CULTURE 2018.06.08

[SHIBUYA STREET PROJECT]
Walk around with artist #1 “ King Gnu × DATS ”

EYESCREAM編集部
EYESCREAM編集部
Photography_Mariko Kobayashi

東京は渋谷。ここは、日本が誇る未来都市だ。日々生まれ変わろうと呼吸を繰り返しては景色を変えるこの不思議な街で、自由に遊び学んでゆく若者たち。アスレチックのような街では遊び方がそれぞれにあるはず。
普段どこいる?何してる?いまの渋谷を颯爽と駆け巡る、この時代のミュージシャンに案内をしてもらおう。

今回紹介してくれるのは、互いにこれからの音楽シーンを担うバンドとして熱く注目視される、「King Gnu」の井口理、新井和輝に、「DATS」のMONJOEこと杉本亘と、大井一彌。

SPOT:01
時間を忘れるほど夢中になる音の宝庫
“Heartman Vintage Guitars”

最初に新井のセレクトで4人がやってきたのは、ヴィンテージギターの専門店。個性溢れる魅力的な音を奏でる、名品がズラり。新井とMONJOEが思うくままにセッションし、豊かな音色に4人の表情もほころんだ。

新井:この場所は仲がいいベーシストに教えてもらいました。店員さんがみんないい方で、機材のことをよく相談しています。ヴィンテージを試奏するのって普通嫌がられるんですけど、やっぱり弾かないとわからないので「いいよいいよ」って快く言ってくれます。

ーDATSのふたりは楽器屋は?

杉本:楽器は弾きますけど、バンドで僕は弾かないので最近はあんまり来ないですね。
大井:楽器屋はたまにですが、ヴィンテージが大好きで、見てて楽しいです。楽器に限らず服にしても何にしても「60年代に生きよう」って思っていたので、ヴィンテージ至上主義でした。

ー過去形?

大井:今は、、DATSとyahyelとやっていてヴィンテージ至上主義というのは違うかなって(笑)。
一同:笑!
井口:確かに(笑)。
大井:音楽を始めた時は、モッズバンドをやっていたので。ギターの早川(DATS・早川知輝)とかハードオフに行ってますよ。
MONJOE:中古だけどいけるかもしれない、っていうのをずっと探してるよね。意外と見つかったりするみたい。

ー井口さんは?

井口:メンバーで覗いたりするかな。楽しいです、見るのは好き。ライブの合間は、楽器屋行くか荒野行動するか。
MONJOE:うわ!まじで!
新井:yahyelとか、みんなコスチューム揃えてやってない?荒野行動。
井口:大希(King Gnu・常田大希)が「yahyelってここも徹底してんのか!」って言ってた(笑)。
一同:笑!
MONJOE:恥ずかしい(笑)。

ーあと、渋谷でふらっと行く場所は?

大井:東急ハンズ!結構DIY系のものを見るのが好で、球体の発泡スチロールとかアクリルとかテンション上がります。
MONJOE:CD屋さんで視聴。店員さんの文章とかいいですよね。
新井:カフェが好きなので、ここの近くのマッドコーヒーに行ったり本を読んだりしてます。
井口:居酒屋行って、お酒飲んじゃいますね…。好きなんですよ。
MONJOE:かっこよ(笑)!
井口:周りもお酒好きが多いんですよ。ライブ前も、緊張を紛らわすのに飲んでます。
新井:理は、酒と常田大希がいるとテンションが変わるよね。大希からステージで爪痕を残せ的な「お前このままでいいのか」って圧があるし。
井口:そう、その勢いで飲んで打率は2割(笑)。
一同:笑!
新井:ふたりは、お酒飲むの?
大井:下戸なんです。
井口:へぇ!
MONJOE:でもこの下戸に飲ますのが楽しいんだ!
井口・新井:
井口:飲まされちゃうんだ!
大井:飲めないけど、飲んでます。
MONJOE:彼は、酒を飲んだらロックスターです。

大井:初めてKing Gnuと対バンした時に、リハーサルで常田くんがNIRVANA弾いていて、かっこ良すぎでしょって思った時あった!
新井:しょっちゅう弾いてるからね。

SPOT:01.5
新世代の生活拠点?!
“MOBILE CELL”

ここで、サプライズ!最先端(?!)の移動手段が登場。その名も「MOC」。車内が家となっているのだ。4人もこのMOBILE CELLに大興奮!中に入ってみたり、上に登ってみたり。そのまま4人を乗せて次のスポットへ。

井口:軽トラで家だし、なんか不思議な乗り心地。
MONJOE:すごい揺れるけど、楽しい!
大井:実際に2年もこの中に住んでるんだって。
新井:家としてちゃんと生活の一部になってるのはすごい。

ー休みの日は何してるの?

