演じることで生まれるもの。映画初出演となるSUMIREにインタビュー

photography_Yoko Kusano, styling_Yuji Yasumoto, hair&make_Hitomi Matsuno, edit_Takuya Nakatani

演じることで生まれるもの。映画初出演となるSUMIREにインタビュー

photography_Yoko Kusano, styling_Yuji Yasumoto, hair&make_Hitomi Matsuno, edit_Takuya Nakatani

嘘のない真っすぐな視線と存在感で、モデルとして活躍するSUMIREがいよいよ女優デビューを果たす。映画『サラバ静寂』は、音楽や映画、小説などの娯楽が禁止された世界で、偶然出会った音楽の虜になっていく若者たちを描いた作品だ。主人公のミズト役には吉村界人、ミズトとともに音楽を追い求めるトキオ役に若葉竜也、そしてSUMIREは音楽を所持していた罪で父を殺されたヒロイン、ヒカリ役として出演。もがき、疾走する若者たちの情熱と、それを取り締まる警察官・斉藤工の怪演、そこに灰野敬二や大貫憲章、ASSFORTなどといった尖ったミュージシャンも交錯していく。Charaと浅野忠信を両親に持つという、この物語ともリンクする今を生きるSUMIREに迫った。

不安はあった、でもやってみなきゃわかんないなって

ー映画『サラバ静寂』において役者デビューとなりました。まず、オファーを受けたときの心境から聞かせてください。

「今まではモデルの仕事を中心にしてきていたので、『自分にできるのか?』というプレッシャーというか、不安はあった。でもやってみなきゃわかんないなって、前向きに思えたので(オファーを)引き受けました」

ー実際に演技をしてみて、どうでしたか?

「撮影を重ねていく度に、『他から見たら自分はこういうふうに見えていたりするんだ』と第三者の目線で見れるようになっていって。『もっとはっきり喋って』とは、よく指摘されました。(撮影前に受けた)演技指導でもそこは言われていたので、自分なりには意識しているつもりでも、まだまだだったり。普段、口をあまり開かずに話すので…。笑うときは大きく口を開いて笑うんですけど」

ー実際のSUMIREさんとヒカリは近かった? 遠かった?

「どちらかといえば近い、かな。いつも笑っているようなキャラクターじゃないところとか。どちらかというとムスッとした」

ー少し諦めの入っているような。

「そうですね。そこは自分の性格とは違うのかもしれないけれど。普段の私で言うと、友達が大好きなので、信頼した人とはずっと一緒にいたい。決まった人とばかり遊んでいます。ヒカリも、ミズトと出会ったことによって、その人が大切だということに気づいたから一緒に歩んでいった。そうやって身近な人を大事にするところは似ているのかな」

ー撮影現場はどうでしたか? 共演者とのやりとりだったり。

「界人さんとは、この映画で初めて会ったんですけど、私がまだ演技に慣れていないのを親身にサポートしてくれて。私がやりやすいようにするのはどうしたらいいか? というのを話し合えたり。最初は人見知りしちゃっていましたけど、話してみると界人さんも若葉さんも“おもしろいお兄ちゃんたち”だった。撮影の合間に私と界人さんが一緒にふざけているのを、若葉さんが『しょうがねえな』みたいにお兄ちゃんぽく振る舞う、みたいな。あったかい空気に支えられました」

ーSUMIREさんにとって印象深いシーンを教えてください。

「難しかったのは、(映画の冒頭で)お父さんが殺されて泣くシーン。あそこが一番、悩んだ。最初は、頭のなかで思い描いても全然泣けなくて。起きていない状況を起きているかのように、というのがどうしてもなかなかできなかった」

ー映画のハイライトで、泣き叫ぶ場面は真に迫るものでした。

「あのときは演じることに慣れてきていたのもあって、感情が入って自然にできました。役に入り込んで、素直に感情が出せたかなと自分では思えるシーンですね」