CULTURE 2017.08.09

-韓国は、今。- ZEN-LA-ROCK×山本海人対談 ~パワーに圧倒される現代ソウル事情~

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部
photography_Shunsuke Shiga

最近また“ソウル”が盛り上がりを見せている、第1次ムーブメントとなった、韓流ドラマ・アイドルからさらに時を経て、新たな“カルチャー”が生み出されているようだ。それは何故なのだろうか。どういったコトが面白いのだろうか。そんな疑問と興味を持つなか、ソウルと縁がありそうな(あるかもしれない)人気ブランド、SON OF THE CHEESEのデザイナー・山本海人とHIPHOPシーンで活躍するZEN-LA-ROCKに話を聞いてみた。
音楽とファッションそれぞれ違う畑で活動しているからこそ、ジャンルを超えたふたりの会話の中にあの街に惹きつけられる魅力の正体が隠れているのかも…!

まるで90年代の日本のよう…?混沌とした空気の中で街と人から溢れ出すエネルギー

気軽さと、親しみやすさ。第二の東京シティナイト

ーソウルへはよく行かれますか?

山本海人(以下・山本):よく行っていますよ。
ZEN-LA-ROCK(以下・ZLR):俺も音楽の友達がいるので、東京と距離も近いし人柄もいいです。

ーソウルへ足を運ぶきっかけとなったのは?
山本:洋服の卸屋さんがいて、受注会などで訪れたのが最初です。そこから年に2回ほどは行っていました。
ZLR:俺は韓国のラッパーでKIRINくんって人がいて、超変わったラッパーなんだけど“New jack swing(※1)”っていうジャンルの音楽をひとりで過剰にやっているんです。俺もちょうど“New jack swing”をやっていて。そしたら『こういう人がいるってびっくりした!』って連絡がきたんです。それから連絡を取るようになって、お互いライブに呼ぶようになりました。一緒にCDも出したし、そんな繋がりからです。
(※1 New jack swing…1980年代後半に流行。ファンクやヒップホップにソウルやゴスペルといったメロディー要素が特徴的。)

ー女性の韓国人気に留まらず、男性にも韓国の注目が集まる理由は、なんだと思いますか?

山本:近いのがいいんじゃないですか?
ZLR:すぐに行けちゃうし「明日行こう!」ってなる。
山本:それに物価が安いじゃないですか。2泊3日で行くとだいたい1日目でお酒をいっぱい飲まされて、2日目でもうアウトです(笑)。
ZLR:ほんとに!飲み方が尋常じゃない、ソジュ(韓国焼酎)とビールを一緒に飲んでギャアギャア言っています。
山本:ソウルの人ってすごく元気ですよね。締めだと思ってサムゲタンを食べるんですけど、「よし次行こう!」みたいに永遠に続くんです。あとはソウルといえばCLUBがやばいです。90年代の日本みたいな雰囲気がしますよね。
ZLR:そうそう、男も超タフ!CLUBと言っても22時〜5時までずっとピークなんだよね。最初からガンガン盛り上がるし、びっくりするくらい全然テンションが下がらない。
山本:お酒もバケツみたいなやつをみんなでストローで飲んで。
ZLR:うわ、すごい(笑)。
山本:バケツにたくさんお酒。でもそれは1杯目!(笑)。
ZLR:まだ出会ったことないなぁ。
山本:それと、夜は絶対そこからスタートするバーがあるんですよ。“PROST(http://www.prostseoul.com/)”って名前でハブみたいな所、ここは本当に異様な雰囲気で面白いです。ダーツとかもできて、内装もかっこいいんです。
ZLR:“PROST”か、ちょっと気になるなぁ。
山本:有名なところで言ったら“Cakeshop(http://www.cakeshopseoul.com/)”も。
ZLR:“THE HENZ CLUB(https://www.instagram.com/thehenzclub/)”もあるね!
山本:“mixture(https://www.facebook.com/MixtureExperiment/)”も人気ですね。とりあえず“PROST”今度一緒に行きましょうよ!
ZLR:行こう行こう(笑)!

ー特によく行くエリアはどこですか?

山本:梨泰院(イテウォン)です。仲良い人がいるのが梨泰院。昔、中目黒で知り合った韓国人の彫り師の友達がいて、僕たちがソウルに遊びに行くと向こうでいろいろとケアしてくれるんです。
ZLR:俺は梨泰院より、弘大(ホンデ)が多いかも。他にも東京で言ったら笹塚みたいな、ローカルな場所でDJだったりラッパーだったり自分と似たような友達と飲んでるね。
山本:周りの方は、360sound(DJやHIPHOPアーティスト、イベント運営などをこなすエンターテインメント・クルー)とかですか?
ZLR:そうそう!そのクルーのメンバーたちと一緒にいる!
山本:僕もお世話になっています…!
ZLR:最高だよね。

ーソウルでの知り合いも共通なんですね

山本:そうですね、僕は音楽業界の人ではないのですが、夜は集まると音楽方面の人も一緒に遊んでいます。
ZLR:近いと思います、音楽の人もファッションに携わったりすることが多いから同じような界隈にいると思います。

ーZEN-LA-ROCKさんは最近ソウルでPVの撮影をされたそうですね。

ZLR:梨泰院、東大門、南大門あたりで撮りました。噴水とかベタな所だったのですが、向こうの知り合いがソウルなのにソウルじゃないみたい!と褒めてくれて嬉しかったです。

ZEN-LA-ROCK『SEVENTH HEAVEN feat.鎮座DOPENESS & G.RINA』

ZLR:ソウルのモデルさんと一緒に撮ったんですけど口パクをしてほしくて、コーディネーターの子に日本語をハングル語で書いてもらってやりました!それもあんまりあってなかったんだけどね(笑)。
一同:笑!
ZLR:それも含めて可愛いって、今いい感じにバズってますが。
山本:いいユルさで、ほっこりするMVですよね。

ー他に気になったスポットはありますか?

