. Only One(T-Pablowソロ)
17. Me Too feat. KOWICHI(T-Pablowソロ)
18. Day Ones feat. KOWICHI&DJ TY-KOH(T-Pablowソロ)
<#リバトーク>
19. 3LDK
20. Gucci Scarf
21. Don’t Touch My Cash
22. Hiii Space
23. Ocean view
24. White T-shit
25. Chain Gang
26. これ以外
27. Diamond
28. Life Style