MUSIC 2018.08.25

FOCUS : MONO NO AWARE
2ndアルバム『AHA』リリースインタビュー
from EYESCREAM NO.167

Photography—Tomoaki Shimoyama Edit—Ryo Tajima
EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

去る8月1日にニューアルバム『AHA』をリリースした東京都八丈島出身の4人組ロックバンドMONO NO AWARE。現在発売中のEYESCREAM9月号では、彼らの個性をより深化させたこの作品についてインタビュー。タイトル『AHA』の由来とは?摩訶不思議な言葉で彩られたトラック群と併せてお届け。

ー2ndアルバム『AHA』。1stアルバムのときと比べると制作方法に変化はありましたか?

加藤成順(以下成順)「自分たちがやりたいことがより明確になった印象がありますね。もちろん歌詞の内容も変化しているし。前作に比べて、楽曲のイメージを話し合いながら形にしていった感覚があります」

柳澤豊(以下豊)「周啓が作ってきたデモの世界観を広げていくのが今回のアルバム制作における僕らの役割で、お互いの頭の中にあるニュアンスの差を今まで観てきた映画やバンドのサウンドを参照に挙げながら制作を進めていきましたね」

竹田綾子(以下綾子)「1stと異なるのはアルバムを作ろうって話から制作がスタートしているからですね。話し合いながら制作が進められたのはよかったなって」

玉置周啓(以下周啓)「よりメロディアスになったという実感があります。制作前に成順と『次はもっとスケールの大きなステージでやるような曲を』って話をしていて、僕もそれに賛同して最初に作ったのが「東京」なんです。そこから「DUGHNUTS」「センチメンタル・ジャーニー」と、よりマスに近い音像の曲が立て続けにできたので、そこが今作の特徴だと思っています」

ースケールが大きい場所でより映える楽曲を目指した?

周啓「ライブのときにメンバーそれぞれがもっと入り込めるような曲にしようって。1stには、みんなで“セーノでドン”と入れる曲が少なかったので、もっと大きなグルーヴを感じられる曲があったら、ライブがさらに面白くなるだろうというのが最初のとっかかりでした」

成順「大きなハコや野外フェスにも出演するようになり、ステージが大きくなるにつれ、やりやすい楽曲があるだろうし、ライブしやすい方法があるだろうなと考えていたんですよね。だから今作は、チョーキングをいれたり、より歪んでいたり、ガツンと体で鳴らすような楽曲にしたいと思ったんです」

ー歌詞は今作も耳に深く残る曲が多いですね。歌詞のテーマは総じて言うとすれば何ですか?

周啓「中高生の自分、ですね。中高生の頃は不満も多かったし反体制的な心持ちで歌詞を書いたりしていたんですよ。だから今作には当時の歌詞を持ってきた曲もあります。それが「東京」で、頭の2行がそれに該当します。あとは「DUGHNUTS」「センチメンタル・ジャーニー」も中高生の自分の書いた歌詞のインスピレーションが入っています。

ー不思議な表現というか、読む人によって解釈が変わってきそうな歌詞ですよね。

周啓「どの曲にも僕なりに色んなパターンのフックを入れているんですよ。聴いた人の生活の環境に応じて引っかかる部分が異なってくるようにしているつもりです。僕らの曲を聴いてくれた人が今作について話し合ったときに、まるで意見が食い違っていたり、共鳴する部分が異なっていたりするのが面白いんじゃないかな、と。そこを深く踏み込んでいった感覚があります」

L to R /柳澤豊(Dr) 竹田綾子(B) 玉置周啓(Gt,Vo) 加藤成順(Gt)

ータイトルの『AHA』はアハ体験(不思議なひらめきを感じる体験のこと)から来ているのだそうですね。

周啓「今作は全体を通したコンセプトがないのですが、最初は錯覚をテーマで10曲を括ろうとしていたんです。その内容が如何様にも解釈できるように、という大仰なやり方をしようとしていたんですけど、途中でやっぱりそういうやり方は向いていないと思って制作を進め、作品が形になったとき、強いていうならキーワードとして錯覚が残っていたんですよね。そこで思いついたのがアハ体験だったんです。もともと僕はアハ体験が好きで。メンバーに『AHA』にする?って言ったときも意外に反応が良かったので」

成順「まぁ、最初にタイトルが『AHA』って聞いたときは、みんな半笑いでしたけど(笑)」

「錯覚がテーマなんて言っていたから固い感じで来るかな? と思ったら『AHA』で半笑いという(笑)」

綾子「今となってはすごくしっくりくるなーっと」

周啓「ジャケットも鏡面仕様なんですよ。錯覚というキーワードに鏡はとても親和性が高くて。最初から鏡をモチーフにしたジャケットにしようと思っていたので、何も告げずともデザイナーがこのアートワークを挙げてきて運命的だなーと思う瞬間もありましたね。まぁ、カッコよく言うと、僕たちの音源を聴いて、その前後で、リスナーの中に何かがグラデーション的に変わっていっていたらいいな、と。あと『AHA』って響きが可愛い」

一同「うん、可愛い」

INFORMATION

『AHA』

発売中
Official HP:http://mono-no-aware.jp/
Instagram:mono.no.aware.0630
Twitter:@mono_no_aware_

FOLLOW US!!