ART 2019.03.07

台湾のアートフォトマガジン『Voices of Photography 撮影之聲』による陳藝堂と赤鹿麻耶の展示が大阪で

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部

台湾のアートフォトマガジン『Voices of Photography 撮影之聲』で取り上げられた、台湾の陳藝堂と日本の赤鹿麻耶の写真家2人による写真展が、大阪のLVDB BOOKSで開催中だ。

『Voices of Photography 撮影之聲』は、2011年に創刊されて以来、毎号異なるテーマに沿ったアートフォト作品を取り上げ、国内外の写真家、ビデオアーティスト、映像作家などを紹介しているインディペンデント誌だ。作家、パブリッシャー、キュレーターといったアート関係者の対談やインタビューを通して、写真または映像表現における創作概念、文化、歴史からトレンドを読み解いているほか、写真史の論考、コラム、レビューなどの深く掘り下げたコンテンツを掲載している。

今回の展示では、過去に出版物にまとめられた彼らの批評を、国を異にする同年代の作家2人の作品を通じて展示空間に開放する。会期は3月31日まで。

INFORMATION

陳藝堂 Etang Chen / 赤鹿麻耶 Maya Akashika 写真展
(Voices of Photography 攝影之聲 / LVDB BOOKS 共同企画)

2019年3月7日(木)〜2019年3月31日(日)13:00 – 19:00

LVDB BOOKS
大阪市東住吉区田辺3-9-11
※火・水は休み

FOLLOW US!!