山本:狎鴎亭(アックジョン)だったかな、すごくファンシーな場所があって。銀座とか表参道みたいな通りに大きなセレクトショップがあるのですが、そのエリアはよかったです。でもまだソウルも一本道をそれるとトタン屋根の家とか出てきますよね、まさに文化が発展途上中の街なんだなと感じます。
ZLR:道もなんかすごいもんね。
山本:梨泰院とかまさにそんな感じ。昔の中目黒みたいな雰囲気です。
ZLR:そうだね。街並みが古いからアジアだ!って感じがする。
山本:でも混沌としててめちゃくちゃいいなと思います。街には世界各国からの人が集まっていますよね。日本だけじゃなくて。みんなこぞってソウルに来ている感じ。韓国ってビザがいらないので、ロシア人とかトレインスポッティングのような感じで日本超行きてーって言ってますよ(笑)。

アジアを超えて、世界を視野に入れるバイタリティ

ーカルチャーで感じたことはありますか?

山本:ファッションだと今までは、韓国の子達が日本のスタイルを真似ていた気がしますが、今はどちらかというと日本の特に10代の若い子たちが韓国のファッションに影響を受けているんじゃないかな、と感じています。
ZLR:それをいうと、音楽も韓国がすごいと思うことが多いな。G-DRAGONもUSとか世界規模だし。世界中にコリアンタウンってあるでしょ。韓国人のコネクトするパワーがすごい。英語も得意だしグローバルでパワーがある、曲もかっこいいんですよね。それは驚きました。
山本:パワーですよね。向こうのCLUBにいても、ほんとにみんなテンションが高くて。
ZLR:面白い奴がいっぱいいるよね。俺もライブをしたことあるけど、『誰だよ、お前』って感じなのにすごい盛り上がって。『最高だな、ここ!』って思っちゃいました。シャイな一面もあるんだけど、“夜遊び”に関しては1ミリもない!エンターテイメントを追求してる。
山本:江南(カンナム)にも遊びに行きました!地元の人からすると歌舞伎町のようなイメージがあるので、あんまり行かないそうですけど。月曜なのにその場の盛り上がりようといったら、火曜はもっとやばい!
ZLR:週明けからテンションがMAXなのにさらに週末に向けて上がっていくって(笑)、江南は本当にやばいよね。
山本:江南のCLUBに遊びに行った時、スタイリストの友達がSupremeのジャージを着ていてドレスコードに引っかかって入れなかったんですよ。そしたら韓国人の女の子がその場でスキニーパンツをパッと脱いで『これ穿いて入りな!』って入れてくれたらしくて(笑)。
ZLR:面白いことが、たくさん起きるよね。

ーすごく楽しそうですね!

山本:夜が楽しいです、ご飯も美味しくて栄養高いし。
ZLR:美味しいよね。
山本:ご飯屋さんで美味しかったのは、梨泰院のサムギョプサル!
ZLR:新村(シンチョン)にあるタッカンマリ屋はすごく美味しい!この間も、3日間行ってみんな連れて行ったんだけど、何時に行っても人で溢れてる。しかも1人1000円とかで食べれちゃうからね。
山本:韓国の人はお酒が強すぎて、僕もたくさん飲む方だと思っていたんですけど全然適いません。調べたら、ロシアの次にお酒が強くて、内臓が世界2位らしいです!
ZLR:本当に飲むよねぇ。そういうのがもうカルチャーなんだよね。
山本:以前、ブランドの受注会で韓国から福岡、東京っていう流れで回っていましたがお酒のことを考えて逆にしました(笑)
一同:笑!!
山本:ソウルから回ると、体力を取られちゃって2日目から全然仕事にならないんです。
ZLR:そうだろうね、最初で終了しそう。

ー街も人も意気軒高ですね。

山本:熱いです。お酒も普段も生き方がタフだなって感じました。失敗も恐れないで進む、良くも悪くも考えを行動に移す速さとか。
ZLR:本当にパワーがすごい。日本と韓国、お互いのいい部分を活かして、刺激し合いながら今後もどんどんコラボとか増えていってもいいなと思います。
山本:…余談なんですけど、アジアで言ったら“香港”もすごいですよ!一晩で夢が叶っちゃう。みたいな場所です。
ZLR:香港!ドリームだね。じゃあ次のPVは香港で撮ろうかな!(笑)

Profile

山本海人:
ストリートを中心に男女問わず人気を集めるアパレルブランド「SON OF THE CHEESE」のブランドディレクター。渋谷と元町に店を構える、サンドウィッチ屋「BUY ME STAND」もプロデュースする。
http://sonofthecheese.com/

・「SON OF THE CHEESE」 17FW
https://eyescream.jp/fashion/2005/

ZEN-LA-ROCK:
ラッパーとして活動。チームしゃちほこ,MAGiC BOYZへの楽曲提供など多岐にわたり活躍中。今年7月には約5年ぶりとなるフルアルバム『HEAVEN』もリリース!他にもCAPブランド『NEMES』も手がけている。
http://www.zenlarock.com/

・ZEN-LA-ROCKハジける爽快感「MAGiC SUMMER feat. MAGiC BOYZ」MV
https://eyescream.jp/music/2155/

BUY ME STAND:
〒150-0011東京都渋谷区東1-31-19 マンション並木橋 202
03-6450-6969
8:00~22:00
無休
http://www.abcity-tokyo.com/buy-me-stand/#buy-me-stand-menu

FOLLOW US!!