井口:家にずっといますね、出不精なんですよ。
新井:とか言いつつ本当は動いてるんじゃないとか思いますよね。本当にずっと家にいて、動かないんです(笑)。
井口:布団の一畳で生活してます。人類の中で一番時間を無駄にしてる気がする。
MONJOE:その時間は何やってるの?
井口:SNSを12時間みてる。
一同:笑!
新井:言っちゃえば、3日間お風呂も入らないんだもん。今日も頭洗ってきてよかったぁって言ってたし。
井口:やめろ(笑)。

SPOT:02
喧騒から離れたオアシス空間に極上サンドイッチ
“BUY ME STAND”

MOBILE CELLから降りて、小腹が空いた4人がやってきたのは人気のサンドイッチ屋『BUY ME STAND』。 ここはDATSのリクエスト。“Queen”のミュージックビデオの撮影場所で使用したことをきっかけに、通うようになったんだとか。

大井:サンドイッチがめちゃめちゃ美味しくちょこちょこ来ています。
MONJOE:僕らが、いつも行ってる美容室の“TETRO”がすぐそばにあって、その帰りに寄ったりしていて。
井口:場所を知りたいのに、いま車に乗って来たから自分がどこにいるのかわからない(笑)。
新井:遠回りしたからなおさらだよね。
大井:ここね、さっきのショップから5分くらいの場所なんだよ。
井口:え!そうなの(笑)?!1人で来たりする?
MONJOE:そこまで俺お洒落じゃないからな…(笑)。1人では来れないです。

一同:いただきます!
新井:うま!
井口:うわ、チーズすごい。
MONJOE:美味しい!
大井:MONJOEのオススメがこのアップルチークス?
井口:豚りんごサンド…美味しい。
MONJOE:豚りんごって(笑)、もうちょっと表現あるでしょ。
一同:笑!

ー渋谷で昼ご飯ってなったら何食べる?

井口:ラーメンとか?
大井:“とりかつ”!昔ながらの定食屋さんで道玄坂から、上がって行ったところにあリます。
MONJOE:いいよね“とりかつ”。裏側にある隠れ家的なところ。500円で定食が食べられてチキンカツが、めっちゃうまい。
井口:いいね。あと“兆楽”とかは?ラーメン屋。
新井:“兆楽”も“とりかつ”の近くだよね。

ーファーストフードだったら、どこが好き?

MONJOE:マックだな。
井口:サイゼリアが好きだな。
新井:でも1人でサイゼ行く?
井口:行かない。
MONJOE:でも、サイゼでお酒飲むでしょ。
井口:めっちゃ飲む(笑)。
一同:笑!!
MONJOE:実際酔っ払うもんね。
井口:つまみやすいしさ。実は一番良かったり(笑)。ただ、砕けた仲の人じゃないと「サイゼ飲みしようぜ」って誘えないよね。

ーライブとかクラブとか音のある場所に行ったりする?

MONJOE:ライブハウスは“WWW”とかな、クラブだったら“VISION”に“contact”とか行きますね。
大井:“CIRCUS”とかもたまに。
井口:クラブは行かないなぁ。純粋にお酒を飲みたいから。でも行ったら行ったで、結構ダバダバに踊ります(笑)。
一同:笑!
大井:ダバダバに踊るんだ(笑)。
井口:周りが引くくらい。
新井:そうそう、この前イベントで理がダバダバで。どうしたらいいかわからなかったから遊(King Gnu・勢喜 遊)と俺、理置いて帰ったもん(笑)。
大井・MONJOE:笑!
井口:最後、黒人とインドネシア人しかいなくて…怖かったなぁ。

ー渋谷の街の印象は?

井口:好きです。前に酔っ払って潰れて植木に頭突っ込んで寝てても咎められない。誰が何しててもいい街って感じ!
MONJOE:いろんな人がいるところですよね、東京の中心のイメージなので待ち合わせで指定したりが多いです。
新井:方向でも全然違いますよね。青山の方に歩いて行けば、お店がだんだん洗練されていくイメージ。“blue note”に歩いて行くのは結構好きです。

今回の2組に加え、[SHIBUYA STREET PROJECT]では、さまざまなアーティストによる、渋谷オススメのスポットを随時更新中なのでこちらもチェック。

いよいよ本日より開催の渋谷を舞台にした音楽とカルチャーの祭典「TOKYO MUSIC ODYSSEY 2018」!
6/9-6/10開催の『SCRAMBLE』もお見逃しなく。『SCRAMBLE』オーガナイザーによる真向放談 @shibuya WWW

Heartman Vintage Guitars

ヴィンテージギター&ヴィンテージベース専門店

〒150-0031 
東京都渋谷区桜丘町1-6 岸上ビルB1F
http://www.heartman-vintage.com/

MOC

[MOBILE CELL]
MOCは自分らしく生きるために大事なものを詰め込んだ聖域となる場所。
https://sampo.mobi/mobile-cell/

BUY ME STAND

SON OF THE CHEESE(サノバチーズ)のブランドディレクター山本海人が手掛けるサンドイッチスタンド。

〒150-0011
東京都渋谷区東1-31-19 マンション並木橋 202
http://www.abcity-tokyo.com/buy-me-stand/

INFORMATION

「TOKYO MUSIC ODYSSEY 2018」

2018年6月8日(金)〜10日(日)
WWW、WWW X、GALLERY X BY PARCO ほか渋谷各所

主催:スペースシャワーネットワーク
後援:渋谷区観光協会、スペイン通り商店会
協力:PARCO シブヤテレビジョン 
企画制作:スペースシャワーTV
https://tokyomusicodyssey.jp/2018/

Instagram : @tmo_2018
Twitter : @TYOMUSICODYSSEY
Facebook : @tokyomusicodyssey

各日開催音楽イベント ※開催順
6/8FRI LANDSCAPE -SHIBUYA2018- 協賛:ファミリーマート 
6/8FRI-6/9SAT   JAPANESE THINGS  
6/9SAT-6/10SUN SCRAMBLE 協賛:ファミリーマート 

FOLLOW US!!