MUSIC 2019.01.17

Kotoko Tanakaが初の7インチをリリース。
詩的に染み入る音の表現者

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

東京を拠点とするシンガー・ソングライター、Kotoko Tanakaが7インチ作品をリリースする。
アートエキシビションのオープニングや映画祭での演奏を行う彼女の音楽は、フォークを基盤としたパンククラフトミュージック。

今回初となる7インチは、偶然入手したYAMAHAスネアドラムを使い7インチレコードを制作する、というコンセプトを基にした作品だ。
たまたま「音楽」というフォーマットが選ばれたような、極私的でインティメイトな作品に仕上がっている。アーティスティックなジャケットと英詩による抽象的な描写、ロウでざらっとした音の質感は私たちに想像を働きかけるだろう。

A面のタイトルは“The hole as a pond, the eyes from morning (池としての穴、朝より来たる目)”。淡々とリズムを刻むスネアにミニマルなベースライン、モノトーンを音に変換したようなシンセサウンドによる演奏はどこか“フォーク”を感じさせる。
The Velvet Undergroundの『Heroin』を思わせるイントロが印象的なB面の“The void fires”は敢えて抑揚を抑えたようなミニマルな展開の8ビート。 浮遊しているように繰り返されるたった2行のヴァースとコーラス、掴みどころのない音像は独特の儚さを楽曲に与えている。

本作では、ミックスにOketa Masahiro(MirrorMoves)、マスタリングにJan Urila Sasを迎え、これまで発表してきた「フォークミュージック」の延長にあるようなアシッドで儚げなバンドサウンドを披露となった。

また、今作の発売を記念しライブを開催する。
普段のソロセットの演奏に加え、ギターにRiki Hidaka、OketaMasahiro(MirrorMoves)、ドラムに白根賢一(GREAT3)を迎えた初のバンドセットでの演奏となるようなので、必見である。

Kotoko Tanaka Single record release live

2月24日(日)
open/start 19:00/19:30
Opening act Julia Shortreed
¥2500+1drink 
(メール予約 tulipvega.info@gmail.com)

神宮前 creme de la creme. studio
渋谷区神宮前3-38-11 原宿ニューロイヤルビル8F
https://www.cremedelacreme.studio/pages/1847053/gallery-space

INFORMATION

Kotoko Tanaka「The hole as a pond, the eyes from morning (池としての穴、朝より来たる目)/ The void fires」

2019年2月1日(金)発売
¥1,388

LABEL: Gold Rate
FORMAT: 7inch
CAT NO : GRKT-0003

Kotoko Tanaka
月に一度富ヶ谷Bar CALLASにてJulia Shortreedと共にフォークイベント”Red Hole Red Madam”を主催し、これまでに片寄明人(GREAT3)、Jan Urila Sas (jan and naomi)、佐藤奈々子、Riki Hidakaなどを招聘し共演している。
https://www.tulipvega.com/

FOLLOW US!!